「小屋からはじめる手刻みの家づくりproject」開催決定!2021/11/6(土)7(日) Hut to tekizami 2021 in吉野
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「小屋からはじめる手刻みの家づくりproject」開催決定!2021/11/6(土)7(日) Hut to tekizami 2021 in吉野

手刻み同好会

 我が国の優れた大工技術である手刻みの発展的継承を目指すことを目的に集まった工務店「手刻み同好会」が林業盛んな奈良県吉野町において、吉野製材工業協同組合の協力のもと、手刻みされた材を持ち込み、当日、大工衆が小屋の建前をライブで披露。ライブを通して、失われつつある大工技術の継承とその手刻みで建てる住まいの文化的価値を一般、建築業界関係者、これからの若い担い手などに披露。手刻みで建てる家の良さを実感してもらうイベントを開催いたします。(主催:吉野製材工業協同組合 共催:手刻み同好会 後援:吉野町、奈良県奈良の木ブランド課)

手刻みを伝える活動- HUT to Tekizami とは?

HUTとは「小屋」をさします。 日本の美しい木造住宅を伝える匠の技を「墨付と手刻み」と言います。日本の風土に適した強固で柔軟な耐震構造を支える伝統の技術です。

・木組、木目を美しくあわせられる。
・梁丸太や曲り梁なども加工できる。
・複雑な仕口にも対応できる
・大工の伝統技術の継承をしている。
・自然乾燥材を使うのに適している。

温熱、環境に配慮された現代的な建物(パッシブデザイン)であることに加えて、日本の伝統な知恵と大工の工夫、情熱が詰まった手刻みの技術。次世代を担う若手に「かっこいい!」「自分も将来こういう仕事ができる大工さんになりたい!」と感じてもらえたらと「HUT to tekizami」の活動を始動することにしました。               -手刻み同好会-

《HUT to Tekizami 2021 in吉野》全体概要

《HUT to Tekizami 2021 in吉野》全体概要
●開催候補日:2021年11月6日(土)、11月7日(日)
●会場:奈良県吉野町内「吉野製材工業協同組合」敷地内、くにすの杜、国栖地区、吉野中央公民館
●総合受付は吉野製材工業協同組合です(奈良県吉野町丹治11)

「建前ライブ」HUT to Tekizami 

手刻み同好会工務店有志より、10㎡以内に設計された小屋の材料を運び込み事前に手加工された構造材を手刻み大工衆のもと、金物を使わず、組み上げ、小屋組みまでを臨場感たっぷりと完成させる様をライブとして開催いたします小屋の設計は「気候風土に合致したパッシブデザインと手刻みの小屋」。手刻み加工の様子は動画等で表現し、パッシブ計画は模型などで補足します。建築をめざす学生や若手大工希望者に棟上げ体験を実施し、参加者との交流や体験を通じて、手刻みの家を経験してもらいます。

「建前ライブ」HUT to Tekizami概要

●開始時間:10時~随時
●開催場所:11月6日「国栖地区」11月7日「吉野製材工業組合内敷地」
●見学自由、入場料無料
●要事前申込※コロナウィルス対策として状況により、無観客オンラインライブも現在検討中。

「手刻みトークライブ」 

「手刻みによる建築の可能性」「気候風土に合致したパッシブデザインと手刻みの小屋」「吉野の木材と架構」等をテーマに有識者による、意匠、温熱、構造の面から、トークライブを開催。ゲストからみた手刻みの魅力を語っていただきます。
手刻みトークライブ概要
●開催時間 11月7日(日)PM2:00~4:00(予定)
●開催場所 奈良県 吉野中央公民館
●参加費  無料(予約必須)
●申し込方法:Peatix(ピーティックス)オンライン受付

【イベントに関するお問い合わせ】

手刻み同好会運営事務局(担当:篠田)tekizamidoukoukai@gmail.com




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊よかったらフォローもお願いします
手刻み同好会
近年の住宅産業の合理化の中で、木造建築物の軸組の墨付け、手刻みの技術は、失われつつあります。現在、技術継承者不足は大変深刻な状況です。様々な立場の方々に向けて手刻みの価値、魅力の発信を行い、共感する仲間を増やし、共に次世代へバトンをつなげていくことにいたしました。