点滅社

ふたり出版社です。 https://tenmetsusya.com/

点滅社

ふたり出版社です。 https://tenmetsusya.com/

ストア

  • 商品の画像

    鬱の本

    本が読めないときに。 鬱のときに読んだ本。憂鬱になると思い出す本。まるで鬱のような本。 「鬱」と「本」をめぐるエッセイ集。84人の鬱の本のかたち。 (夏葉社さまの『冬の本』にインスパイアされてつくった作品です)。 この本は、「毎日を憂鬱に生きている人に寄り添いたい」という気持ちからつくりました。どこからめくってもよくて、一編が1000文字程度、さらにテーマが「鬱」ならば、読んでいる数分の間だけでも、ほんのちょっと心が落ち着く本になるのではいかと思いました。 病気のうつに限らず、日常にある憂鬱、思春期の頃の鬱屈など、様々な「鬱」のかたちを84名の方に取り上げてもらっています。 「鬱」と「本」をくっつけたのは、本の力を信じているからです。1冊の本として『鬱の本』を楽しんでいただくとともに、無数にある「鬱の本」を知るきっかけになれば、生きることが少し楽になるかもしれないという思いがあります。 この本が、あなたにとっての小さなお守りになれば、こんなにうれしいことはありません。あなたの生活がうまくいきますように。 ※本書は、うつや、うつのような症状の方のためのマニュアル本や啓発本ではありません。そのため、例えば「うつ病の具体的な治療方法」などは書かれておりません。ご了承ください。 目次 「鬱」ベースの社会に (青木真兵) 怪談という窓 (青木海青子) 犬に限らず (安達茉莉子) にぐるまひいて (荒木健太) 世界の色 (飯島誠) 形を持った灯りを撫でる (池田彩乃) 棚からぼたもち落ちてこい (石井あらた) ブランコ (市村柚芽) 憂鬱と幸福 (海猫沢めろん) 世界の最悪さを確認する喜び (大谷崇) 人と共感できず、なにしろもがいていた頃の話 (大塚久生) 椎名誠『僕は眠れない』 (大槻ケンヂ) 高校時代 (大橋裕之) ウツのときでも読める本 (大原扁理) 低迷期の友 (荻原魚雷) 多摩川で石を拾おうとした (落合加依子) ポジティブ。 (柿木将平) 布団からの便り (梶本時代) 『金髪の草原』の「記憶年表」 (頭木弘樹) やらない勇気 (勝山実) 天窓から光 (上篠翔) 生れてくるという鬱 (切通理作) 「できない」自分との付き合い方 (こだま) 深い深い水たまり (小見山転子) 我輩はゴムである (ゴム製のユウヤ) 鬱の本 (佐々木健太郎) 弱々しい朝 (笹田峻彰) 不良作家とAI (佐藤友哉) ある日、中途半端に終わる (左藤玲朗) 本は指差し確認 (篠田里香) ゆううつと私 (柴野琳々子) 中学生日記 (島田潤一郎) 俺は鬱病じゃない (下川リヲ) あの娘は雨女 (菅原海春) 旅 (杉作J太郎) 十九歳と四十七歳の地図 (鈴木太一) 悪意の手記を携えて (第二灯台守) 願い (髙橋麻也) 君も蝶 (髙橋涼馬) 静止した時間の中で (高村友也) Life Goes On (瀧波ユカリ) 鬱時の私の読書 (滝本竜彦) ちいさな救い (タダジュン) いのちの気配 (谷川俊太郎) 喘息と明るい窓 (丹治史彦) 毎日があるまでは (輝輔) とかげ (展翅零) 沈黙のオジオン (トナカイ) 大学をやめたい (鳥羽和久) 西村賢太という比類なき衝撃 (友川カズキ) 空の大きさと愛の切符 (友部正人) たたかれて たたかれて 鍛えられる本と人 (豊田道倫) 神経の尖った人の見る世界 (鳥さんの瞼) かけ算とわり算 (永井祐) 明日できることは明日やる (中山亜弓) 2023年4月 (七野ワビせん) 曖昧なものの博物館 (西崎憲) 戦友 (野口理恵) きこえる声で話してくれた (初谷むい) 言葉の声が案内してくれる (東直子) ゲーテをインストールする。 (Pippo) 脱法ドラッグ米粉 (姫乃たま) 何度もめくる、自分はここにいる (緋山重) 深夜のツタヤ (平野拓也) このバカ助が (pha) NHKにさよなら! (ふぉにまる) 鬱、憂鬱、10代、と言われ放出したレテパシー (古宮大志) 鬱は小説の始まり (増田みず子) ため息を深く深く深く深く……ついてそのまま永眠したい (枡野浩一) 人間の鬱 (町田康) 憂鬱な銀河 (マツ) それがかえって (松下育男) 夕に光 (miku maeda) あなたが起きるまで (みささぎ) ダメになって救われる――町田康のこと (水落利亜) うつのサーフィン (水野しず) 本が読めた日 (無) 蜘蛛と解放区 (森千咲) 俯きながら生きている (森野花菜) 喋らないヒロイン (山崎ナオコーラ) 悲観論者のライフハック (山﨑裕史) たぶん、不真面目なんだと思う (山下賢二) ぼくの精神薬 (屋良朝哉) なにかに抱かれて眠る日がある (湯島はじめ) 書籍情報 定価:1800円+税 発売日:2023年11月中旬発売 装丁・装画:平野拓也 編集協力:鷗来堂 印刷:中央精版印刷株式会社 判型:B6変形判 規格:上製丸背 あじろ ISBN:978-4-9912719-3-9 C0095
    1,980円
    点滅社
  • 商品の画像

    漫画選集 ザジ Vol.1

    何度でも衝動を。何度でも実験を。何度でも私たちのやりきれなさを。 ガロやアックスのような、自分の描きたい漫画を自由に描いて気軽に発表できる場所を目指してつくった漫画誌です。発表の場、発掘の場として、誰かが一歩踏み出すための踏み台のような存在になりたいです。 参加者(敬称略) 大橋裕之 亜蘭トーチカ 杉作J太郎 日野健太郎 うみにく 森井暁正 松本剛 ヤシ 森井崇正 ウィスット・ポンニミット Orion terayama 沖永和架奈 yozorart ゐ忌レ 能町みね子 三本義治 ゴム製のユウヤ 輝輔 すいそう HOSHI368 いましろたかし
    1,320円
    点滅社

マガジン

  • 日記

    社長が弱音を吐いている

  • わたしたちの夢見るからだ

    ハンドポークタトゥー・絵・声・短歌・文章・踊りなど、様々な表現活動を行っている無さん(@naknar32)のエッセイです。 わたしたちの「からだ」とは何か。「からだが社会化される」とはどういうことなのか。からだが社会から強要される管理と抑圧。それらにたいして、表現活動を通じて反抗し続けるということ。

  • 突然ざわめきが

    好きな歌の魅力についてなどを執筆していただきます。 執筆者:輝輔さん Twitter→(@gv_vn8)

  • 商品の画像

    鬱の本

    本が読めないときに。 鬱のときに読んだ本。憂鬱になると思い出す本。まるで鬱のような本。 「鬱」と「本」をめぐるエッセイ集。84人の鬱の本のかたち。 (夏葉社さまの『冬の本』にインスパイアされてつくった作品です)。 この本は、「毎日を憂鬱に生きている人に寄り添いたい」という気持ちからつくりました。どこからめくってもよくて、一編が1000文字程度、さらにテーマが「鬱」ならば、読んでいる数分の間だけでも、ほんのちょっと心が落ち着く本になるのではいかと思いました。 病気のうつに限らず、日常にある憂鬱、思春期の頃の鬱屈など、様々な「鬱」のかたちを84名の方に取り上げてもらっています。 「鬱」と「本」をくっつけたのは、本の力を信じているからです。1冊の本として『鬱の本』を楽しんでいただくとともに、無数にある「鬱の本」を知るきっかけになれば、生きることが少し楽になるかもしれないという思いがあります。 この本が、あなたにとっての小さなお守りになれば、こんなにうれしいことはありません。あなたの生活がうまくいきますように。 ※本書は、うつや、うつのような症状の方のためのマニュアル本や啓発本ではありません。そのため、例えば「うつ病の具体的な治療方法」などは書かれておりません。ご了承ください。 目次 「鬱」ベースの社会に (青木真兵) 怪談という窓 (青木海青子) 犬に限らず (安達茉莉子) にぐるまひいて (荒木健太) 世界の色 (飯島誠) 形を持った灯りを撫でる (池田彩乃) 棚からぼたもち落ちてこい (石井あらた) ブランコ (市村柚芽) 憂鬱と幸福 (海猫沢めろん) 世界の最悪さを確認する喜び (大谷崇) 人と共感できず、なにしろもがいていた頃の話 (大塚久生) 椎名誠『僕は眠れない』 (大槻ケンヂ) 高校時代 (大橋裕之) ウツのときでも読める本 (大原扁理) 低迷期の友 (荻原魚雷) 多摩川で石を拾おうとした (落合加依子) ポジティブ。 (柿木将平) 布団からの便り (梶本時代) 『金髪の草原』の「記憶年表」 (頭木弘樹) やらない勇気 (勝山実) 天窓から光 (上篠翔) 生れてくるという鬱 (切通理作) 「できない」自分との付き合い方 (こだま) 深い深い水たまり (小見山転子) 我輩はゴムである (ゴム製のユウヤ) 鬱の本 (佐々木健太郎) 弱々しい朝 (笹田峻彰) 不良作家とAI (佐藤友哉) ある日、中途半端に終わる (左藤玲朗) 本は指差し確認 (篠田里香) ゆううつと私 (柴野琳々子) 中学生日記 (島田潤一郎) 俺は鬱病じゃない (下川リヲ) あの娘は雨女 (菅原海春) 旅 (杉作J太郎) 十九歳と四十七歳の地図 (鈴木太一) 悪意の手記を携えて (第二灯台守) 願い (髙橋麻也) 君も蝶 (髙橋涼馬) 静止した時間の中で (高村友也) Life Goes On (瀧波ユカリ) 鬱時の私の読書 (滝本竜彦) ちいさな救い (タダジュン) いのちの気配 (谷川俊太郎) 喘息と明るい窓 (丹治史彦) 毎日があるまでは (輝輔) とかげ (展翅零) 沈黙のオジオン (トナカイ) 大学をやめたい (鳥羽和久) 西村賢太という比類なき衝撃 (友川カズキ) 空の大きさと愛の切符 (友部正人) たたかれて たたかれて 鍛えられる本と人 (豊田道倫) 神経の尖った人の見る世界 (鳥さんの瞼) かけ算とわり算 (永井祐) 明日できることは明日やる (中山亜弓) 2023年4月 (七野ワビせん) 曖昧なものの博物館 (西崎憲) 戦友 (野口理恵) きこえる声で話してくれた (初谷むい) 言葉の声が案内してくれる (東直子) ゲーテをインストールする。 (Pippo) 脱法ドラッグ米粉 (姫乃たま) 何度もめくる、自分はここにいる (緋山重) 深夜のツタヤ (平野拓也) このバカ助が (pha) NHKにさよなら! (ふぉにまる) 鬱、憂鬱、10代、と言われ放出したレテパシー (古宮大志) 鬱は小説の始まり (増田みず子) ため息を深く深く深く深く……ついてそのまま永眠したい (枡野浩一) 人間の鬱 (町田康) 憂鬱な銀河 (マツ) それがかえって (松下育男) 夕に光 (miku maeda) あなたが起きるまで (みささぎ) ダメになって救われる――町田康のこと (水落利亜) うつのサーフィン (水野しず) 本が読めた日 (無) 蜘蛛と解放区 (森千咲) 俯きながら生きている (森野花菜) 喋らないヒロイン (山崎ナオコーラ) 悲観論者のライフハック (山﨑裕史) たぶん、不真面目なんだと思う (山下賢二) ぼくの精神薬 (屋良朝哉) なにかに抱かれて眠る日がある (湯島はじめ) 書籍情報 定価:1800円+税 発売日:2023年11月中旬発売 装丁・装画:平野拓也 編集協力:鷗来堂 印刷:中央精版印刷株式会社 判型:B6変形判 規格:上製丸背 あじろ ISBN:978-4-9912719-3-9 C0095
    1,980円
    点滅社
  • 商品の画像

    漫画選集 ザジ Vol.1

    何度でも衝動を。何度でも実験を。何度でも私たちのやりきれなさを。 ガロやアックスのような、自分の描きたい漫画を自由に描いて気軽に発表できる場所を目指してつくった漫画誌です。発表の場、発掘の場として、誰かが一歩踏み出すための踏み台のような存在になりたいです。 参加者(敬称略) 大橋裕之 亜蘭トーチカ 杉作J太郎 日野健太郎 うみにく 森井暁正 松本剛 ヤシ 森井崇正 ウィスット・ポンニミット Orion terayama 沖永和架奈 yozorart ゐ忌レ 能町みね子 三本義治 ゴム製のユウヤ 輝輔 すいそう HOSHI368 いましろたかし
    1,320円
    点滅社
  • 商品の画像

    incomplete album

    「わたしは生まれたときからさみしかった。わたしのさみしさは異常で異形で変則的でありふれていて過剰なものだった。」 短歌とエッセイ。人生を取り戻すための闘いの日々の記録。 【代表歌】 ああまた生殖か 性のあるからだを捨てておれがおまえのコンビニになる 月面に無数の地名 ごめんなさい あなたはずっとあなただからね ころしたらじんせー返ってくるかしら…あ ともだち カレーたべいく ひとつずつ図鑑で草花覚えてく無神論者の朝の祈りは エビとムシのちがい言いあうとうきょうの最低賃金しらないふたり 【プロフィール】 展翅零(てんし れい) 歌と短歌。時々メイド。 ピアノ声楽教室「蟹座音楽室」主催。国立音楽大学声楽科卒業。 病気により療養中。 【書籍情報】 ページ数:168ページ 判型:B6サイズ ISBN:978-4-9912719-1-5 価格:1600円+税 装画:情緒 組版と校正:小窓舎 編集協力:相原茉唯 印刷:株式会社栄光
    1,760円
    点滅社
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

『鬱の本』を刊行します【新刊案内】

『鬱の本』を刊行します。点滅社の4冊目の本です。 書籍情報 定価:1800円+税 発売日:2023年11月下旬発売予定 装丁・装画:平野拓也 編集協力:鷗来堂 印刷:中央精版印刷株式会社 判型:B6変形判 規格:上製丸背 あじろ ISBN:978-4-9912719-3-9 C0095 内容紹介 本が読めないときに。 鬱のときに読んだ本。憂鬱になると思い出す本。まるで鬱のような本。 「鬱」と「本」をめぐるエッセイ集。84人の鬱の本のかたち。 夏葉社さまが刊行してい

    • ライブは特効薬

      14時に起きて、お風呂に入って、疲れてまた寝て、再び起きたら17時だった。お昼に仕事を進める予定だったがまったくできなかった。ぜんぶお風呂が悪い…調子悪いときの入浴はしんどすぎる…。 それでも一週間ぶりに身体を洗ったのは、今日が豊田道倫さんのライブの日だったからだ。 鬱状態からまだ抜け出せていないので行くべきかちょっと迷ったのだけど、やはりニーネと豊田さんのライブだけはできる限り見ておくべきだと思い、いつもより精神薬を多めに飲んでへろへろになりながら渋谷へ向かった。 ラ

      • 役割

        とても悲しいことがあった 夕方まで何も手につかなかった 夜の公園で散っていく桜を眺めた あっという間に季節が過ぎていく 年を取った 30歳 寿命はあと半分ぐらいか ここまで生きてこれたのは奇跡かもしれない 24の時、身体が衝動的に動いて、中央線に飛び込みかけたことがある ホームの柱にしがみついて、何度も何度も深呼吸をした 鬱陶しいぐらい空が明るい日だった あれから6年経った 今でも自殺願望はあるけれど、身体が勝手に動くことはない いや嘘だ 年に何回か、いまだにそういう日

        • 沼にいる

          体調を崩したのをきっかけに、鬱の沼にまた嵌まってしまった 普段見ないようにしている強烈な劣等感にも襲われている 苦しい なにもできない日々が数日続くかもしれない 今日もほとんど寝たきりだった ひとりでは無理だったので、仲良しの人に手伝ってもらって、発送だけはなんとかやり遂げた 点滅社の本に興味を持ってくれているお店とお客さんには、やはりできるだけ早く届けたい こんな記事を書いたら言いづらくなってしまうだろうからすごく申し訳ないのだけど、ご注文、遠慮せずどんどんしてほしい い

        • 固定された記事

        『鬱の本』を刊行します【新刊案内】

        マガジン

        • 日記
          354本
        • わたしたちの夢見るからだ
          8本
        • 突然ざわめきが
          7本
        • ひとり出版社に興味がある方向けの記事
          31本
        • 子供が投げたオモチャにそっくりなのに飛行船になれない
          5本
        • ニーネ詩集 自分の事ができたら
          28本

        記事

          体調くずしちゃった

          昨日体調くずしてしまいました ひどい頭痛と腹痛に襲われてなにもできなかった 今日も病み上がりって感じで調子わるい 身体が重くて仕方がない 吐き気もあるし不安も強い 熱とか風邪ではないのですが 4月、ぶっ飛ばしすぎたかもしれないです 思い返すと数日前からずっと頭痛かった 休みます この日記書くのもちょっとしんどいので今日はこれで終わり

          体調くずしちゃった

          ザジvol.2、制作中です

          『漫画選集ザジvol.2』、現在もくもく制作中です。 まだ詳細は発表できないのですが、予定通りに進めば6月中旬頃に、6冊目の本として刊行できると思います。 vol.2の参加者は今のところ21名です。ページ数は前回よりも大幅に増量、おそらく280~300ページぐらいになると思います。ジャンプぐらい厚くなっちゃったらどうしよう…そしたらもうジャンプの隣に置いてもらおう…。 年に一回の刊行だからどうしてもスピードが出せなくて歯がゆいのだけど、とにかくたくさん試行錯誤して、自分の

          ザジvol.2、制作中です

          あっという間に夜になってしまうな

          14時に起きた だるい しんどい 月曜は気が抜けていてやる気が出ない 90分ぐらいだらだらしたあと仕事にとりかかった 新刊の編集作業をしていたらあっという間に夜になってしまった 14時起きがデフォルトでは仕方がない それにしても今日はなんだか頭が痛い あんまり調子がよくない やたらと口が渇く もしかしたらドグマチール(抗うつ剤)の副作用かもしれない どうじゃろうなあ 『野中モモの「ZINE」 小さなわたしのメディアを作る』という本を読んだ ZINEの思想や歴史、海外事情

          あっという間に夜になってしまうな

          あしたからがんばろう

          今日はタコシェに行ってきたよ 『鬱の本』を納品してお買い物をしました タコシェに行くと元気が出るよ みんなも中野に行くことがあったらぜひ立ち寄ってみてね 最近はMARSとかDAFとかスーサイドとか、なんだかよくわからない音楽ばかり聴いている どのバンドもすごく刺激的だ 「ぼくもなんだかよくわからない作品をつくってみたい!やってみたい!」とあらためて思った 本に限らず色々やりたい おもしろくて意味がわからないことをたくさんしたい 『くらしのアナキズム』という本を読み進めて

          あしたからがんばろう

          明日はたい焼き食べる予定です

          のんびりぐったりな一日だった 心に波風が立たず楽だった ずっとこれが続いてほしい ちょっとぐらい退屈な方がいいときもある 図書館で詩集を10冊借りた おそらく2週間では読みきれない 一冊の詩集を最初から最後まで全部読み切るのはとてもすごいことだと思う ぼくはどうしても集中力がもたない 文芸系出版社の代表なのに…頼りなくて申し訳ない 「寺山修司」という名前を見るとそれだけでワクワクする でもむずかしくて挫折した作品が結構ある たまになにを言っているのかよくわからない…けど

          明日はたい焼き食べる予定です

          うお~

          昨日はそぞろ書房(@sozoroshobou)に行って在庫整理や模様替えなどをした なかなか時間がつくれなくてまだまだ発展途上って感じだけど、すこしずついい感じにしていきたい 最近は展示に力を入れています(小窓舎さんのおかげです) よかったら遊びに来てね 高円寺のアパートの一室を借りてやってます 入稿が近くて大慌ての日々 とりあえず9月までに3冊は刊行できるかも 今年はできれば5冊出したいのだけど、営業とかも全部自分でやらないといけないから、さすがに忙しすぎて死んじゃうか

          今日はだめだったよ

          今日はいろいろだめだった 進捗も体調も悪い 出版で食べていくのは本当にむずかしい お金のことで悩みすぎて、また頭が爆発してしまった いつか年収100万以下の生活から抜け出せる日が来るといいのだけど…どうしても不安に襲われてしまう おれは月10万あれば一応なんとか生きていけるから、年収120万がとりあえず今のところの目標だ しかし現状はそれすらも遥か彼方 ウワ~~~… 点滅社、できればずっと続けたい そのためにはもっともっとがんばらないといけない でも、正直言っておれはもう

          今日はだめだったよ

          がんばりどころ

          忙しすぎる 週7がしばらく続きそう やることが多すぎてもう何から手をつければいいのかわからない こんなに忙しいのは今年限りにしたいけど、まだまだ続きそう いつか安定したいな… 一冊にお金をかけすぎ問題で悩んでいる でもやっぱり最高の一冊にしたいし、「もしかしたらこの本が最後になるかもしれない」と思うと、どうしてもぶっこみすぎてしまう しかしこのままだとお金が尽きる 上手にバランスをとることができない 年中綱渡りでは心臓がもたない いつもこれで悩んでるなあ とにかく、すごく

          がんばりどころ

          たんたん日記

          ドグマチールという精神薬を飲み始めて数日たった なんとなく効いている気がする 全体的に感情が薄い あんまり死にたくならないけど、喜びとかも薄い ずっとこんな感じだったらつまんないな… 音楽が胸に響かない人生は嫌だな どうしよう いやでも気のせいかもしれない もうちょっと様子を見よう 6月に刊行を予定している新刊の台割をつくった 台割とは、うまく説明できないのですが、なんか、本の設計図みたいなやつのことです 3月中につくれてよかった 気持ちがだいぶ楽になった 夜中、いつも睡

          たんたん日記

          ちょっと疲れた

          虚無になってきた 疲れているし煮詰まっている うまくできない もうだめだ 毎日意味がわからない 隠居したい しかしまだはやい もうすこし暴れる必要がある 「暴れたい」という欲望が完全になくなるまで、おれはどうしても隠れることができない 最近は外出できるぐらいには精神が良好なので、体力をつけるためになるべく歩くようにしている 今日は反戦デモに参加してきた 高円寺をぐるぐると歩き回った どんなに片づけても、あっという間に机の上がぐちゃぐちゃになってしまう この前は大事な書類を

          ちょっと疲れた

          体調◎

          今日は朝からなぜか体調がよかった 動悸も不安も希死念慮もなく、おかげで仕事にかなり集中できた うれしい こんな日がいつまでも続けばいいのにな 健康は最高 5冊目の本がもうすこしで完成しそう うまくいけば文学フリマ東京に間に合うかもしれない がんばるぞ…うまくいきますように…ちなみに歌集です やりたいことがたくさんあるんだけど、やっぱり絶対必要になってくるのがお金だ おれのやりたいことはどれも微妙に規模がでかいから、かかる費用もそれなりの金額になってしまう どうしようかな 

          わたしたちの夢見るからだ【第七話】:タトゥーになった傷についての覚え書き

           ねこと暮らしている。  ねこという生き物に常に敬意を示さずにはいられないため、ねこさんと呼ばせていただくが、ねこさんの身体や思考、情緒はそのように敬意を払ってあまりある大きな神秘を私に見せてくれるため、私は非常にねこさん達を尊敬して愛している。  一緒に暮らしているねこさんの、遊びの気分が盛り上がったタイミングで、なおかつ爪がよく磨がれている場合、ねこさんにじゃれつかれた私の手や腕の皮膚に引っ掻き傷ができるという事は、まあまあの頻度で起きる。  うすく血が滲む程度なので痛

          わたしたちの夢見るからだ【第七話】:タトゥーになった傷についての覚え書き