見出し画像

白饅頭日誌:1月13日「善人への報い」

 ある「善い行い」をした者がいたら、いつになるにせよ、またその程度はいかなるものにせよ、その者は褒められたり、いざというときは周囲から助けられたりして、いずれ相応の報いを受けとるべきだ。

この続きをみるには

この続き: 4,438文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。毎月2回ほど配信される単品有料記事もすべてアーカイブされます。さらに月ごとに特典をたくさんご用意しております。

月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。その他「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
D A R K  N O T E
443
インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。