マガジンのカバー画像

言語技術講師の日々

7
リテラ言語技術教室の講師が日々の授業について話します。
運営しているクリエイター

記事一覧

嘘だらけの読書感想文 ~「本の読み方がわからない」小6Sさんとの出会い 言語技術…

「本の読み方がわからないんです。」 Sさんは、中学受験を経て、4月から中学1年生になります…

この世界でひとつだけの鉛筆

教室では、低学年の子を中心に、観察課題に取り組む。たとえば、鉛筆を観察する。最初はただの…

本を忘れた子どもたち 言語技術講師の日々

要約(こんなことが書いてあります)読書は大切だと言われている。「本を読む」ということは、…

中学受験を終えて心に残ったエピソード 「物語が辛くて読めない」Sくんの悩み

今年の中学受験が幕を閉じようとしています。 リテラの受験生さんたちも受験を終え、それぞれ…

意味のある中学受験にするための親子の条件

受験、特に中学校受験は、結果が読みにくい。合格圏にいて大丈夫だろうと思われていた子が不合…

中高生活を生き抜く3つの要素

授業では、中高生の生活の悩みをたびたび受ける。言語技術というのは生活全般に関わるものだか…

「それ、あなたの感想ですよね?」(~言語技術講師の日々~)

授業で中学生のA君に言われて、ぎょっとした一言です。 この言葉は、黎明期からインターネット文化を作り上げてきた、「ひろゆき」さんの言葉で、テレビの討論の中で発せられたものだと記憶しています。 今の中高生にとっては、インターネットの巨大掲示板をつくった人、というよりも、いろいろなことをよく知っているYoutuber、という認識のようでした。あらゆる問題に対して歯切れのいい回答をしてくれる、ということで人気があるようです。 「それ、あなたの感想ですよね?」 私もその言葉は知っ