見出し画像

他人に信頼される人間関係のパターンを考察してみた

Boyaです!

僕は基本的に昔から人に好かれやすいです。

初対面でも「優しそう」「誠実そう」という印象を持たれやすく、

その雰囲気は体重100キロを超えてた時や生活保護受給中の自己嫌悪が強い時代でもコミュニケーションをすれば好感を持たれていました。

しかし、当然嫌われれることもあります。

すべての人に好感を持たれるわけではありません。

概ねそうなる時にパターンがあります。

また、悲しいことに興味を持たれないということもあります。

僕が相手に好かれやすい時、嫌われるとき、興味を持たれない時のそれぞれの共通点をこの記事をご購入いただいた方にお伝えしようと思います。

人間関係にお困りの方がご自身を振り返り、見直す際の参考にいただければと思います。

僕が13年間うつ病と向き合いながら、自身を内観してまとめた内容です。

それでは行ってみましょう!

更新履歴
Ver 1.0          2019/2/19        新規作成
Ver 1.1          2019/8/11        目次追加、構成変更、一部追記

この続きをみるには

この続き: 7,865文字

他人に信頼される人間関係のパターンを考察してみた

Boya

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートのほどよろしくお願い申し上げます。サポート費はより良いコンテンツの提供や今後の展開していきたいコンサルティング事業の費用に充てサービス向上を目指したいと考えております。

スキありがとうございます!非常に励みになります。
2
うつ病歴13年生活保護から大手企業の正社員へ完全復活したノウハウを発信|将来を諦めていないメンタル療養者を最短で復活させる|うつ予備軍の予防|障害者雇用希望の会社を支援|体重117㌔→70㌔成功|IT技術者15年|プログラミング歴10年|Excel自動化相談応じれます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。