マガジンのカバー画像

ニューQ - 哲学カルチャーマガジン

19
新しい問いを考える哲学カルチャーマガジン、ニューQのnoteです。創刊号は2018/12/20頃より書店にて販売開始予定です。
運営しているクリエイター

記事一覧

『ニューQ』書店イベントのお知らせ

新しい問いを探す哲学カルチャーマガジン『ニューQ Issue03 名付けようのない戦い号』刊行にと…

11か月前

哲学カルチャーマガジン「ニューQ Issue03 名付けようのない戦い号」本日発…

新しい問いを探す哲学カルチャーマガジン『ニューQ』のIssue03がついに完成です。 創刊号を「…

セオ商事の営業日誌 〜 考えることから疎外されることの哲学 : 『フィルカル』Vol.5 N…

分析哲学の専門雑誌『フィルカル』Vol.5 No.3の特集「哲学のニーズ」に寄稿させていただきまし…

哲学カルチャーマガジン「ニューQ」エレガンス号を刊行しました。本日より全国書店に…

ついに完成しました!その名も『ニューQ Issue02 エレガンス号』。 前号の次回予告で「2019年…

社会が見える英単語 by Lena Morita

「多様性」にまつわる英語圏のキーワードを取り上げながら、日本ではあまり馴染みのない概念を…

哲学お悩み相談室 「映画の観方がわからない」 by 持地秀紀

Q. 映画の観方がわかりません 映画を観るとその映画について語りたい気持ちになりますが、なか…

名盤はいつまでも名盤? 書き換えられ続けるジャズ史 by 柳樂光隆

僕はここ20年ほど、ジャズを中心に音楽を聴いている。それなりの期間、それなりの量を聴いてきた中で、その音楽の価値や意味については度々考える。価値は普遍なのか、その価値は揺らがないのか、つまり、名盤はいつまでも名盤なのかのようなこと、についてだ。 ジャズという音楽に関して言えば、ジャズ史における偉大な巨人がいて、彼らが作った絶対的な名盤があり、それに沿って聴かれているというイメージを持つ人も多い。つまりルイ・アームストロングがいて、チャーリー・パーカーがいて、マイルス・デイビ

スキ
80

物語で問うということ 小説家・平野啓一郎さんインタビュー(後編) 哲学カルチャーマ…

前編に引き続き、平野啓一郎さんへのインタビューをお届けします。後編では、「愛にとって、過…

物語で問うということ 小説家・平野啓一郎さんインタビュー(前編) 哲学カルチャーマ…

ニューQの巻頭インタビューでは、哲学の専門家でなくとも「哲学している人」が実践している問…

寺田俊郎先生と考える「哲学する」ってどういうこと?(後編) 哲学カルチャーマガジ…

前編に引き続き、寺田俊郎先生とニューQ編集部の対談をお届けします。後編では、"どうでもいい…

寺田俊郎先生と考える「哲学する」ってどういうこと?(前編) 哲学カルチャーマガジ…

近頃「哲学」がブームになりつつあります。書店の話題本コーナーには、哲学関係の本が数多く…

創刊によせて 哲学カルチャーマガジン『ニューQ』 発売中!

新しく雑誌を作ろうと思うんだ   良いアイデアだね!   それは紙の雑誌?   それとも…

ニューQ Issue01 新しい問い号(創刊号)、Amazonでも販売開始となり…

おかげさまで多くの注文をいただきまして、Amazonでも販売開始となりました。書店で見つけられ…

哲学カルチャーマガジン「ニューQ」を創刊しました。本日より全国書店にて順次発売!

いきなりですが雑誌を作りました! タイトルは「ニューQ」。"新しい問いを探す哲学カルチャーマガジン"というものです。12/20より代官山蔦屋、Shibuya Publishing(SPBS)はじめ、全国の書店で(流通の関係上じょじょに...)発売の予定です。 内容なのですが 「答え」より「問い」の方が面白い? ということをテーマに創刊号(新しい問い号)では、小説家の平野啓一郎さんのインタビューをはじめ、どのように「問い」を立て、考えていくべきか?ということを探求してい

スキ
34