新型コロナウイルス感染症にかかわる詐欺に注意!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型コロナウイルス感染症にかかわる詐欺に注意!

新型コロナウイルスが広がり、たくさんの人たちが 不安を感じています。
そんな人たちをだまして、お金を取ろうとする 詐欺が 増えています。
例えば、こんな電話や メールが来たり、知らない人が家に来たときは 注意してください。

<電話の例>

電話をかけてきて、
・生年月日や住所などの 自分の情報
・誰と住んでいるか、何歳かなどの 家族に関する情報
・銀行口座の番号やパスワード、クレジットカードの情報
などと聞いてくるのは、詐欺です。市役所の人や銀行の人だと名乗って 騙そうとしますが、信じてはいけません。
また、お金を払ってください、などと言ってくることも ありますが、電話で話をするだけでお金を払わせようとするのは、詐欺です。

→このような電話があっても、自分や家族のことを 話してはいけません。すぐに電話を切り、役所や警察に 連絡してください。

<メールの例>

「マスクを特別に安く売ります」「助成金を受け取れます」などと書いてあるメールが届いても、そこに書いてあるホームページのアドレスを開いたり、返信をしたりしては いけません。これは、詐欺です。ホームページのアドレスを開くと、クレジットカードの情報や銀行口座の情報を 盗み取られてしまったりします。


→このようなメールが来たら、無視をするか、すぐに削除しましょう。もしホームページのアドレスを開いてしまったような場合にも、焦らず、周りの人に相談しましょう。

<家庭訪問の例>

突然 家に来た人から、「マスクを買ってください」などと 言われることがあります。しかし、実際に買ってしまうと、後から とても高い金額を 請求されたりします。また、家に来たついでに、上の<電話の例>に書いてあるような個人情報を 聞いてくることもあります。


→家に来て 何かを「買ってください」と言われても、最初から無視しましょう。もしドアを開けてしまった場合には、すぐに断り、ドアを閉めましょう。それでも 無理に 家に入ろうとしたり、物を買わせようとしてきたら、警察に 連絡してください。

何かあったら、トラ弁ネットのLINE相談で相談してください。

---

このコラムは、トラ弁ネットの弁護士が書いて、一般社団法人スローコミュニケーションさんに「分かりやすい」版に書換えをしていただいたものです。

一般社団法人スローコミュニケーションさんのホームページは、次のとおりです。

また、ルビあり版を、以下のとおり、トラ弁ネットのホームページにアップしています。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
障害のある人の支援に関わっている弁護士有志の全国ネットワークです。noteでは、障害のある人にも分かりやすいコラム・ニュースなどを載せていきます(一般社団法人スローコミュニケーションさんとの共作です)。ルビあり版は、ホームページに載せています。