見出し画像

産業医のサポートだけでは不十分

Boyaです!

今回は僕が鬱を発症した時についてご紹介したいと思います。どんな症状が出て当時会社はどのように対応してくださったのか。

大きい会社のためサポート体勢は充実していたが復帰することができなかった点について僕なりに体験したことをご紹介いたします。

それではいってみましょう!

鬱が発症した時の会社は大手企業でした。規模が大きいこともあり、産業医が存在する会社でした。

ありがたいことに僕が鬱を発症し診断名が明確になった時に、会社は即対応してくれました。

対応としては以下の通りです
・電車が乗れなくなったためプロジェクトから抜けられるよう即座に調整
・2ヶ月の休職
・産業医の面談
・福利厚生を生かしたカウンセリング

即座にプロジェクトリリース(業務から離脱)の手続きを対応し、休職をさせてくれました。2ヶ月の休職後も復帰を配慮したプロジェクトアサインなどを意識してくれました。

また、産業医と会話させてもらい、職場や会社への配慮をヒアリングしてもらったり、アドバイスしてもらったり手厚い対応をしてくれました。福利厚生で外部事業者のカウンセリングを受けられたのもありがたかったです。

そんな手厚いサポートがあっても僕は復職と休職を幾度となく繰り返してきました。結果、休職期間を超えてしまったため退職せざるを得なくなり退職いたしました。

ではそんな手厚いサポートがあったにも関わらずなぜ回復することができなかったのでしょうか。(僕が休職をしてた時期は今から10年前のため、今は当時とは異なっているのかもしれません)

僕が経験した休職者(精神障害発症者)への支援で足りなかったポイント
・業務以外の調整ができない
・個人の課題となる生活習慣を指導できない
・カウンセリングまではできない
・就労移行支援やデイケアなど福祉施設を案内することはない

当時産業医の存在は非常にありがたかったです。自分の状態を業務とは関係なく会社に伝えてくれる人がいるのは救われていたと思います。しかし、今思うと足りない部分は多いなと思います。産業医は客観的な立場であるものの、あくまで会社組織の一部であるため、治療というスタンスよりは復帰させるためにどうするかというスタンスが強かったように思います。

そのため、アドバイスも浅かったように思います。
例えば、「休職中生活のリズムには気をつけましょう」というポイントについても、その人の生活のリズムは現在どうなっているのかや食生活はどんななのかについては多少ヒアリングされますが、軽く指摘が入るだけです。生活のリズムをモニターするために、「生活リズムを毎週書き出してください」というようなことはしません。(ま、コストがかかるのでやらないのは当然です)

だからといって、休職中にリワークを通うようなことを勧めたりなどはありませんでした。

社会福祉制度の案内はない上に、休職が長くなっても障害者手帳や障害者年金の存在を知ることは在職中にありませんでした。

ここでポイントなのは社会福祉の情報が会社、病院においても提供されないことに不満をもってもしょうがないという理解が必要です。基本的に社会福祉制度についてはなかなメディアで紹介されないため、誰も知らないことが多いです。役所でたまたまその担当者が教えてくれたということが多いです。社会の仕組みが社会福祉制度に対してなかなか拡散されづらいということを理解しておきましょう。ただし、インターネットの普及で個人がそう言う情報を拡散しています。そういう個人の情報を上手くゲットできる必要があります。強い言い方をしてしまえば、今までその情報にたどり着くことのできなかった自分にこそ責任があるとも言えます。そのため、社会福祉制度に関連することは厚生労働省の公式ページを確認したり、個人のブログなどで情報がないかどうかなどご自身の状況に合わせた情報の取得を身に付けておく必要があると思います。

このスキルは障害者だからとか、体の調子が悪いからなど関係なく必要となる能力であり、残酷なまでに情報格差によって自分自身の状況の良し悪しに影響します。

話を元に戻すと、担当する産業医にもよると思いますが。産業医は細かくカウンセリングしてくれません。あくまで状態¥や状況をヒアリングして会社に休暇などの診断をするだけです。もし、産業医の段階で手厚いカウンセリングやワークなど治療をすることができれば離職する前の段階で復帰させることができるのかもしれません。しかし、大きな会社でも産業医は数人で対応しているため、そこまでの時間を割くことができません。時間も限られているため、治療は完全に主治医に一任されています。

しかし、主治医も心理士ではないため、本格的なカウンセリングを受けるとなると別途カウンセリングをお金を出して受けなければなりません。

ある知人が昔総務部長の役職に就いていて、社内で精神障害者となり休職者の手続きや復職支援などを担当していたそうです。その会社も産業医が常駐していたが、一度休職すると復帰することが難しく、離職してしまうことが多かったそうです。その方も実感として産業医だけではサポートしきれないということが実感しているそうです。

産業医がいることはありがたいです。必要な立場だと思います。しかし、産業医を用意しているから、休職しなければならないことが起きても安心と言うことはありません。産業医も立場上「それ以上はできない」ということがあると思います。そのためにも、調子が悪くなって療養している時間により情報を集めて分析することは忘れないでください。

結局のところ自分を助けることができるのは自分だけであり、他人は自分が目を向けて行動を起こした時に初めて助けてくれるものです。もしかしたら、偶然にも他人がありがたい情報をくれることもあるかもしれません。その時は感謝し、それを受け取れた自分を褒めてあげれば良いと思います。

今回も長文をご清覧頂き誠にありがとうございます。今回タメになったと思った方は「スキ」を押して頂けると励みになります。また、今後も投稿を読んでみたいという方はフォローしていただけると幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートのほどよろしくお願い申し上げます。サポート費はより良いコンテンツの提供や今後の展開していきたいコンサルティング事業の費用に充てサービス向上を目指したいと考えております。

スキありがとうございます!非常に励みになります。
6
うつ病発症→大手企業を離職→離婚・子供とも離別→生活保護へ。当時体重100キロ超えだった僕が見事に復活!現在はダイエットに成功、大手企業に障害者雇用で就労中、再婚を実現、会社初の正社員化に向けて評価中。これらの経験を発信し精神疾患者や障害者雇用をしたい企業に役立つ情報を提供したい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。