出会うためのパッケージ ~2021年度発行物の「届け方」と、ラインアップのご紹介~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

出会うためのパッケージ ~2021年度発行物の「届け方」と、ラインアップのご紹介~

東京アートポイント計画

「出会い」にするための「届け方」

「東京アートポイント計画」や、それと連動して実施する「Tokyo Art Research Lab」などの各事業では、毎年、ドキュメントやツールなどを発行しています。それらの発行物を毎年度末、全国のアートプロジェクト事務局や研究者、実践者の皆さんに趣向を凝らしてお送りする試みを、2016年度から手がけてきました。

2021年度のパッケージは、各刊行物から抜き出したフレーズを印字したオリジナルのテープを作り、真っ白な段ボール箱をラッピングする仕様に。10種類ほどのテープは、東京アートポイント計画のスタッフであるプログラムオフィサーがランダムに選び、巻き方もそれぞれ自由に梱包しています。箱詰めや発送の作業は、プログラムオフィサー総出で手作業するのが恒例の風景です。

パッケージが、ドキュメントを開いてくださるきっかけや、気になる冊子との出会いとなるにはどうしたらいいか。届ける方のことを想像しながら、300件程の発送先へ送り出しています。

2021年度に発行したドキュメントブックやツールなど。

プロジェクトの評価分析に取り組んだ本から、ウェブサイトづくりの 「もやもや」集まで。2021年度発行物のご紹介

・Artpoint Reports 2021→2022
「東京アートポイント計画」が発行するアニュアルブック。コロナ禍2年目、さらに変化していく社会のなかで思考したこと、実践したことなど、2021年度の取り組みを、“少し先の未来”の視点と共に、ディレクターとプログラムオフィサーが語りました。

・アートプロジェクトがつむぐ縁のはなし 大巻伸嗣「Memorial Rebirth 千住」の11年
足立区千住で行われてきた「Memorial Rebirth 千住」が歩んだ約10年を、絵物語、事業にかかわってきた人の声、そして多様な評価分析の手法でひもときます。

・YATOの郷土詩/YATOの絵本
町田市で展開するプロジェクト「500年のcommon を考えるプロジェクト『YATO』」が、地域に暮らす人たちに話を聞く「聞き書き」の記録をまとめた「YATOの郷土詩」。「YATOの絵本」は、YATOの活動で生まれたキャラクターや地域リサーチで学んだ年中行事などを絵本にまとめ、子供たちのために作りました。

・アートと名付けられない創造力へ向かって 「ファンタジア!ファンタジア!」が墨田で考えていること/ファンファン倶楽部 「やってみる時間」をやってみるための本
自分の中の「当たり前」を解きほぐす“学びの場” を地域で創出するプロジェクト「ファンタジア!ファンタジア!―生き方がかたちになったまち―」。プロジェクトを実践する中で感じた、アートに近接する、まちづくり/福祉/ケア/教育などとのあいだのモヤモヤについて綴った冊子や、「安心して楽しく“もやもや”しよう」を合言葉に活動した「ファンファン俱楽部」から生まれたハウツーブックを制作しました。

・あなたの暮らし、どんなカタチ?
府中市を舞台に、身近なところにある「表現」を通して「だれもが表現できるまち」を目指すプロジェクト「Artist Collective Fuchu[ACF]」。プロジェクトの理念や歩みを伝えるために制作したパンフレットです。

・旗を立てる―「東京で(国)境をこえる」3年間の記録
「東京で(国)境をこえる」は、多くの在留外国人が生活する東京において、「見えない国境(壁)」は存在するのかという問いを探っていくプロジェクトです。活動記録や制作物など、プロジェクトの3年間の記録を1冊にまとめました。

・happening.|東京プロジェクトスタディ1 わたしの、あなたの、関わりをほぐす~共在・共創する新たな身体と思考を拓く~
Tokyo Art Research Labで実施した、誰もが誰かの翻訳者であることを前提としながら、自分と異なる認識世界を持つ他者と共在・共創するコミュニケーションについて再考するプログラム。そこで生まれた実験や実践を紹介し、読者と新たなコミュニケーションを生むための冊子です。

・ウェブもやもや事典
ウェブサイトを制作するときに立ち現れるいろいろな「もやもや」。「SNSでいいんじゃないですか 」、「個性的なホームページって使いづらい?」などの疑問と向き合うためのキーワードや気づきを収集し、オンラインで公開しています。

「出会い」の入り口はオンラインにも。データはPDF公開中、郵送でのご送付も可能です。ぜひご活用ください!

上記でご紹介しきれなかった2022年度および過去の刊行物は、「Tokyo Art Research Lab」ウェブサイト「図書室」ページでPDFデータがご覧になれるほか、在庫のあるものは郵送でのお届けもしております(送料分着払い)。ぜひ、こちらの「図書室」ページを覗いてみてください! たくさんの方に活用いただけると嬉しいです。

250点以上の資料を公開していますので、ぜひ「図書室」ページを覗いてみてください!


ありがとうございます!うれしいです^^
東京アートポイント計画
東京都内各地で地域NPOとともにアートプロジェクトを展開する試み。noteではプロジェクトの舞台裏での試行錯誤や、現場の記録をお届けします。 https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/creation/hubs/