【オープンキャンパスレポート】春休み2022#1 メタバース編
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【オープンキャンパスレポート】春休み2022#1 メタバース編

こんにちは!
東京情報デザイン専門職大学(仮称・設置認可申請中)開設準備室です。

新学期が始まり、これからの1年、そしてその先の未来にワクワクしている方も多いのではないでしょうか。
私たちも、来年の4月、期待を胸を膨らませて門を叩く第1期生をお迎えできるよう、準備を進めてまいります。

さて、私たち開設準備室では、この春休み期間中にオープンキャンパスや学校説明会を複数回開催しました。これから何回かに分けて、その模様をこのnoteでご紹介いたします。

3月26日(土)にお迎えしたのは、株式会社SpiralMind 代表取締役の鎌田 卓先生。

今回のテーマは「メタバース」。
最近ではfacebook社が社名をMetaに変更したことから、この言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、まだよくわからないという方も多いはず。
実際の調査でもまだ1割未満の認知度、また「メタバース」という概念の定義も幅広いため、これから多くの可能性を秘めている分野です。

画像5

鎌田先生は「メタバース」とは「人間らしさを活かしたデジタル社会」であると語ります。

実際の例として、バーチャルオフィス、リモートでのバスガイドサービス、人気歌手グループのファンクラブなどをご紹介いただきました。
どの事例も、デジタル技術を活用し、デジタル上でのやりとりになるものの、”リアルな”相互コミュニケーション、”リアルタイム”での交流が生まれています。

画像1

メタバースの歴史を紐解くと、技術的には約30年ほど前。その歴史の端緒としてご紹介いただいたのが、"Habitat"。
これは、1986年にはスターウォーズシリーズで有名なLucas Filmの、Lucas Film Gamesが発表したもので、オンライン上でアバターを使って交流するゲームで、メタバース、仮想空間の元祖として知られているそうです。

そこから、いくつかのブーム、流行り廃りがあり、現在に繋がっているとのこと。
そして特に現在は、コロナ禍によるリモート中心の生活から生じる精神的不安から、双方向性、リアルタイム性を活かしたメタバースの活用に注目を浴びています。

画像3

最後に、「メタバース」の本来の意味について、次のように語っていらっしゃいました。
それは、「仮想(ニセモノ)」ではなく、「日常的に、本質的、実質的な価値を提供する世界である」ということ。
そうした世界を構築するためには、技術者は単に高度な技術を持っているのだけはなく、多様な価値観、幅広い視点から考えるスキルも身につけておくべき、と、この授業を結びました。

画像2

******************************

☆今後のオープンキャンパス情報はこちらから!

☆4月~5月のオープンキャンパス&学校説明会ラインナップ

4~5月DM

☆資料請求はこちら!

※現在認可申請中のため、設置計画は予定であり内容に変更の可能性があります。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
東京情報デザイン専門職大学(仮称・設置認可申請中)
学校法人滋慶学園が2023年4月の開学を目指し専門職大学の設置を申請中。 江戸川区初の4年制大学が小松川地区に校舎建設予定。 情報工学系の学部で『情報とテクノロジーで豊かな創造力を学ぶ大学』 (現在 認可申請中の為、掲載情報が変更する場合がございます。)