戸田被服株式会社
【徹底解説!】ウエストゴムが伸びてしまう原因、縮んでしまう原因とは? スタッフあわねのおすすめマガジンvol.23
見出し画像

【徹底解説!】ウエストゴムが伸びてしまう原因、縮んでしまう原因とは? スタッフあわねのおすすめマガジンvol.23

戸田被服株式会社

こんにちは。
戸田被服株式会社の あわね と、同じく戸田被服株式会社の あらい です。
弊社製品は全てウエストをゴム入りにて作っています。
これは『楽して快適な生活を送れるように』というコンセプトのもとに企画・製造を行っています。

本日は弊社製品のかなめである「ウエストゴム(天然ゴム)」についてお話していきます。

ゴムズボンのゴムについて

買ったズボンのゴムがきつかったから伸ばしたい
つかってるうちにゴムが緩くなってきたから縮めたい

ゴムズボンのお悩み

使用前なのか、使用後なのか、ゴムズボンのゴムのお悩みは千差万別。

【お悩みケース①】
買ったズボンのゴムがきつかったから伸ばしたい

一般的にゴムズボンに使われているゴムは天然ゴムであることが多いです。
弊社製品も全て天然ゴムを使用しています。

天然ゴムの特性として弾性・耐摩耗性・機械的強度が高いとされています。
機械的強度というのは、引っ張りや引裂きに対応する力や応力のことを指します。

弾性や耐摩耗性に優れているので劣化しずらく、ゴムを伸ばしたいという場合対応が難しくなります。

熱をあてると伸びるかも?

アイロンの温度による変化

天然ゴムは性質上、あたためると縮む性質がございます。
しかし高温(80℃~280℃以上)の熱によって伸びることがあります。
これはゴムの劣化によるものです。

熱によって酸化や分子切断が起こり、ゴム本来の元の形状に戻る性質が弱まったために結果伸びたということです。
ゴムを長持ちさせるにはこちらの方法はあまりお勧めできませんが、ゴムを伸ばす方法の一つです。

【お悩みケース②】
つかってるうちにゴムが緩くなってきたから縮めたい

あれ・・・緩くなってきたな

ウエストゴムズボンやスカートを気に入って履き続けていると
「あれ・・・緩くなってきたな」と感じること、ありますよね。

お悩み①のケースで紹介したように、天然ゴムは中温程度であれば硬くなる性質を持っています。
なので、アイロンの中温程度であればゴムの状態をもとに戻す事は理論上可能です。

ただ、常にその温度を保たれている状態で着用し続ける・・というのは難しいですよね。

折角縮められたとしても、着用していると伸びてきてしまうのが現状です。
ゴム入替口がある場合には新しいゴムへの交換をお勧めします。

文末にゴム入替方法もご紹介していますので、併せてご覧ください。

そもそもウエストゴムが伸びてしまう原因って?

ゴムは経年劣化する

ゴムは時間と共に性質が変化し、亀裂・硬化・軟化などがおこります。
原因は酸化や分子の切断によるものです。

これらは光や温度、水分などによって加速し、使用中だけでなくクローゼットやタンスの中にしまっている時にも進行しています。

劣化速度はゴムの種類にもよりますが、10℃に保っていれば17年、15℃で9年、23℃で3.6年、30℃で1.6年、40℃で5.5か月程度と言われています。

夏場、車の中に置きっぱなしの場合注意が必要ですね。

経年による劣化以外で起こるウエストゴムが伸びてしまう原因

さて、経年による劣化以外で起こるウエストゴムが伸びてしまう原因は、主に2つあります。

1つ目は「着用や洗濯時による摩擦」、2つ目は「熱や太陽光による劣化」です。では、それぞれの原因について見ていきましょう。

1. 着用や洗濯時による摩擦

ゴムの表面が擦れることで弱くなる

ゴムには元の形に戻ろうとする弾力性があります。この性質は、使用しているうちゴムの表面が擦れることで弱くなります。

2.熱や太陽光による劣化

熱や光、放射線に弱いにゴム

ゴムは、性質上 熱や光、放射線に弱いです。
そのため、アイロンや乾燥機などの熱、または直射日光に当たり続けると劣化します。

この2つの原因は、使用上避けられないものです。しかし、使い方の工夫により、ゴムの摩擦や劣化を軽減することができます。対策は4つあります。

■ウエストゴムを長持ちさせる方法4つ

1.「洗濯ネット」を使う

洗濯ネット

洗濯ネットを使用することで、洗濯物同士の摩擦を軽減します。
これは毛玉防止にもなるのでお勧めです!

ポイントは、洗濯物に対して、サイズの丁度良い洗濯ネットを選ぶことです。大きめのネットに、いくつかまとめて洗濯物を入れる方法では、中で洗濯物が擦れてしまいます。
洗濯ネット1つに対し、洗濯物はなるべく1つにするのが理想です。

2.洗濯物を干すときは「陰干し」

太陽光による劣化を軽減

直射日光を避けた風通しの良い場所に干すことで、太陽光による劣化を軽減します。

3.アイロンは、ゴムの部分を避ける

熱による劣化を軽減

ウエストゴムの部分にひだが寄ったデザインの場合は、ゴムの部分を避けることで、熱による劣化を軽減します。
ひだが寄っていない平たいデザインの場合、ゴムの部分のアイロン掛けは な
るべく短時間で済ませるようにします。

4. 乾燥機はなるべく使わない

熱による劣化を軽減

どうしても使う場合は、使用時間を短くすることで、熱による劣化を軽減します。または、エアコンや扇風機など、熱風の出ないものを代用します。

以上の4つの方法で、ウエストゴムが伸びるのを軽減することができます。

それでもゴムがのびきってしまったら・・・

それでもゴムが伸びてしまい、「交換したい!」と思われたとき、ゴム入替口があると便利です。

ウエストゴムとしてよく使用される幅は、約15~25mmです。
細い幅なら肌着や下着などの薄手の物に、太い幅なら厚手の物に使うと洋服の型がしっかりとします。

スポーツウェアなら、固めでフィット感のある強力ゴム、パジャマや肌着なら、伸びがよく柔らかいソフトゴムが最適です。

弊社製品ではほとんどの商品に約30mmの幅のウエストゴムを使用しております。

■ウエストゴムの取替え方法

こちらの記事と重複しておりますがご紹介いたします。

画像4
お買上時に同梱している冊子にも手描きにてご案内しております。ご参照ください。

用意するもの

平ゴムは弊社製品であれば20~30mm推奨

①手縫い針 ②糸(ズボンと同じ色のもの) ③糸切りバサミ  ④平ゴム
⑤大き目の安全ピン(ゴムを通している際に端が穴に入るのを防ぐ)
⑥リッパー(ゴム取替え口が無い場合、縫い目をほどくのに便利)

手順

1.ゴムを取り出す

リッパ‐をつかって古いゴムを引っ張り出す

ゴム取替え口が無い場合
ウエスト脇あたりの縫い目を糸切りバサミの先やリッパーでほどきます。
脇は ほどいた跡が目立ちにくく、ゴム幅より10~15mmほど多くほどくとゴムが通しやすいです。

ゴム取替口がある場合
取替口からウエストゴムを3cmほど引き出します。

取替口が分かりにくい場合

弊社製品であれば、ウエスト右脇の裏面についた「ゴム取替口」のタグが目印になります。または、ウエスト部分を左右に引っ張ると取替口からゴムが見えます。

2.古いゴムを切る

ゴムを通す際はねじれないように注意しましょう。

このとき、新しいゴムと古いゴムの端を安全ピンでつないでおきます。
そうしておくと、古いゴムを引っ張れば、ゴム通しなしでゴムが通せます。ゴムを通す際はねじれないように注意しましょう。

3.ウエストゴムの長さを決める

安全ピンをゴムの端に留めておき穴に入り込んでしまうのを防ぎます

新しいゴムを通した状態で実際に穿いてみてください。
ウエストの80~90%+重なり分(2~3cm)の長さでゴムを切ります。

ここで安全ピンをゴムの端に留めておきます。
これは穴に入り込んでしまうのを防ぐためです。

4.ゴムの両端をつなぐ

もう一度試着してみて、ちょうど良いか微調整するのがおすすめ

幅が細いゴムであれば結ぶだけでも大丈夫です。
もし幅が太い場合は、目安としてはゴム幅が20mm以上の場合には、針と糸で「巻きかがり縫い」をしてつなぐことをお勧めします。

ここでワンポイント!
もう一度試着してみて、ちょうど良いか微調整するのがおすすめです。

5.ゴムを引っ張り出す為にほどいた部分を縫い合わせる

間隔を狭めた「まつり縫い」で、ほどいていない部分も
左右1~2cmほど余分に閉じると、ほつれにくく丈夫になります。

ゴム取替え口が無い場合
解いた部分を縫い合わせて閉じます。
間隔を狭めた「まつり縫い」で、ほどいていない部分も左右1~2cmほど余分に閉じるとほつれにくく丈夫になります。

ゴム取替口がある場合
通し穴にゴムを戻して完成です。

以上の方法でゴムの入れ替えができます。

ゴムの劣化をなるべく防ぎ、ゴムがダメになったら交換して履き続ける。
服の耐久年数は2年~4年といわれていますが、ゴムはそれよりも短いです。
少しでもお好きな服が長く着られますように。

発行

発行日:2021年7月8日
加筆修正:2022年7月20日

文:戸田被服株式会社 粟根 夢咲
加筆・修正・編集:戸田被服株式会社  新井 美晴
戸田被服株式会社
〒729-3103
広島県福山市新市町新市395
(電話番号)0120-540-877
(メール)r-shop@toda-hifuku.co.jp

あとがき

最近良いと思った言葉

「小暑(しょうしょ)」

「日本の行事・暦」より

7/7~7/22までの期間のことです。
梅雨が終わり、暑さがどんどん強くなっていくという意味があります。
この次が、大暑(たいしょ)と続くのがなんだか面白いです。

参考

  • 熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂とは? 素材のワンポイント講座 湯本電機株式会社

  • エラストマー wikipedia

  • ゴム材料の特性と使用用途[加硫] ミトクゴム

  • NR(天然ゴム)の特性 株式会社東都ラバーインダストリー

  • シリコンって何?シリコーンって何?silicon?silicone? 共和工業株式会社

  • 未来の素材になるかも!?天然ゴムを越えるポリイソブレンゴム Bridgestone Blog

  • ゴムの寿命と劣化原因、防止策|ゴムの有効期限 ダイヤモンドホイール・ダイヤモンド砥石・CBN工具・CBN砥石と研削研磨の情報サイト

  • ゴムの弾性とは何か?ゴムの伸び縮みは不思議な現象だった ちびっつ

  • ボクサーパンツが伸びるのは洗濯が原因?伸びたゴムは交換できる?

  • 種類が多くて悩む…裁縫用ゴムの種類と使い道を解説します ハンドメイド専科

  • ゴム伸びちゃった…裁縫の基礎「ウエストゴムの替え方」通し穴なくてもOK 家電Watch

  • ゴム通し不要!ウエストゴムのお手軽「交換法」とコツ、ゴム長さの決め方 家電Watch



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
戸田被服株式会社

広島県福山市北部の小さな会社で地道にズボンを売っている会社です。記事は主にWeb販売管理部の新井が書いております。 少しでも弊社の事をお近くに感じて頂けたら幸いです。

戸田被服株式会社
広島県福山市新市町にて50年前から婦人向けボトムスを専門に企画・製造・販売を行っている会社です。 従業員30人にも満たない小さな会社で「履かれる方が快適な毎日を過ごして頂けるように」と「総ゴムボトムス」に拘って製造し続けています。※フォロー基準あり