デルアンバサダーパーティーで、改めてかなわないな、と思ってしまった話。
見出し画像

デルアンバサダーパーティーで、改めてかなわないな、と思ってしまった話。

徳力基彦(tokuriki)

入社してから4ヶ月、毎日ブログを書きなさいという無茶ぶりを頑張って乗り越えてくれている弊社のマーケ担当の吉田ですが、試用期間も終わったことだし次のチャレンジということで、デルアンバサダーイベントのレポート記事に挑戦してみてくれてます。

ちなみに、デルさんのアンバサダープログラムの2周年記念には私も参加させて頂いたんですが、個人的に、改めてデルさんには、かなわないなと思ったのが、もう完全にアンバサダーとのコミュニケーションをデルさんがデル流のスタイルでリードされている点。

レポートにもありますが、パーティーの最初のプレゼンも、アンバサダーの方々からはじまるんですよね。
どうしても我々支援会社の立場だと、ついついクライアントのプレゼンをメインコンテンツとして最初に書いてしまうのが正直なところ。
アンバサダーパーティーでアンバサダーの方々を主役にするという判断ができるのは、企業側が本気じゃないとじつはなかなかできなかったりします。

さらには、パーティーの間に実施されたミニライブのアーティストの方もデルのPCで作曲されているアンバサダーの方。
動画に使われている音楽もアンバサダーの方に作ってもらったそうですし、パーティー自体をアンバサダーの方々と一緒に作っていくという姿勢が良く伝わってくる感じでした。

先日アジェンダノートに寄稿したデルさんのマーケティングの姿勢の記事と合わせて読んでいただけると、より理解が深まるかと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
徳力基彦(tokuriki)

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます。 このブログはブレストのための公開メモみたいなものですが、何かの参考になりましたら、是非ツイッター等でシェアしていただければ幸いです。

何かの参考になれば幸いです(汗)
徳力基彦(tokuriki)
noteプロデューサー/ブロガー。 ビジネスパーソンや企業の、ブログやソーシャルメディア活用の可能性を日々試行錯誤してます。 アンバサダープログラムのアンバサダーも担当中。 書籍「顧客視点の企業戦略」「アルファブロガー」を書かせて頂きました。