見出し画像

暗黒メモ「心の清いリベラルな夢」

 夏休みがはじまった。みんなで「楽しい夏休み」を盛り上げていこう微力ながら、そのお手伝いができるよう、。私も全力を尽くす所存だ。さっそくはじめていこう。

この続きをみるには

この続き: 4,362文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。毎月2回ほど配信される単品有料記事もすべてアーカイブされます。さらに月ごとに特典をたくさんご用意しております。

月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。その他「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ&シェアで、ネタ切れの恐怖と戦いながら更新する饅頭先生を応援しよう
351
インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。

こちらでもピックアップされています

白饅頭日誌(月額課金マガジン)
白饅頭日誌(月額課金マガジン)
  • ¥1,000 / 月

月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。その他「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。月ごとの購読者限定特典記事、楽曲(ダウンロード可)、Vtuber動画、イベントの先行告知などがアップされるお得なオールインワンパッケージです。

コメント (44)
「リプロダクティブ・ライツ」、所謂「繁殖権」を女性に独占させ、本能に任せた「獣の自由」を放置すれば、共同体の維持が困難になるのは、現実に女権制社会が存続してないことから、進化論の観点からすると、「適応度が低い共同体」ということかと。それと、人口増加だけでなく、安定志向の女性がトップだと、技術開発とかも停滞すると予想されるかと。
「リベラル・アーツ」に「自由と平等と友愛」なんて高尚なものが、そもそもありましたかね?
元々自由民と非自由民(奴隷)が別れていた時代に作られた『教養』で、近代になっても「大学に行くような階級に求められた基礎教養」に過ぎないでしょう?いわば「下層階級民を思い通りに動かすための教養」という感覚しか無いんですがね……
人口の再生産に寄与出来なかった、そしてこれからもその当ては多分無い私には耳の痛い話でもあります。
家父長制の求める、そして実際に父から求められた「早く結婚し子を成し家を継げ」という要求を「自由」を盾にのらりくらりと交わしてきたツケですね。
さりとてそういう「自由」が無い社会の息苦しさ(生き苦しさ)の中では自分はここまで生きてこれただろうかと言う思いもあります。
「自由」と「権利」と「人口再生産」を両立させるには「AIによる強制マッチング」とか「人工子宮や育児AI、ロボットによる生殖、育児の機械化」みたいなディストピアSFな解決法しか思い付きません。
アメリカ軍の日本人捕虜収容所の様子が書かれた「虜人日記」という本では
各々の日本人が自由に過ごしてるうちに、段々と暴力団に主導権を握られて収容所がリンチ地獄になるという様子が描かれていました。
秩序が確立してない状態での自由というのは恐ろしいものです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。