見出し画像

11月19日(土)学生の頃の自分が突然フラッシュバックするとき。

まつとも

お疲れさまです。

アラフィフ、シングルマザーです。

ときどき、学生の頃の自分がフラッシュバック
してきて
苦痛なときがあります。

吐き出しますw

学生のころ、というのはおもに中学生時代です。

ちょこちょこトラウマ級のエピソードは
ありますが、たとえば。

中学2年のあの日、休憩時間に教室で
自分の席にいたら

やんちゃな男子学生に囲まれて
上半身さわられまくって
すごく嫌で声も出なかった。

席に座ってる状態だから立ち上がることも
できなかった。

休憩時間だし
周りにほかの学生もいたと思うけど

みんなやんちゃな男子学生が怖くてなにもせず
ひたすら耐えてた。

泣いたらいじられるから、作り笑いをしたら
「笑ってんのかよ!」とはたかれた。

あの時、わたしは逃げてもよかったのに。
あんなに耐えなくてもよかったのに。

今なら、逃げ出せるけれど
当時の私には
逃げるなんて選択肢はなかったのです。

時代もあるでしょうが

学校がすべてだったし
わたしの話を聞いてくれる人はいませんでした。

学校の先生も、両親も。

だって
わたしはまじめでおとなしくて、
いい子だったから。
成績は中の下くらいでしたけどね💦

つらかったね。
毎日頑張ってたよね。

今のわたしが、あの時のわたしのそばに
大人として居たかったと心から思います。

助けてくれる大人がいなくて
助けを求めることもしらなくて
ただ
耐えてきた学生時代のわたしのそばに
寄り添ってあげたかったです。

充分、頑張ってるよ。
大丈夫だよ。
今いる世界がずっと続くわけじゃないし
すべてじゃないよ。

どんどん自信を無くして人が信じられなくなり
周りが見えなくなっていく

あの時のわたしに
そう言い続けてあげたかったです。

だから、
わたしは自分の子供には
面倒くさいくらいに
伝えていかなくてはいけない!と思っています。
わたしの教育方針とでもいえるかもしれません。

学校がすべてじゃない。
あなたが幸せであることが最優先。

あなたを傷つけるとか、
自分の欲求だけを押し付けてくるような
そんな人がいたら
その人から離れなさい。
馬鹿にしてるんだよ。
あなたは馬鹿にされる人じゃない。

だって、大事なわたしの子供だから。
わたしにとっては
あなたが幸せであることがなにより
優先されること。

自分のフラッシュバックで辛くなるたびに

子供に
自分自身の尊厳というか人権というか
自己肯定感というか
そういうものを強く持って成長してほしい、と
あらためて強く思うので

母はいつも以上に面倒くさい母になるのです😄

とはいえ
過去の自分は消せないしやっぱり辛いです。

今のわたしの人間不信だとか
コミュ障ぶりだとか
もしかしたらHSPだって
これらの過去が影響していると思えて
なりません。
でも
そこは考えても悩んでもどうしようもないこと。

後ろをみて悩むより、前を向こう。
やりたいことの計画を立てよう。

大人になって
子供がいて
アラフィフになった今が一番穏やかでいられると自覚しています。

遠回りも回り道もしたけど
今が幸せなら、結果オーライで
いいんじゃないかな✨
やっとここまでたどり着いた、という感じです✨

願わくば、
このまま穏やかに過ごせますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!