フリアコスタッフ募集

【公開】「BLANK GUESTHOUSE」 インターン 履歴書(例)

こんにちは!

シェムリアップで BLANK GUESTHOUSE を運営しているとっしーです!

今回は当ゲストハウスにて、フリアコスタッフや職業体験インターン等を募集することになったので、(念のため)履歴書の例を掲載します。

インターンの募集フォームはこちら

長期休みということで多数の応募が予想されるため、最低限のクオリティがある自己PRと志望動機を書いていただきたいのです。(ここがけっこう適当な人が多いので…)

そこで今回のnoteでは、ぼくが応募者ならどんな自己PRや志望動機を書くのかを公開して、インターン応募の参考にしてもらえればなと。


自己PRや志望動機で抑えるべきポイントは、

・自分が何者なのか名乗る
・どんなことができるのかアピール(根拠も書く)
・この経験を通して何を実現したのかを書く

などがあるので、意識してみてください!


2分もかからずに読めるので、ぜひご一読を!


■自己PR

「休学フリーライターとして活動しています」

はじめまして、香川大学6年次を休学中の香西俊哉です。
現在はフリーランスのWebライターとして、山梨県都留市を拠点に活動しております。

今回は「BLANK GUESTHOUSE」を一緒に盛り上げる、フリアコスタッフを募集しているということで応募させていただきました。

私の強みは、

1. 留学や海外ノマドで培われた英語力
2. 自身のSNS/メディアを通じた発信活動
3. ゲストハウスについての記事執筆

ができることです。

私は大学3年次から4年次にかけて、

・ブルネイ(ブルネイダルサラーム大学)
・タイ(チェンマイ大学)

という東南アジア2カ国で交換留学を経験しました。

どちらの国でも英語で授業を受けていたため、英語にも対応可能です。

またチェンマイに1ヶ月間の海外ノマド経験もありますので、海外のゲストハウスにも十数件は宿泊したことがございます。

また自身で運営するブログやTwitterでの情報発信も頻繁におこなっており、ゲストハウスやインターン中の活動なども積極的に発信可能です。

Blog:いつまでもモラトリアム男子
Twitter:@toshi_writing

さらに株式会社Ponnufが主催する「田舎フリーランス養成講座」にて、受託業務としてWebライティングを教えている立場ですので、SEOやサイト運営にもご協力できるかと。

「田舎フリーランス養成講座」の詳細はこちら👇
http://inaka-freelance.jp/

ゲストハウスで働いた経験はありませんが、採用して頂いたあかつきには、新たなチャレンジとして全力で取り組みたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


■志望動機

私がこのたび「シェムリアップでのインターン」に応募したきっかけは、

「カンボジアに関する情報をブログやSNSで学生向けに伝えていきたい」

と思ったことです。

私はカンボジアには滞在経験がございません。

ですが2017年の就活中に、

・「Sokha Cambodia(ソカカンボジア)」が主催するイベント
・カンボジア初のアパレルブランド「Sui Joh(スイジョー)」を立ち上げた浅野佑介氏の講演

などに参加するうちにカンボジアという国に興味がわきました。

休学中にカンボジア人の友人もできましたし、近いうちにカンボジアに長期で訪れようとして、つい先日2019/08/05〜2019/09/05までのチケットもとったところです。

私はゲストハウスで働いた経験も、今後ゲストハウスを運営するかどうかもわかりません。

ですが「地方大生の可能性を広げたい」という私の活動理念の根底には、大学生が東南アジアで活動することを選択肢として広めていきたいという思いもあります。

将来的には海外での生活も視野に入れていますので、ゲストハウスで働きながら自身の活動に注力できる環境は、すごく魅力的だなと。

採用されたあかつきには、ゲストハウスでの体験やカンボジアの魅力、海外ノマド情報などを、ぜひブログの記事に書いていきたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
六本木のITベンチャーでインサイドセールスやってます。元大学生フリーランスのWEBライター。シェムリアップで「BLANK GUESTHOUSE」を運営してました。

こちらでもピックアップされています

”国際系” note まとめ
”国際系” note まとめ
  • 2948本

This magazine curates notes relating to stuffs between globalness and localness.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。