見出し画像

【写真素材】空気感フォト35(風景・桜・草木・春)

春、小田原城に満開の桜を見に行きました。

以前も書いたかもしれませんが、小田原は小さい頃から遊びに行っている思い出の街なのです。なぜか小田原城が好きだったらしい(笑)

桜の満開時期&休日に行ったのでめっちゃ混んでましたが、たまにはいいもんです。賑やかさを感じられたし、小田原おでんも食べられたし。

そうそう、小田原のはんぺん、歯ごたえあってめちゃウマ!これはオススメしたい。

敷地内を見渡すと、親子で「\(^o^)/」している人もいれば、お酒で「( 0w0)ノ ウェーイ」している人もたくさん。

とても「いい気」をもらえたと思います。

楽しむってほんと大事だよね。そんな空間を歩いているから桜を撮っていても楽しい僕。

小田原。あの頃から変わったところ、続いているところ。色々ありました。時の流れを感じます。

世の中に不変なものはない。
変化することが当たり前。

だから、一瞬一瞬がとても愛おしい。

と僕は感じられるようになりました。

今回はそういうのを思い出すきっかけの街、小田原の写真をお届けします。


【お知らせ】
この記事には6枚の写真素材が収録されています。写真はnoteやブログに載せるもOK、壁紙に設定するもOK、使い方は自由です。フリー素材も良いけれど、人と被りたくないという方に人気です。
「空気感フォト」は記事単体でもご購入いただけますが、月額購読の方がおトクとなっています。掲載しているサンプルをご覧の上、ぜひご活用ください。
写真データに関する約束事は「こちら」をご覧ください。


この続きをみるには

この続き: 377文字 / 画像6枚
記事を購入する

【写真素材】空気感フォト35(風景・桜・草木・春)

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんからサポートいただいものは、撮影のための移動費や美味しいご飯を食べるために使います。好循環です。

\(^o^)/
Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られ慣れてない方の笑顔、素敵な空気感をそぉっとすくい撮ってます。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

この記事が入っているマガジン

空気感フォト
空気感フォト
  • ¥1,000 / 月

空気感フォトグラファー花村貴史のロイヤリティフリー写真集。「自然や街並みの風景」「陶器などの小物」「スイーツや料理」など僕が「あ!」とハートで感じた写真をデータとしてお届けします。写真は長辺が「最大4000px程度」の「ふわっと明るい調子」が多め。 月額1000円でブログのアイキャッチやWebサイト、印刷物など自由にお使いください。1度購入したらずっと使ってもらってOK!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。