【詩】夜が笑う
笹の舟

【詩】夜が笑う


  弓なりに月が裂け、ニヤリと夜が笑う。
  鳴く猫の気持ちが今宵は犬にもわかる。

闇に浮かぶ街灯の下、少女が泣いている。
鬼に見つけてもらえなかったかくれんぼ。

靴を片方なくして少女は家に帰れない。

街灯に群がる蛾の羽ばたきを真似て
路地裏の闇から手品師が手招きする。

少女の耳の中、羅針盤が音を立てて壊れ
幼くて小さな頭が麟粉の波に揺れる。

  フクロウのふりをしてカラスが鳴く。
  尻尾と片目のない白猫が黒猫に化ける。

  頭をなくした鶏が交差点を横切る。

門を閉ざされた夜の公園の奥深く
美しい貴婦人が立ち木に縛られている。

血の匂いのする風が上から下へ流れ
長い髪は垂れて地面に溶けている。

乱れた夜会服から零れ出た乳房。
その乳首を少年の青白い指がつまむ。

半ズボンを穿き、三日月に似た口の穴。
「いけないのはあなた。ぼくじゃない」

  白い光を月が垂らし、ニヤリと夜が笑う。
  吠える犬の気持ちが今宵は猫にもわかる。


The Night Laughs


The moon is torn in bow,
the night is laughing with disgust.

The dogs can understand
the feelings of crying cats tonight.

Under the street light floating in the darkness,
the girl is crying.

Hide and seek that could not be found by it.
The girl loses one of her shoes and can not go home.

A magician beckons her
from the darkness behind the alley,
imitating the flapping of the moth
which flies in the streetlight.

In the ears of the girl,
the compass broke after making a sound,
and a young little head shakes in the wave of pollen.

A crow sangs like an owl.

A white cat without a tail
and one eye turns into a black cat.

A chicken whose head is lost crosses the intersection.

Beautiful lady is tied up by the woods deep
inside the park where the gate is closed.

The smell of blood flows from top to bottom,
long hair drips down and melts on the ground.

A breast
that got out from a disoriented evening party clothes.

The boy 's pale finger pinches the nipple.

A wearing a short pants,
a mouth hole similar to a crescent moon.
"You are bad, not me."

The moon drops white light,
and the night laughs with disgust.

Cats know the feeling of the barking dog tonight.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Tome館長

お金より、お声を。 動画のための歌や朗読音声、募集中。https://tomekantyou.hateblo.jp/

Good job 💛
トメ。2016/2/12、開帳。作者表示・非営利にて無断使用可。英訳はGoogle翻訳。 動画用朗読音声を常時募集。https://tomekantyou.hateblo.jp/