見出し画像

新入社員でも本質が分かる!頼りになる製造業の品質保証部の在り方

このnoteは、複数の製造企業で製品開発を10年以上、その後に品質保証部で約10年を過ごしている現役品証部員の筆者が目指している品質保証部の在り方についてまとめたものです。

・品質保証の仕事はどういうものか
・品質保証部はどうあるべきか
・品質保証部は組織内でどう動けばいいか

もちろん製造業に限らず、日々想いを巡らせている方々に読んでもらいたいです。


疲弊している製造業の品質保証部員にやりがいをもってもらいたいし、もっと光が当たってほしい!

そして、誇りをもって品質保証の仕事をしてほしい

このnoteをしっかり熟読してもらえると、品質保証の仕事の本質が見えてきます。

そしてその結果、製造業やサービス業で品質向上をモットーに働くあなたの進むべき道がイメージでき、今以上に充実した仕事ができるようになることを目指しています。

画像9

このnoteを読んで下さった方の感想をご紹介します。

興味深く拝読させて頂きました。

とてもわかりやすくまとめられており、品質保証のそもそも論から整理したいと考えている我々には、まさにピッタリの内容だと感じました。

(食品メーカー 品質保証部門長)

0.はじめに

品質保証部は社内の品質を守る「警察官」(本物は日本国民の安心安全を守る)と考えると、これから述べることが理解いただきやすいと思います。

そして今以上に、責任ある仕事と分かっていただけたら幸いです。

これまで複数社での設計開発業務経験、取引先との品質に関する対応で見えてきた品質保証部の現実について簡単に触れます。


【疲弊している製造業の品質保証部の状況】

•製造コスト削減、短納期対応により量産までに品質が作りこまれず、不具合が絶えない

•市場、社内での不具合原因調査と対策報告書の対応に追われ疲弊している

•最低限の流出防止のため、製造工程に品質保証部が入り製品の検査を実施している

不良の山


あなたの会社でも、設計品質・製造品質が安定しないまま量産継続し、不具合とクレームの山で対応に辟易としていませんか?

製造部は「製造コストを下げた」、設計開発部門は「新規製品を量産化した」という分かりやすい成果で評価されます。

一方で、

品質保証部門は「不具合を出さないのが当たり前」という厳しい評価尺度になりがちで、「達成感」が得られにくく、モチベーションも上がりにくい

というのが現状です。

褒められることもほぼありません。

特に昨今の製造業の現実は、低コストで短納期という指標が重視される傾向にあり、品質が後回しになっているという声もよく聞きます。

そのような企業の品質保証部は、社内での発言力も弱く、妥協を重ねて低品質の製品を世に送り出し、クレーム対応にあけくれて消耗しているのではないでしょうか?

そんなのでいいんですか!品質保証部よ!


いや、良いくないです。

こんなことを繰り返していては長期的には市場からの信頼を失い、価格の安い海外競合にシェアを取られるなど経営に悪影響を及ぼしてしまいます。

社内の文書管理や効果があるのかよく分からないISO監査の事務局対応ばかりやってる場合じゃないのです。

社内の品質にかかわる「警察官」として、社会のために誇りある仕事をしなければなりません。

もしあなたにお子さんがおられたら、胸を張って言ってもらいたいのです。

「お父さん(お母さん)は、会社の中の警察官として働いているんだよ」

と。

1.品質保証部の仕事とは

筆者は、組織の中で品質保証部が存在しなくていいレベルになることが理想と思っています。

なぜなら、品質保証部門以外の組織が全社で共有した品質意識をもって、自律して活動できれば最終的に品質保証部は不要だと考えるからです。

世の中の犯罪が無くなれば多くの警察官が不要となり、国民の税金をもっと必要なところに配分できれば、国民の暮らしがもっと豊かになると信じています。

それは企業でも同じことで、品質保証部への人件費を新たな価値を創造する事業に配分できれば、人材の有効活用や将来への投資がしやすくなるでしょう。

しかし、残念ながら現実は簡単ではありません。

社会に犯罪が無くならないため警察が必要なように、第三者として各部門を見守り、時には毅然と道を正す品質保証部を必要とする組織が多いのが現実です。

組織は、不完全な存在であるヒトで構成されます。

怠ける

ヒトはミスもしますし、間違いも犯します。
心を持たないロボットではないから当然のこと。

そんなヒトの集まりの秩序を守りながら、発展させていく役割と捉えてもいいでしょう。

警察官同様、品質保証部門は嫌われ役になる場合もあり、進んでやりたくない人もいるかもしれません。

そんな時は視点を変えてみてください。

品質保証部は、『自分の仕事が無くなること』を目標に仕事をしてもらえれば、自分の仕事の価値を感じやすいと考えます。

画像10

理想に向かってしっかりとした品質保証の仕事を行うには、まず、品質保証部に求められる役割を具体的にイメージできる必要があります。

頭の中でイメージできないことは、実現することができませんからね。

これ以降で、品質保証の仕事をどう考えて、どう行動すべきかを具体的に述べていきます。


1-1. 品質を保証するってどういうこと?

「品質を保証すること」とは、市場から要求され、それに向かって自社が狙った製品(またはサービス)の品質が適当であることを請け合うことです。

請け合う(うけあう)

1. 責任を持って担当すること。
「納期を―」「依頼を―」
2. 物事や品質が確実なものであると保証すること。

出典:国語辞典オンライン

もう少し分かりやすく言えば、

「設計開発部門が設計した製品構造」や、「製造部門が製造工程で製造した製品」が、狙う要求品質に対して確かなものであるとお墨付きを与えることです。

品質保証

お墨付きを与えるからには、当然その責任を負わなければなりません。

品質保証部は、不具合調査や検査をするだけの部門ではありません。

品質トラブルによって市場を含む下流の工程で不要なコストをかけなくて済むように、上流でしっかり品質を確保できるよう関連部門を「導く」のが本来の役割です。

お客様に対してはクレーム窓口として動きますが、社内に対しては専門的知識を持った責任部門に調査と対策をさせる立場にあります。

品質保証部は、基本的には技術的な見識を持ってないのですから、餅は餅屋に頼むのが一番です。

もちろん技術的な見識を持っておくことは良いことですが、それ自体は品質保証部本来の仕事ではないと考えます。


1-2.そもそも「品質」って何?

皆さんが日ごろよく使っている「品質」という言葉は、具体的にはどういうものか考えたことがあるでしょうか?

お客様にとっての「品質」とは、

お客様の欲求(ニーズ)を満たしてくれるモノやサービスの質

という漠然としたものですが、それは間違いではないと思います。

お客様個々によって細かいニーズが異なるので、具体的に一般化することは難しいでしょう。

よって、各企業の製品やサービスには自社で制定したお客様のニーズをある程度満たすような品質基準(ルール)が存在しています。

一方で、製品やサービスを作り出す側の企業の内部においては、各部門によって求められる品質がある程度決まってきます。

品質保証部門の仕事は、各部門が作り出す価値の品質とは何かを十分理解し、それぞれの役割を全うさせることが本質なのです。


1-3.各部門が意識すべき品質とは

ここでは「製造部門」と「設計開発部門」を例にとって、それぞれの部門の「品質」を定義したいと思います。

この続きをみるには

この続き: 36,209文字 / 画像7枚

新入社員でも本質が分かる!頼りになる製造業の品質保証部の在り方

てるまえ

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
製造業で開発、品質保証の仕事を20年以上続けているエンジニア。 記事投稿のメインは僕が運営する雑記ブログです。 仕事に役立つ情報、パソコン関連、アウトドア、僕が経験したメンタル疾患などの幅広いジャンルで投稿しています。 https://life-notenki.com