見出し画像

つながりたい想いは「笑顔」から

もよ

道ゆく人のほとんどが
マスクをしている。

最近はもう慣れてしまって
何も感じなくなったけれど

コロちゃんが流行りだしたはじめのうちは
私の目には「異様な光景」にうつった。



「目」と「眉毛」しか見えなくなった
人の顔。


「目」と「眉毛」しか見えなくても

その人が今
どんな表情をしているのかが
何となくわかってしまうのが面白い。


それでもやっぱり
「顔半分の笑顔」は物足りないのだ。




家に帰って

マスクをしていない旦那さんや
マスクをしていない子供の

「顔全部の笑顔」を見ると

「そうそう!これこれ!」とうれしくなる。





笑顔の種類もいろいろあるけれど


もうすぐ4歳の息子は
3種類の笑顔を持っている。



1つ目は

おもしろくて、たのしくて、
「あははは〜」と声をあげて
笑っているときの笑顔。


2つ目は

だれかとコミュニケーションをとるときに
声を出さずに「ニコッ」と笑う笑顔


3つ目は

私がイライラしているときに
私を笑わせようとして
無理やりおちゃらけているときの
作り笑顔。



自然と溢れてしまうこともあれば
自分の意志で作ることもできる。

そこが
笑顔のおもしろいところだなと思う。




1人のときに
笑顔は溢れてこない。

1人のときに
笑顔を作ろうとは思わない。


そう考えると「笑顔」は


人と人とが
つながれたときの合図なのかもしれない。

人と人とが
つながるためのスイッチなのかもしれない。

そして

人とつながりたいときの
サインなのかもしれない。



まだ数年しか生きていない息子でさえ
3種類の笑顔を持っている。

笑顔はきっと
つながりの中で生きる
私たちにとって必要なものなのだ。



最近なんだか物足りないな、寂しいなと
感じていたのは

笑顔の量がマスクに隠れて
半分になっていたからかもしれないなと
ふと思った。

人と人との距離を離すためには
マスクは良い仕事をしてくれるんだとも
思った。




私は今
「自分の好きなことを仕事にしたい」
という気持ちで活動していて

同じような感覚を持っている人たちと
つながっていきたいなと思っている。


「つながりたい」という気持ちを
自分から伝えるときは

笑顔だ!

まずは自分から笑顔だ!



と急に思い立って

プロフィール写真を笑顔に変えた。



私は自分の大きな目が好きだ。

太くてイカつい眉毛と
低い鼻と
唇のうすい口は
気に入っていない。

笑うと
唯一お気に入りの大きな目が
細くなってしまうのに

私は私の顔の中では
やっぱり笑顔が1番お気に入りなのだ。




笑顔には
すごいパワーがある。

そのパワーは
自然とあふれてくるときもあるけれど
自分で作ることだってできるのだ。




家族へ。関わるすべての人たちへ。
そして、これから出会う人たちへ。

「つながりたい」という想いが
どうか届きますように。


今日もとにかく笑顔で過ごそうと思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
もよ

大事な時間を使って、私のページにあそびにきてくださってありがとうございます。サポートうれしいです♪書きつづける励みになります(^o^)