借金を返すことや 代金を支払うことが できなくなったら
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

借金を返すことや 代金を支払うことが できなくなったら

銀行や 消費者金融から お金を 借りたら、あとで 毎月 返すことになります。また、クレジットカードで 買い物をしたり、携帯電話を 使っていたりする場合、代金は あとで 支払うことに なります。こういう 借金や代金のことを「債務」と 呼びます。
もちろん、返せる分だけ 借りる、支払える分だけ 買うように しなければなりません。
でも、借金を返すことや 代金を支払うことが できなくなってしまう場合も あります。とくに 最近は 新型コロナウィルスの影響で、仕事が なくなり、給料が なくなってしまった人も たくさん います。

そんなときには、「債務整理」という方法が あります。
もし、借金や代金を 支払えなくなったら、そのままにしたり 一人で悩んだり しないでください。なるべく早く 弁護士に 相談してください。
トラ弁ネットでも LINEで 相談を 受け付けています。

「債務整理」は、借金や代金を 少しずつ 分けて 支払ったり、支払わなくてもいいように 認めてもらったりすることです。
どのような方法にするかは、自分が支払えなくなった 借金や代金の金額、自分の収入・財産などから判断して 決めることになります。

---

このコラムは、トラ弁ネットの弁護士が書いて、一般社団法人スローコミュニケーションさんに「分かりやすい」版に書換えをしていただいたものです。

一般社団法人スローコミュニケーションさんのホームページは、次のとおりです。

また、ルビあり版を、以下のとおり、トラ弁ネットのホームページにアップしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
障害のある人の支援に関わっている弁護士有志の全国ネットワークです。noteでは、障害のある人にも分かりやすいコラム・ニュースなどを載せていきます(一般社団法人スローコミュニケーションさんとの共作です)。ルビあり版は、ホームページに載せています。