見出し画像

写真館がJ2クラブ「水戸ホーリホック」へ出資!?

弊社㈱小野写真館が、株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック(現J2クラブ)に出資させて頂きました。

弊社は今現在、水戸ホーリーホックのゴールドパートナーでもありますが、今後もゴールドパートナーは継続した上で、

今回9月末の第三者割当増資の一部を引き受け、株式の一部を取得させて頂きました。

水戸ホーリーホックのプレスリリース↓

弊社からのプレスリリース↓


①なぜ写真館がJリーグチームへ出資?
②CX(コーポレートトランスフォーメーション)
③小野写真館3.0
④小野写真館と水戸ホーリーホックの目指す先
⑤サッカーは世界に通じる
⑥ジャイアントキリングが私達の歴史
⑦両社共にまだ何も成し遂げていない
⑧私が水戸ホーリーホックに貢献出来る事
⑨今までの小野写真館グループ×水戸ホーリーホックの取組
⑩最後に


①なぜ写真館がJリーグチームへ出資?

弊社は「フォトスタジオ」「ブライダル事業」「振袖レンタル事業」を行う、茨城県に本社を構える会社です。

小野写真館グループ↓

コロナで世の中が激変しました。私達は実際何者なんだろうか?と深く問いてみた時に、私達は「写真館」ではなく、「感動体験」を生み出す会社なんだと再認識しました。

そしてコロナ禍の4月5月、後述する「CX」「小野写真館3.0」と向き合うタイミングで、先方より第三者割当増資の話を頂き、今回の出資は小野写真館グループの「未来」に不可欠と判断し、出資に至りました。


②CX(コーポレートトランスフォーメーション)

コロナにより、弊社は莫大な損失を被りました。特にブライダルの披露宴部門は深刻で、CXで会社をゼロから再構築する事に決めました。

私達の既存事業は「ブライダル事業」「振袖&袴レンタル事業」「フォトスタジオ事業」ですが、小野グループは写真屋でも、ブライダル屋でも、衣装レンタル屋でもなく、「感動体験」創出業に昇華していく事を決断。

感度体験創出業に会社をゼロから創り変える事が「CX(コーポレートトランスフォーメーション)」です。

「CX」は、コロナ禍で一番悩みまくって時に、経営共創基盤の冨山和彦社長の下記の考えを拝見させて頂き、著書を読み、まさしく今こそ「CX」のタイミングだと悟りました。

先日「CX」の第一弾で、弊社の「露天風呂付き高級旅館」のM&Aを発表しましたが、「水戸ホーリーホック」への出資は「CX」第二弾です。

下記が「CX」第一弾!10月1日に正式に、高級温泉旅館を取得しました↓

下記のnoteに詳細を書いています↓


③小野写真館3.0

小野写真館3.0については、下記に詳細があります。今年の正月に次なる10年のための指針を打ち出しました。

つまりは、ビフォーコロナから、10年後に「結婚式」「成人式」「七五三」がなくなる未来を想定していましたが、

コロナによる社会変動により、10年も待てませんよ、、、w

1年で一気に会社変革(CX)をやりきり、「小野写真館3.0」を実行ベースに移すという概念です。

元々私が10年後見ていた未来は、方向性自体は何も変わらない。ただ、10年でなくて、1年でやる!ただそれだけ!

スポーツビジネスへの進出は、まさしく「小野写真館3.0」のビジョンに合致します。


④小野写真館と水戸ホーリーホックの目指す先

小野写真館のビジョンは、
世界に「笑顔」「感動」「幸せ」を連鎖させる。

水戸ホーリーホックのビジョンは、

「水戸ホーリーホックは、夢と感動と一体感の共有に向けて、地域に根ざし、地域と歩み、地域に貢献し、地域と共に発展します。」

弊社とホーリーホックは、行っている事業は異なっても、地域社会に「感動体験」を創出する、という意味では、企業としての存在意義は全く同じだと判断しています。

私と水戸ホーリーホック小島社長との対談記事↓

実は小島とは高校時代の同級生w

下記は、弊社が水戸ホーリーホックのゴールドパートナーになった際の経緯をnoteに記載したものです↓



⑤サッカーは世界に通じる

弊社は「世界」というキーワードが経営理念に入っています。以前私はベトナムでの事業展開を仕掛けましたが、道半ばで挫折した経緯があります。

弊社の経営理念(ビジョン)↓

世界に「笑顔」「幸せ」「感動」を連鎖させる

サッカーというスポーツの一番の魅力は、具体的に世界No1を目指せるという事です。

J1で4位以内に入れば↓
アジアチャンピオンズリーグ(ACL)進出↓
ACLで4位以内↓
クラブワールドカップ進出!!

水戸にレアルマドリードやバルセロナ、マンチェスター・シティなどの、スーパースター軍団を呼べる可能性はゼロではないです。

今回の水戸ホーリーホックへの出資での、一部経営参加によって、小野写真館グループは、水戸ホーリーホックと共に「世界」を目指すことが出来るのです

まぁ今こんな事を言ってもビックマウスと言われると思いますが、結構本気ですw



⑥ジャイアントキリングが私達の歴史

弊社は1店舗写真屋から15年で売上10倍、20店舗まで成長してきた歴史があります。

そもそも単なる茨城県ひたちなか市の写真屋が、資本が必要なブライダル事業や、振袖事業に進出し、成長してきた歴史があります。

そして水戸ホーリーホックこそ「ジャイアントキリング」を今現在実行しているチームです。

ホーリーホックの現在の売上規模は約「7億」。。

J2チームの平均予算は「16億」。J1にいけば「30億」が必須になる。

ホーリーホックは、現在J1&J2リーグ全チーム中でほぼ最下位の売上額で、そもそもJ3に今までも落ちずに、昨年プレーオフ争いをしている事こそが「奇跡」とも言えるチームです。

だからこそ、、、

弊社と水戸ホーリーホックは、ジャイアントキリングで共に、地域社会を、世の中を変えていける存在を目指します。

私にとっても「ジャイアントキリング」は、自分の生き方であり、個人的に一番ワクワクする挑戦ですw


⑦両社共にまだ何も成し遂げていない

弊社小野写真館グループは、世界に「笑顔」「幸せ」「感動」を連鎖させる!というビジョンを描いていますが、、

まだまだ何も成し遂げていなく、、、道半ば、、、

そして、水戸ホーリーホックもまだJ2であり、J1という大きな目標をまだ達成出来ていません。

つまり私達は、まだ何も成し遂げていない同士です。だからこそ、共に目標に向かって突き進んでいきたいと思っています。


⑧私が水戸ホーリーホックに貢献出来る事

弊社が株主になることで、一部会社経営に関われるのですが、私自身は1店舗の家業を引き継いで、15年で年商10倍にスケールしてきた実績もあり、

今水戸ホーリーホックに求められる事は、正論ではなく、経営面で言えば事業規模のスケールだと考えています。

今ホーリーホックには、若くて優秀の30代前半のメンバーがどんどんジョインしてきており、さらにクラブに優秀なメンバーが集まり、夢を叶えていく体制が必要です。

そのために大事なのは、やっぱり事業規模なんです。

やはり今の事業規模7億では、J1を目指すには厳しく、そもそもJ2維持でさえも困難な売上規模です。

やはり具体的に「10億」「15億」規模に引き上げ、その先の「30億」を目指すためにも、可能な限りの事業スケールに少しでも力になれればと考えます。

又、私は元々金融出身であり、その知見を活かし、

資金調達や管理会計はもちろん、前社長の沼田氏が掲げたスタジアム構想は、とにかくあらゆる手段での資金調達の可能性を探る必要性も高く、そこでも力になれればと考えています。


⑨今までの小野写真館グループ×水戸ホーリーホックの取組

弊社のブランドでもある「二十歳振袖館Az」が、水戸ホーリーホックとコラボし、前代未聞の取組を行いました。

二十歳振袖館Az↓


トップチーム選手に、AZの袴を着用頂き冊子を作成しました。この取組は、大きく拡散されました。


大変ありがたい事に、この取組はJリーグ公式twitterでもシェア頂きました。

モデル出演頂いたのは下記の選手です。協力に感謝です。

住吉ジェラニレショーン選手/前嶋 洋太選手/山田 康太選手/山谷 侑士選手/深堀 隼平選手/平田 海斗選手/松崎 快選手/大原 彰輝選手

実は上記以外にも今年は、スタジアム内での結婚式プロデュースも行う予定だったんです。。。

水戸ホーリーホックに深く関係のある、リアルカップルが本当の挙式をスタジアムで挙げ、今後挙式プランを立ち上げていく計画もありました。

又、インスタグラムでの写真コンテストなども行いましたよ〜。

結婚式プロデュースは来期実現したいですが、今後も数々の取組をしていきます。

さらに元々ホーリーホックの選手で、弊社のお客様もいらっしゃり、今回ある選手は、この「Men's二十歳図鑑」をきっかけに、お母様から連絡を頂き、弊社のcocoa横浜港南店家族写真を撮影頂く事になりました!


いや〜〜嬉しい!!!


⑩最後に

現水戸ホーリーホックの社長は、茨城高校時代の同級生です。

様々な縁が繋がり、出資に至りましたが、高校時代は自由な校風で、、、

でも高校時代であのレベルの「自己責任」という意味を知り、今に至った事は、自分の人生にとって全ての根本になってます。

私は数年前に、茨城高校の学園祭に地元の起業家として、講演に呼ばれましたが、、、当時の素行が影響したのか、、、w

公演直前になんと、、、、キャンセルされるという屈辱(今ではネタw)を受けました。

当時の学校はあまりにも自由すぎて、私達の代を機に、茨城高校は男女共学に代わり、完全なる中高一環教育に変化し、今では非常に素晴らしい学校に変わり、、、

私の次男も同じ学校に通っています(笑)

茨城高校の先生見ていますか?

今水戸ホーリーホックのスポンサーを務める会社の代表者3名は、私の同級生です。

トップカンパニーのケーズデンキ社長も茨城高校出身です。

高校時代に迷惑かけたかもしれないですが、私達が水戸ホーリーホックを、地域の誇れる存在に昇華させ、将来水戸から世界を狙えるチームを創り、より地域社会に貢献していきます。

茨城出身である事に誇りを持って、地元に「感動体験」生み出し、世界を目指します!

そしてコロナ禍で、不要不急の代表格として「スポーツ」は存在した。

もちろん、ただ生きるだけが目的であれば、衣食住が叶えば、人間は「スポーツ」がなくても、、、なんとか生きていける。

良い悪いを別にして、その事は、このコロナ騒動で全世界が理解してしまった?

でも筋書きのないスポーツの感動なく、人生を有意義に過ごせますか?

僕は絶対に無理です。

やっぱりオリンピックも、プロ野球も、Jリーグも、Bリーグも、大リーグも、NBAも、NFLも、欧州サッカーも、F1も、もちろん他のスポーツ全てが、

私だけでなく、全人類にとって「希望」であり、人が生きていくための「活力」になって、何よりも最高の「感動」を与えてくれるのが、まさしくスポーツ!

僕はこのコロナで「スポーツ」から産み出す「感動体験」の価値は、さらに引き上がったと考えています。

それは弊社の中核ビジネスでもある「結婚式」「成人式」「写真撮影」も同じです。

やっぱり「不要不急」こそが、全人類にとって必要で、コロナは「不要不急」が人間とって何よりも大切である事を、私達に教えてくれたんだと思ってる。

だから、私たち小野写真館グループが「スポーツビジネス」に一定割合関われるのは何よりも嬉しいし、意義があると信じてる。

やっぱり叶えるにはマジで無謀すぎる「夢」あってこそ、人生は楽しいっす!w

僕にとっても「夢」×「ビジネス」って本当にやばいレベルでワクワクするんですよね〜〜笑


株式会社小野写真館

代表取締役 小野哲人










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
28
小野写真館代表。茨城、東京、横浜、川崎、柏で、フォトスタジオ事業、ブライダル事業、振袖レンタル事業を運営。茨城美少女図鑑プロデュース。水戸ホーリーホックゴールパートナー。カジノ/ラスベガス/ブラックジャック/サウナ/キングダム/ワンピース
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。