見出し画像

ヘルシンキの老いた画商が人生最後の賭けに挑む。

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像
原題:ONE LAST DEAL.

ヘイッキ・ノウシアイネン、ピルヨ・ロンカ、アモス・ブロテルス出演。2020年、クラウス・ハロ作品。

ヘルシンキ市街で画廊を営む72歳のオラヴィは、その日の支払いの工面にも苦労するほどの営業状況。ある日、とある絵画オークションで、ある男性の肖像画の前で足が止まる。その絵画には作品の題名も作者のサインもなかった。

面白いです。ストーリーはシンプルですし、あまり考えなくていい作品です。ポイントになる絵画がどういう作品なのか。その絵画を巡っての人間模様のサスペンスが最後まで楽しめます。画廊経営という社会的な立ち位置がなんとなくわかる感じがしました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東京美術館巡り 都内の展覧会情報と3分で読める展覧会レビュー

皆さまのお気持ちは、チケット代、図録代とさせていただきます。

やった〜!
10
主な東京の展覧会の開催情報を閉幕日順に掲載しています。それと、3分で読めるレビューをときどきアップしてます。