新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

2021年の仕事(2021/07/07更新)

適宜追記してゆきます。ウェブに配信された記事は多くがYahoo!ニュースにも配信されています。


【記事】スローニュース『逃げるが勝ち』6月15日公開
第6回『破獄』『ゴールデンカムイ』のモデルとなった昭和の脱獄王・白鳥由栄
最終回です。


【記事】高3男子「10人に1人」がSNSで性的嫌がらせを経験 被害までの3つのプロセスとは(2021年6月9日公開 文藝春秋digital)
連載「子どもが危ない」今回は桐生正幸先生にお話を伺いました。


【記事】千葉大生が女子中学生を2年間監禁… ムショ仲間が語る「寺内樺風」受刑者の異常性(デイリー新潮 6月7日公開)


【記事】月刊『潮』 6月5日発売
エッセイを書かせていただきました。コロナ下の取材についてです。


【記事】義理の娘に「性暴力か肉体的暴力」の二択迫り続けた鬼畜父の大罪(FRIDAYデジタル 2021年06月01日公開)


【記事】相談女性の下着姿を撮影で逮捕「正義感溢れる元警部」の黒い疑惑(FRIDAYデジタル 5月31日公開)


【記事】スローニュース『逃げるが勝ち』5月28日公開
第5回 富田林署逃走犯はいかに警察を出し抜き続けたか


【記事】新潮社『波』 5月27日発売
道尾秀介さんの新刊『雷神』発売のタイミングにて対談をさせてもらっております。まさか私の人生が道尾秀介さんとクロスするなんてそんなこと思ってもいませんでしたので本当に感動&緊張している間に対談が終わりました……『波』は小冊子ですが、対談はウェブでも読めます。

【記事】クロワッサン(マガジンハウス)2021年06月10日号(5/25発売)
中村すえこ『女子少年院の少女たち』について書かせていただきました。


【記事】第4回 自転車日本一周のフリを信じて助けてしまった人たち(2021.05.18 スローニュース連載『逃げるが勝ち 逃走犯たちの告白』)


【記事】池袋暴走事故 遺族が語る飯塚被告の「理解できない態度」(2021.5.18 FRIDAYデジタル)
松永拓也さん、関東交通犯罪遺族の会(あいの会)代表・小沢樹里さんにお話を聞かせていただきました。


【記事】新潮社における齋藤十一は90年代音楽シーンの小室哲哉か(2021.05.14 幻冬社plus)


【配信】高橋ユキのノンフィクションひそひそ話 第2回(2021.05.07)

【記事】茨城一家殺傷 容疑者が少年時の公判で語っていた攻撃衝動と性的衝動(2021.05.09 11:00  NEWSポストセブン)

【YouTube】小川泰平の事件考察室 ゲスト出演(GW)
元刑事の小川泰平さんのYouTubeチャンネル『小川泰平の事件考察室』GW特別企画にお招きいただきました。小川さんと私の接点はないのですが、実は夫が小川さんと仲良しのため今回の企画が実現しました……
【高橋ユキさん対談 ①】刑事裁判は人間ドラマの1ページ 【小川泰平の事件考察室】#70
【高橋ユキさん対談②】裁判傍聴・面会・取材で見える犯人たちの素顔と闇【小川泰平の事件考察室】#71
【高橋ユキさん対談③】元刑事に聞きたい!あの事件の裏側【小川泰平の事件考察室】#72

【記事】サイゾーウーマン連載『悪女の履歴書』(2021/5/3)
女性医師による毒饅頭事件です。
内縁の夫が「新たなる妻を迎えようとした」……傍聴に人々が殺到した、殺害未遂の女医の告白【神戸毒まんじゅう殺人事件:前編】
夫殺し未遂の女医が語った「男の宿命的な性」への憎しみ――女たちの同情を集めた公判【神戸毒まんじゅう殺人事件:後編】

【記事】5月3日 デイリー新潮
30年にわたり“わいせつ診療”を行った医師 法廷で語ったあり得ない“犯行動機”


・4月29日 弁護士ドットコムニュース
「裁判官は、彼の知的な問題をわかってるんですか」娘に性的暴行で起訴、被告人男性の周囲が抱くある懸念


・4月29日 FRIDAYデジタル
「杖2本生活」医者から忠告されても運転し続けた飯塚被告の言い分

・4月22日発売 小説現代 書評
さはらえりさん『ネット社会と闘う 〜ガラケー女と呼ばれて〜』について書かせていただきました。

・4月15日発売 週刊新潮 書評
小野一光さん『冷酷』について書かせていただきました。ウェブにも転載されております。


・4月9日 FRIDAYデジタル
「男児への性的虐待」常習男が公判で語ったヤバすぎる言い分

・4月8日 デイリー新潮
博多7億円金塊強奪犯から「事件の絵を描いた人物」と名指しされた男が逮捕されていた


・4月7日 配信イベント 非週刊女性ポパイ 第3号

・4月5日 FRIDAYデジタル
8人が重軽傷「原宿暴走犯」が実母に訴えていた被害妄想の発端

・3月27日 wezzy 取材+原稿
広島高2女子殺害事件、13年にわたり「毎日ゲームして、考えんように生活」していた犯人

・3月24日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
元マラソン女王・原裕美子が「万引き逮捕」の壮絶過去を明かす理由

・3月14日 配信イベント #ロイヤルホストを守る市民の会
Twitterで行っていた謎活動がイベントになってしまいました

・3月13日公開 弁護士ドットコムニュース 取材+原稿
「じゃ、やっちゃうか」「ww」保険金目当てで仲間を殺害、男たちのあまりに軽いノリ

・3月1日公開 まいどなニュース
Twitterでつぶやいた豆知識がネットニュースになってしまいました
ネットスラング、法廷にもキタ――!! 殺人事件で検察官が読み上げた「ww」

・3月11日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
父から性的虐待受けた女子に浴びせられた「ゆるしがたい質問」

・3月8日配信開始
羽根田治さん×高橋ユキさんトークイベント~ルポライター話のあれこれ~


・3月7日公開 文藝春秋digital 取材+原稿
連載『子どもが危ない!』3回目『「幼い女児は、親に言えないからバレない」わいせつ魔から届いた21通の手紙』


・3月4日公開 デイリー新潮 取材+原稿
首相官邸で“お茶出し”を巡って傷害事件が発生 裁判で明らかになった両者の言い分


・2月27日 ほぼ日の學校 にて『ネットのうわさ、現場の“真実”ー事件取材で見えたもの』という授業をさせていただきました。こちらは追って、ほぼ日のサイトから配信されるそうです
ご質問をいくつかいただきました(ありがとうございます)後日回答も別エントリにてアップいたします

・2月25日公開 SlowNews 取材+原稿 連載『逃げるが勝ち』1回目
24日にローンチしましたスローニュースにて、長編連載を始めさせていただきます。テーマは『逃走犯』です。

第1回 ゴーンも気づいていた「保釈逃亡」天国ニッポン

コロナ禍においてテーマを何にするかは相当悩み、それまで進めていたものを止めたりなど紆余曲折ありながら、最終的に、進めるテーマを逃走犯に決めました。
このスローニュースは、外部の編集者と組んで進める…というちょっと変わったスキームなんですが、書籍版ではなく、noteに掲載しているバージョンの『ルポ つけびの村』で大変お世話になりました、小学館の酒井裕玄さんと、再びご一緒させていただきます。

そして。〈スローニュースが調査報道に取り組むジャーナリストへ、 取材費用の支援などを行う「調査報道支援プログラム」〉。今回私はこのプログラムに参加しています。このたびはこのような機会をいただき本当にありがとうございます。


・2月23日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
実の娘に性交を強要した父に「懲役6年」判決の妥当性


・2月22日発売『小説現代』(講談社)隔月連載「書評現代」
 『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』(集英社)を紹介させていただきました。

・2月19日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
原宿暴走テロ 21歳男子を無差別殺人に向かわせた深刻な被害妄想


・2月17日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
「上尾のひょっこり男」が裁判で語った犯行のヤバイ動機


・2月7日公開 wezzy
じわり広がる「#ロイヤルホストを守る市民の会」。幸福かつ断片的な記憶を辿る/代表・高橋ユキ
のんびりtwitterで続けていた活動について書きました


・2月6日公開 文藝春秋digital 取材+原稿
連載:子どもが危ない!『「虫ついてるよ。取ってあげる」ーーわいせつ魔が“仲間”に教えた、おぞましい“手口”』


・1月31日公開 弁護士ドットコムニュース 取材+原稿
「娘を励ますために性交」小5から続いた性暴力 懲役6年判決の父、法廷での言い分


・1月29日 30日公開 cyzowoman 連載 悪女の履歴書
岡山・高齢女性詐欺師(前後編)


・1月30日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
28年前の「教師による性暴力」を告発した私が今伝えたいこと


・1月14日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
わいせつ動画を撮りためて鑑賞…ハレンチ医師のヤバイ言い訳


・1月12日公開 FRIDAYデジタル 取材+原稿
ワンオペ育児に絶望して悟った「つかれない家族」の極意
イラストレーター・コミックエッセイストのハラユキさんにインタビューさせていただきました



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
高橋ユキ。北九州市出身のフリーライター。『つけびの村』、『暴走老人・犯罪劇場』、『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』古くは『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』など https://tk84yuki.theletter.jp/ mailto:info@kasumikko.com