見出し画像

複業家・すーさんから学ぶ成功のカギは「インプットとアウトプット」

今回はフリーエンジニアとして働きながら、不動産投資とブログ運営など複数の収入源を持たれているすーさんにインタビューさせていただきました。

「将来への不安を抱え、ただ時間だけを消費する」会社員時代から「時間と精神的ゆとりを持ち仕事と向き合う」パラレルワーカーとなったすーさん。
現在に至るまでをお伺いする中で、すーさんが大切にされている「インプットとアウトプット」について学ばせていただきました。

現在の働き方

画像1

ーこれまでの経歴と、現在のお仕事について教えてください。

少し前までは、企業に勤めてエンジニアとして働いていたんです。働きながら法人を設立し、しばらくは個人事業主とサラリーマンの2足の草鞋で仕事をしていました。現在はフリーエンジニアとして完全に独立し、法人から業務委託の形で仕事を受け、収入を得ています。他にも、不動産投資とブログ運営の収入源を持っています。

ーフリーランスになろうと思ったきっかけはどんなことだったんですか?

私がフリーになる前に勤めていた会社は、体育会系で上下関係に厳しい職場。拘束時間は長いですし、正直仕事を楽しいと思ったことは1度もありませんでした。
年収はそれなりに良かったものの、30代に突入してもその勤務状況は変わらず…。だんだんと精神的に追い込まれてきて「このまま40代に突入して大丈夫だろうか」という不安が募っていきました。

ある時、前職の先輩と話す機会があって。その時に先輩から「フリーエンジニアとして業務委託で仕事を受注すれば、サラリーマンよりも働く時間はずっと短いのに給料はほぼ変わらない」という話を聞いたんです。そこから、自分も挑戦してみようと思うようになりました。

ーそれが働き方を変えるきっかけだったんですね。
現在はフリーランスとしてエンジニアの案件を獲得されているとのことですが、サラリーマン時代と比べて生活に変化はありましたか?

やっぱり働き方を変えて、生活が大きく変わりましたね。自分で仕事の時間を管理できる分、使える時間は増えましたし、精神的なゆとりも生まれました。ただ、サラリーマンと違って昇給があるわけではないので「このままでいいのかな」と思う事もあります。

ー確かに、フリーランスだともちろん人事考課はありませんし、スキルアップの管理も自分でしていかなければならないですもんね。

そうそう。その為に、フリーランス向けの求人サイトやエージェントに登録して、複数案件を同時進行で取り組んで常にスキルアップできるような環境を作っています。

会社員時代はとにかく時間に追われていて、就業時間を乗り切るのが精一杯。外部から情報を得て学ぼうという発想はありませんでした。今思うと、思考が会社の枠に捉われていたような気がしています。フリーになってみて、視野が開けて考え方の幅が広がったのも良い変化でしたね。
例えば「どうやって頑張っても、毎月30万しか稼げない」なんて思っていたのが、視野が広がってみると「毎月120万円稼げる」と思えるようになるんです。
「稼ぐ為にはこうアクションが必要」と分かれば、グッと身近な課題として考えられるようになるんですね。

ーなるほど。
フリーへと働き方を変えて、その上で不動産投資やブログ運営など収入源を増やして努力されていらっしゃいますが、いつも上昇志向なのは元々のご性格ですか?

性格は真面目だと思うんですけど(笑)。でも、昔から今のような気持ちで仕事に向き合っていたわけではありませんでした。どちらかと言うと、新しいことにトライしてみても飽きて続かず、結局現状を変えられず元に戻る…というのを繰り返していた感じで。
長時間拘束で体力的にも辛いサラリーマンのサイクルの中で努力しようと思っても、結局いっぱいいっぱいになって現状から抜け出せなかったんです。
それがフリーになってからは、むしろ着実に前に進んで行かないと何も生まれない環境になりました。環境の変化に伴って、自分の性格や考え方が変わって、行動にも反映されたように思います。

ー環境次第で「人間としての幅」はいくらでも広げていけるんですね。


「お金持ちしか投資出来ない」は本当なのか

画像2


ーすーさんは現在、不動産投資でも収入を得ていらっしゃるんですよね。

そうなんです。始めたきっかけは、本屋で不動産投資に関する書籍をたまたま手に取ったことでした。当時の私は老後に漠然とした不安があり、いつか投資したいとは思っていたものの、特に何か取り組んでいる事も無い状況だったんです。
その書籍に書かれていたのは「主婦が不動産投資で月80万円稼ぐ」という内容で、不動産投資は意外とハードルが低く、私にもできるかもしれないと感じたんです。そのタイミングで著者の方がセミナーを開催することを知って、参加してみました。
不動産ってなんだか怪しいイメージがあったんですけど(笑)、参加した時の営業の方が、あんまりガツガツしてなかったんですね。

ー確かに、営業をかけられすぎると押し売りされるんじゃないかと不安になりますよね。

「これなら信用できるかもしれない」と思って、その後勢いで不動産投資を始めました。

ー勢いで!?(笑)

そうそう(笑)。やってみないと分からないし、とりあえずやってみようと思ったんです。
1ヶ月のうちに中古の戸建てを購入し、今では複数の戸建て物件を持っています。もちろん安い買い物ではなかったですが、家賃収入でキャッシュフローはプラスになっているので、当時手を出してみて良かったと思っています。現状のコロナのような不測の事態でも、本業以外の収入があるのは心強いですから。
私は最初「不動産投資はお金持ちの人しかできない」と思っていたんですけど、実際はそうでもないんです。苦手意識を取り払って正しい情報を学んでいけば、誰でもトライできます。

ーなるほど。正しい知識を持っている方から勉強し、知識をつけた上でトライする事が大切なんですね。

「失敗=アウトプットのネタ」


ー他にも収入源として、ブログの運営もやられているんですよね。

去年からブログとTwitterの運用を始めました。ブログ運用したことによる変化も大きかったですね。始める前よりもインプットとアウトプットの量が圧倒的に増えました。

自分の今までの経験や持っていたスキルをネタにするだけでは、良いブログの記事が作れない。そう気付いてからは、日々「ブログのネタ」を探しながら過ごすようになりました。
そうすると、なんとなく過ごすことが無くなるんですね。最終的に誰かに向けてアウトプットすると思うと、能動的なインプットができるようになるんです。そこも人生においてプラスになっていると感じます。

ーすーさんにとって、インプットとアウトプットは「収入源を作るための取り組み」でありながらも、充実した人生を送るための重要なポイントにもなっていらっしゃるんですね!

これまでのエンジニアの仕事では、意識的にインプットとアウトプットをすることがほとんどなかったんです。今でも日々「エンジニアの仕事よりも100倍難しい!」と思いながら(笑)、試行錯誤しつつ取り組んでいます。

ーそれでは最後に、今後自身のブログやSNS、コンテンツなどでアウトプットしていきたいと考えている方にアドバイスをお願いします 。

今は情報がたくさん溢れていて、色々な方が発信をしてくれています。その中で理想となる人を見つけて、まずは真似をしていくと、効率的にインプレッションを増やすことができると思います。
そしてアクションを起こすこと。考えこんでしまう前にまずやってみることが大事です!

個人的には、アウトプットを始めてから「失敗した方が面白い」と思えるようになったんです。失敗が一つのネタになるので。

ーなるほど。失敗さえもインプットとして捉えてしまうんですね!

何事も初めから上手くいくわけじゃないですからね。失敗してもヘコまずにネタにして、またチャレンジして…。それの繰り返しを着実に積み上げていくことが大切です。一緒に頑張りましょう!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

インタビューの中で勉強させていただいた「失敗の捉え方」は、これから様々なことに挑戦する方へぜひ届いて欲しいメッセージです!

すーさん、今回は本当にありがとうございました!

(インタビュアー・小野寺)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

色々な働き方を知りたい人は今すぐフォロー✅

働き方の多様性について発信しています🧑🏻‍💻✨

東京パラレルワーカー公式Twitter

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
貴方に届けることができて嬉しいです!ありがとうございます。
7
東京パラレルワーカーは、働き方の多様性を発信するメディアです。 収入源が一つだけでは、大きなリスクとなる時代。 パラレルキャリアで活躍している方にインタビューを実施し、 『スキルを活かして収入源を増やす』ためのヒントを探ります。

こちらでもピックアップされています

インタビュー記事
インタビュー記事
  • 32本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。