見出し画像

白饅頭日誌:5月24日「キモチップが描き出す『快適化する社会』のジレンマ」

 2015年3月に発売された文具「キモチップ(KIMO TIP)」が、なぜか2019年5月に炎上した件についての話だ。

 そもそものところ、別に悪さをしたわけでもなんでもないものですら、なんでも「ただしさ」で焼こうとする最近の風潮そのものに危険性を感じているのだが、この文具がなぜ焼かれたのかを整理するのは後学のためにもなるだろう。

 この文具の炎上には、少なくともふたつの文脈が存在する。

+++++

 ひとつめは「善意の押し売り(独りよがり)」という文脈だ。

 ようするに「感謝を伝えるならこんな文章ではなくて金(チップ)を出せ」というものだ。「キモチップ」は主に飲食店での使途が想定されているようだが「こんなものを残されても不要なレシートと一緒にポイだ」などと、飲食店従業員からは批判がなされていた。

 チップ文化のない日本だからこそ、せめて感謝の気持ちを伝えよう、という前向きなコンセプトであるという評価はできるはずだ(いうまでもないが、本来適正な報酬を支払うのは顧客ではなくて雇用者だ。キモチップの感謝というコンセプトは前向きに評価されるべきだが、経営者が「ありがとう名刺」などを出して報酬の代替にしようという行為は言語道断だろう)。

 こんな紙切れに書き残されても、激務薄給で働く従業員にはなんの足しにもならない――たしかにそうした向きは一理あるだろう。

( https://twitter.com/aruma_kanjiro/status/1131448370780749826 より引用)

 しかしそれでは、中国人の女性がはじめて食べたグラタンに感謝の手紙を残した一件がSNSで拡散され、大きな感動を呼んだつい先日のできごとと真っ向から対立してしまう。

 中国人女性が残した手紙は「キモチップ」を使って書かれてはいないが、やっていることは同じである。中国人女性のそれはどうして感動の渦に包まれ、一方の「キモチップ」は「善意の押し売りはやめろ、気持ちよくなってるのはお前だけ」などとバッシングされることになってしまったのだろうか。

この続きをみるには

この続き:1,857文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
白饅頭の月額購読マガジンです。毎月2回更新の白饅頭note(本編。単品購入の場合1本300円)の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカイブされていき読み放題になります。さらにマガジン限定記事が毎月1本以上あります。ほぼ毎日コラムがアップされ、時々音楽やVtuber動画クローズドイベントのお知らせが届きます。結構お得なセットだと思います。

月額購読マガジンです。「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年6月4日以降の記事がすべてアーカ...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

暗黒の光
168
インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。

コメント13件

キモいとか言われても、負けない大きな人間になりたいし、キモチップ程度のちっさなことでごちゃごちゃ言わない穏やかな心でいたい。
どうすればいいだろうか。
少し反発を受けそうなことを書きますが。「あなたはもしかしたら私のことをキモイと思うかもしれないが...」という前提で人に接しようとする姿勢そのものが「キモイ」と思われる原因なんじゃないか、と思います。負の自意識過剰性とでも言いますか、「私は必ず相手からキモイと思われるに違いない」という意識が、そもそも悪いんじゃないかと。

後半の話ですが。自分がもしキモチップを受け取る立場だったらどう感じるか、と考えると、正直な話「キモイ。話をしたいなら直接言いに来い」と感じました。最初はなるほどギョッとするかもしれませんが、それはそれだけのことで。誰でも彼でも Twitter やインスタに「こいつキモイww」とか上げるわけでは無いでしょうし、そういう人とコミュニケーションを取らねばならない状況なら、第三者を交えるとか他に方法は色々とあるわけで。

コミュニケーションというのは、コストのかかる行為なんですよ。失敗という投資を恐れていてはジリ貧になるだけです。なぜ比較的安全な相手からはじめて、スキルを上げていこうとしないのでしょうか。
「キモいから」は燃料であって点火したのは別のものだと感じる
小切手風のメッセージカードだけなら闇に隠れて生きるツイッター民でも「チッ、キザな野郎だな」だけで済んだだろう
電話番号があっても「うわ、キモ!ウザ!」とはなるだろうが(ナンパ師叩きは人気コンテンツの一つだ)ちょっとバズって終わりでやはり炎上しなかったのではないか
しかし割り箸サンクスと、「わっ」「店長ー」のツイートは感情の押し売りというか喜びの強要をされている、つまり一線を超えてこちらの心の王国に踏み込んだのだと受け止められたから炎上したのだと思う(少なくとも自分自身に関しては割り箸サンクスが一番ムカついた)
あと、これについてははっきり言っておくが本件はインスタやフェイスブックやミクシィだけだったら炎上しなかった
「疎外され不可視化された「キモい人びと」がこの世から実際に消滅するわけではないからだ。
「快適な社会」からは見えない遠い場所でその憎しみや悲しみが鬱積しているのだ。」
は事実でしょうが、
反対側の立場から見るとこも必要ではないかと思います。

「キモい人々」を選別している人たちも、
年齢を重ねることで、
「キモい人々」の仲間に必ず入ります。
その多くが社会的経済的に恵まれない境遇にいるであろうことを予想できます。
その困窮時に、誰も助けてくれないのではないでしょうか?
こちらもけっこう悲惨なことになるのではないかと考えています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。