白饅頭日誌:2021年9月の終わりの散文
見出し画像

白饅頭日誌:2021年9月の終わりの散文

 金木犀の微粒子が風にのって鼻腔に届く。

 夜にベランダに出てみると、先月までは静かだった街に、わずかに人の声がしている。涼しくなって、みんな窓を開けて過ごしているせいだ。笑い声、テレビの音、くしゃみ――方々から残響して聴こえてくる。

この続きをみるには

この続き: 7,075文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。毎月2回ほど配信される単品有料記事もすべてアーカイブされます。さらに月ごとに特典をたくさんご用意しております。

月額購読マガジンです。コラムがほぼ毎日更新されます。その他「白饅頭note(本編・毎月2回更新・単品購入の場合1本300円)」の2018年…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをつけていただけて、本当にうれしいです。
インターネットで文章を書いたり、本を出したり、ラジオで喋ったりして生活している者です。御田寺圭などと名乗っていることもありますが、とくに使い分けを意識してなにかをしているわけではありません。