THE MAGRITTE Museum

19

ルネ・マグリットの妻、ジョルジェット・ベルジェ



▲妻ジョルジェットとルネ・マグリット
結婚10日前の写真

1913年、ジョルジェット(当時12歳)とルネ・マグリット(当時15歳)は、シャルルロアの見本市の回転木馬で出会います。

7年の歳月を経て1920年1月、ジョルジェットとルネ・マグリットは、ブリュッセルで偶然再会するのです。まさに運命の再会ですね。

そして、1922年6月28日、ブリュッセルのサン・ジョス・テン・ノードの教会で結婚

もっとみる
スキありがとうございます💓
5

ベルギー王立マグリット美術館 公認解説者 森耕冶 氏

マグリット、光と影に隠された素顔

前回、ザ マグリットはなぜマグリットなのか?というタイトルで、
「ザ マグリット」と「ルネ・マグリット」について述べさせていただきました。

今回はその中で、
「ザ マグリット」と「ルネ・マグリット」と関わりのある森 耕冶 先生について紹介させていただきます。

▼ 京都出身、美術史家。マグリット美術館が併設されているベルギー王立美術館公認解説者。ポール・デルヴ

もっとみる
嬉しいです♬
8

THE MAGRITTE Museum vol.15『帰還』ルネ・マグリット



1940年 キャンバスに油彩 50×65cm
Bruxelles, Musee Magritte Museum

星の光る夜空に真昼間の青空をくり抜いたような、翼を広げたハトが三つの卵がある巣に戻ってきます。夜と昼間の組み合わせという点では後の『光の帝国』を彷彿とさせますが、ここでより肝心な点は、この絵が制作されたいきさつです。

1940年5月10日に、ドイツ軍はベルギーに宣戦布告なしに進入

もっとみる
いつもありがとうございます⭐
5

THE MAGRITTE Museum vol.14『光の帝国』ルネ・マグリット



弊社マグリットの空間づくりをはじめとする、料理を含むすべての商品づくりは、この『光の帝国』をヒントにしています。
光の帝国は、全27作品あり、最初の光の帝国はマグリットが51歳(1949年)のときに描かれました。『光の帝国』は、シュル・レアリストの仲間、ポール・ヌジュによって命名されました。
一見普通の絵に見えるかもしれませんが、半分から上は青空が広がった『昼』、半分から下は街灯(がいとう)が

もっとみる
スキありがとうございます⭐
3

THE MAGRITTE Museum vol.13『人間の条件』ルネ・マグリット

タイトル写真/THE MAGRITTE 5Fクラブモーガンロビー

                               ▲ 1933年 キャンバスに油彩 100×81cm
                               Washington, National Gallery of Art

マグリットが最も一般的に使用した手法の一つが、その背後にあるものを非表示にするため

もっとみる
スキありがとうございます💓
2

THE MAGRITTE Museum vol.12『コッペリア』



                                                  コッペリア

2020年7月、新たに、ザ マグリットの式場 “MANHATTAN WAVE GRAND CROSS” に設置したシャンデリア。

コッペリアは最新のLED技術を用いたシャンデリアの新しいカタチです。軸を中心に放射状に伸びるアーム、その先端で灯る光源。クラシックなシャンデリアの定義

もっとみる
嬉しいです♬
5

THE MAGRITTE Museum vol.11『白紙委任状』ルネ・マグリット



▲ 1965年 キャンバスに油彩 81.3×65.1cm
Washington, National Gallery of Art

『白紙委任状』は1965年にルネ・マグリットによって制作された油彩作品。

1930年以降のマグリットの絵画でよく現れるようになったのが「だまし絵」と「哲学性」ですが、その代表的な作品。

描かれている馬は分割されてしまっており、その断片はあいまいに配置されていま

もっとみる
スキありがとうございます💓
6

THE MAGRITTE Museum vol.10『カッシーナ・キャブ』

ザ マグリットにある、こだわりの家具たち

ザ マグリットの館内には、世界でも著名なデザイナーデザインされた
こだわりの家具があります。

なかには、MoMA(ニューヨーク近代美術館)収蔵作品が、さりげなくロビーの椅子として、またはライトとして設置しています。

私たちのこだわりの家具をデザイナーのご紹介を兼ねて解説させていただきます。

マリオ・ベリーニ(出身/イタリア・ミラノ)

1935年イ

もっとみる
いつもありがとうございます⭐
5

THE MAGRITTE Museum vol.9『バルセロナチェア』

ザ マグリットにある、こだわりの家具たち

ザ マグリットの館内には、世界でも著名なデザイナーデザインされた
こだわりの家具があります。

なかには、MoMA(ニューヨーク近代美術館)収蔵作品が、さりげなくロビーの椅子として、またはライトとして設置しています。

私たちのこだわりの家具をデザイナーのご紹介を兼ねて解説させていただだきます。

ミース・ファン・デル・ローエ/ドイツ

バルセロナチェア

もっとみる
嬉しいです♬
7

THE MAGRITTE Museum vol.8『空の鳥』ルネ・マグリット

この作品は王立サベナ国際航空からの依頼でルネ・マグリットが作成した作品です。この鳥はハトという美術史家もいれば、ブリュッセルでよく見られる“カササギ”ではないかという説もあります。

▲カササギ

一時は王立サベナ国際航空のシンボルマークとして実際に翼に描かれ空を飛んでいました。また、その他の広告媒体にも使用されたために、私たちの目には馴染みのある作品です。

マグリットの得意のモチーフ、青空と白

もっとみる
嬉しいです♬
9