見出し画像

高校日本史 織田信長と豊臣秀吉

織田信長のイメージは時代とともに移り変わってきた。江戸時代の不人気から幕末には勤皇家、戦後は新しい時代を開いた革命者として評価される。近年は中世最後の武将という視点が現れ、虚像の検証が行われている。

織田信長が家督を継承した頃、畿内は三好長慶が将軍足利義輝を擁して三好政権を樹立していた。信長は弱体化した三好氏の領国への進出を急ぎ、天下布武をめざした。かつて信長はパイオニアとみなされていたが、中世最後の武将という見解が提唱され、信長の評価の再検討が進んでいる。

羽柴秀吉は賤ケ岳の戦い・小牧長久手の戦いの後、国制を利用して織田家の家臣から脱却する。天下統一に成功すると、豊臣秀吉は武士・百姓の分離と本百姓育成策をとり、近世日本の基礎を固めた。続いて、秀吉は海外進出を図り、「大唐を経て、寧波を拠点とした天竺支配」が目指す。

織田信長は足利義昭を擁して上洛、将軍が畿内を治める天下布武を実現した。義昭と信長は将軍と軍事として任務を分担したが、やがて二人は対立するようになる。最近の歴史学は、義昭と信長の関係をどのようにとらえているのか、立命館大学授業担当講師の秦野裕介先生が解説する。

織田信長と朝廷の関係をめぐる評価は戦前と戦後で一変した。戦前は勤王家、戦後は中世を打破する革命家、信長像は揺れ動いてきた。信長と正親町天皇には、譲位・改元・改暦・勅命講和・蘭奢待と多くのエピソードがある。最近の歴史学がとらえた信長像を秦野裕介先生が解説する。

社会人のための高校日本史MENU

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
県立高校を退職してフリーランスに。オンライン講座で秦野裕介先生に日本史を学び、録画をYouTubeに「研究者と学ぶ日本史」として公開しています。「社会人のための高校日本史」は、私が市民講座で教えている動画です。

この記事が入っているマガジン

社会人のための高校日本史
社会人のための高校日本史
  • 9本

高校日本史を社会人向けに作り直した日本史です。系図を増やして人間関係をわかりやすく説明します。人生経験のある大人が見て面白いと思うような構成にしています。日本史が好きで、教科書や参考書では物足りないという高校生なら理解できるかもしれません。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。