見出し画像

注文していないものが家に届いたら

家にいる時間が長いので、ネットで買い物する人も 増えています。
そんな中で、マスクやアルコール消毒液など 注文していない商品が 勝手に送られてくることが あります。
これは詐欺です。
後から、「お金を払え」と言われる可能性があります。

注文をしていない商品が届いても、お金を払う必要は ありません。
買い物は、あなたが「お金を払ってでも これがほしい」と思ったときだけ、お金を払うものです。
商品が勝手に送られてきただけでは、あなたが 買ったことにはなりません。
「お金を払え」と言われても、払わないようにしましょう。

勝手に商品が送られてきたら、14日間は そのまま置いておきましょう。
商品を使ってはいけません。その間に その商品を使ってしまうと、あなたが買ったことを 認めたことになってしまいます。少し邪魔ですが、押し入れや下駄箱の中など 見えないところに しまっておくとよいです。
14日間が過ぎたら、捨てても かまいません。

特に注意してほしいのは、商品が代金引換で届くときです。
代金引換は、荷物が届いたときに、宅配業者や郵便局の配達員に お金を払う方法です。
配達員に「代金引換です」と言われた場合は、誰から届いた荷物か 確認してください。
知らない相手からの荷物だったら、荷物を受け取らず、お金も払わないようにしましょう。

買っていない商品が勝手に送られてきたときは、周りの人や 消費者ホットライン(電話で188)、弁護士などに 相談しましょう。
トラ弁ネットにも、LINEで相談できます。

---

このコラムは、トラ弁ネットの弁護士が書いて、一般社団法人スローコミュニケーションさんに「分かりやすい」版に書換えをしていただいたものです。

一般社団法人スローコミュニケーションさんのホームページは、次のとおりです。

また、ルビあり版を、以下のとおり、トラ弁ネットのホームページにアップしています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
障害のある人の支援に関わっている弁護士有志の全国ネットワークです。noteでは、障害のある人にも分かりやすいコラム・ニュースなどを載せていきます(一般社団法人スローコミュニケーションさんとの共作です)。ルビあり版は、ホームページに載せています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。