見出し画像

「ゲームのように何でも自分で選択する」リモートワーカー・もんしょーさんから学ぶキャリア

リモートワークをする方が急増している今、アフターコロナではこれまでと違う働き方がしたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

中にはフルタイムで勤務することにこだわらない方も多くいらっしゃると思います。

今回は、パラレルワーカーとして活躍されているもんしょーさんにお話を伺いました。

もんしょーさんが語る「自分責任な生き方」とは?
これからご自身の働き方を真剣に考える方、必見の内容です!


現在の働き方


ーーはじめに、現在のお仕事の内容と、差し支えなければ収入についてもお伺いしてよろしいでしょうか?

現在はエンジニアとして、リモート勤務で複数の業務委託を請け負っています。また、今までの経験をブログやYoutubeで情報発信も行っています。


収入は、フルタイムで働いている20代半ばの同年代と同じくらい。なるべく効率よく収入を獲得できるように、これからは時給単価の高い仕事を受けるようにして、働く時間をもう少し減らすことも考えています。


ーーそうなんですね。今までの経歴もお伺いできますか。

祖父が経営者だった影響もあり、小さな頃から自分の中にはずっと起業したいという気持ちがありました。なので、大学では経営学を学んでいたんです。大学時代から物販やアフィリエイト、ブログ運営もなど色々な分野のビジネスに取り組んでいました。
大学2年の時、英語の勉強のために1年間休学し、セブ島に行ったことがあったんです。

ーーすごい行動力ですね!

セブ島には日本人の方もいらっしゃいました。それが不思議で。「年齢的には社会人のはずなのに、どうして長期で旅行に来れるんだろう?」と気になり始めたんです。
そこで、「どんな仕事をしているんですか?」と尋ねた中で、エンジニアとして稼いでいる方に出会いました。

ーーその方に出会ったことが、エンジニア職と出会うきっかけだったんですね。

そうなんです。その方の働き方を伺っている内に、「プログラミングを学べば、どんな場所でも収入を得ることが可能なのではないか?」と思い、プログラミングスクールに通いはじめます。
日本に戻り、大学4年の頃から企業にジョインして派遣エンジニアとして働くことを決めました。9時~18時のフルタイムで、色々な経験をさせていただきました。しかし、職場内の人間関係に悩まされ、仕事に行けなくなってしまったんです…。
その時から、「フルタイムで働かなくても良い方法」を考えるようになって。結果的に、今のような複数の会社に業務委託として週2ペースで勤めるような働き方にシフトしていったんです。

ーーなるほど。自分が悩んでしまう部分を解消できる働き方を模索して、今の働き方があるんですね。

最速成長のためにはまず「人のマネ」を

ーー現在YouTubeやブログ発信も積極的に行っているもんしょーさんですが、そういったアウトプットのスキルはどこで学ばれたんですか?

「人のマネ」を徹底的にやっています(笑)。それが学びに繋がっているんだと思います。
学生時代に野球をしていた頃から、上手な方を見て学ぶことを経験してきました。
セミナーを受けたり本を読むことだけじゃなく、「自分で見て聞いて体得したスキル」でないと、結局は自分の身にならないと思っていて。調べてマネてを繰り返したから、今の自分があります。
何を始めるにも正攻法の型をマネすることが一番効率が良いので、とにかく上手い方のマネをすることが、成功する近道だと考えていますね。

「ゲーム感覚」で自己成長

名称未設定のデザイン (1)


ーーもんしょーさんは大学時代、インターンでいわゆる「サラリーマン」的な働き方も経験されていますよね。「一つの会社に縛られない、リモートワーカー」の現在の働き方と比較してみて、いかがですか?

やっぱり通勤や外出前の準備に時間を取られない分、今の働き方のほうがメリットが大きいですね。個人的にはリモートワークの方がストレス少なく働けると感じています。
ただもちろん、会社に出社して働くメリットも感じます。例えば仲間と対面で話ができたり、雰囲気を感じながらコミュニケーションがとれたり。

ーー確かに、それぞれの働き方の良さがありますものね。これからの時代、働き方を選ぶ時には「自分はどんな働き方が向いているんだろう?」と考えていくことが大切ですね。私の周りだと「リモートワークは周りの目が無い分、ついだらけてしまう…」という声をよく聞くのですが、もんしょーさんがリモートワークをする上での時間管理のコツなどはありますか?

時間管理に関しては、作業する時に必ず休憩時間を決めるようにしています。私の場合は、作業時間は30分、その後10分間休憩する、という流れで進めています。

ーーずっとPCと向き合うだけでなく、メリハリをつけていらっしゃるんですね。

それから、短い時間で集中するという技の練習をしています(笑)。

ーー技、ですか?

短い時間で集中することを習得出来れば、すごく効率良いじゃないですか。例えば電車に乗っていて10分だけ時間があるときに、なんとなくボーッとして過ごすのではなくて、その時間で集中して何かを学ぶ時間にすれば、スキマ時間で効率よくスキルアップできますよね。日頃からこういうポイントを意識するようにして、短い時間も無駄にしないように心がけています。

ーーなるほど。確かに、意識しているのとしていないのでは大きく差が出る時間の使い方ですね!モチベーションの保ち方についても、意識されていることはありますか?

「遠い目標は必ず立てること」。例えば「海外移住したいなぁ」とか、「働かずに稼げるようになりたいなぁ」とか。自分がしたいことであればどんなことでも良いと思います。

ーーまずは、進みたい方向を決めるのですね。

進路を決めたら、あとはゲーム感覚です(笑)。

ーーゲーム感覚ですか(笑)!

先ほど作業時間を30分と決めているとお話ししましたが、毎回30分で取り組んだことを記録するようにしているんです。例えば「〇件Twitterで情報発信を行った」という形で。そして、その後の30分は記録を超えるように仕事をする。

ーーなるほど、ご自分のレコードを打ち立てていくわけですね!

そうそう。30分前の自分に勝つゲームだと思うと、自然に楽しみながら続けられるので、無理なくモチベーションを維持出来ています。

自分の責任で生きていこう

名称未設定のデザイン (2)

ーーもんしょーさんの今後の目標を教えてください。

日本に限らず海外でも、「どこいっても働ける人」になりたいと思っています。
そのためにエンジニアのスキルを伸ばして、自分だけの事業を持ったり、自分のスキルを他の方に伝えていく活動を増やしていきたいと考えています。

ーー確かにこれからの時代、勤める場所に囚われないスキルを持っているかどうかは、働く上で大きなポイントですものね。
最後に、これから自分の働き方を見つめ直す方へのメッセージをお願いします。

人生の幸福度を上げるためには、何でも「自分の責任にする生き方」がポイントだと思っていて。

ーー自分の責任、ですか。

こう言い表すと、「自分で何でも抱え込んじゃう」ようなイメージですが(笑)、意味としては違くて。「何でも自分で選択して、自分で責任をとっていく生き方」の意です。
私もこれまで、自分がやりたいことや面白いと思ったことに対してチャレンジしてきた結果、現在働き方に辿り着きました。もしも周りの反対意見に流されていたら、今のキャリアは無かったと思います。

ーー確かに、自分で選んだことなら、もしも思うように行かなくても納得できますものね。

そうですね。その上で、
・好きなことを突き詰めてやってみる
・興味を持ったことにチャレンジしていく

この2つが大事だと思っています。

社会人になると、何かに挑戦しようとしても、忙しいから諦めてしまうという方がほとんどだと思います。
その中で、何か小さいことでも日々チャレンジしてみて欲しいです。
例えば、会社の昼休みに毎日ランチに行く場所を変えて、そのエリアで美味しいお店をまとめて記事にしてブログに掲載する、とか。小さなことからで良いんです。

その中で、コツコツ積み上げたものが数円になったら、稼げたことが自信に繋がると思うんですよね。それを続けていると、次第に「本業よりも稼げた!」という瞬間が生まれてくると思うので、そこからパラレルワークに繋げていっても良いと思っています。

ぜひ、自分の好きなことは何か?どんなことに興味があるか?を掘り下げて、納得のいく進路を探してみましょう!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

もんしょーさんのYouTubeチャンネルでは、未経験からでも

エンジニアとしてスキルをつけるための有益情報などを発信されています✨

ブログやTwitterと合わせて、ぜひチェックしてみてください!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

色々な働き方を知りたい人は今すぐフォロー✅

働き方の多様性について発信しています🧑🏻‍💻✨

東京パラレルワーカー公式Twitter

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
貴方のスキで、中の人のモチベーションと戦闘力が53万になりました。
8
東京パラレルワーカーは、働き方の多様性を発信するメディアです。 収入源が一つだけでは、大きなリスクとなる時代。 パラレルキャリアで活躍している方にインタビューを実施し、 『スキルを活かして収入源を増やす』ためのヒントを探ります。

こちらでもピックアップされています

インタビュー記事
インタビュー記事
  • 33本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。