taz8 / 田附克巳

使いやすさについて徹底的に研究し、どうすれば使いやすくなるかを日々考えています。 KatsumiTAZUKE/田附克巳 東京都八王子市

taz8 / 田附克巳

使いやすさについて徹底的に研究し、どうすれば使いやすくなるかを日々考えています。 KatsumiTAZUKE/田附克巳 東京都八王子市

    マガジン

    • Culture Centered Design

      街で見かける使いやすいもの使いにくいものを○×で評価しています。

    • 美術館/博物館/文学館

      主に美術展や博物館などへの訪問記をまとめています。

    • ヒマスタインタビュー annex

      映像配信クリエイターの川井拓也さんが、ノウハウの限りを尽くして作り上げたスタジオから発信する神田に関わる人々へのインタビュー番組です。

    最近の記事

    区別しづらい → ×

    久々のトイレサインの話題です。最近竣工された建築物の内装では、トイレの男女のサインに色を用いないで同色にする傾向があります。 このトイレサインもそのひとつです。サインが輪郭線かつ単色で表現され、掲示する背景の壁とサインの色調が近いのです。サインの存在を意識しづらく、男女の区別がわかりにくいものになっています。 また、矢印の上にマークが重ねられていることで、コントラスト比が低すぎて視認性が悪くなっています。 本ブログではジェンダー問題には深入りしません。しかしお腹が痛くな

    スキ
    4
      • 埋没しない色使い → ◯

        アレルギー物質(アレルゲン)の表記は義務なので、「書いとけばいいでしょ」とおざなりなものが多いように思います。しかし今日見かけたチョコレートのパッケージでは、周囲に埋没しない色使いで、自然に目をひくようになっていました。 せっかく記載するのですから、書いてあるのか無いのか見つけにくいのは望ましくありません。必要としている人のために、目をひく工夫をした方が良いと感じました。

        スキ
        1
        • ごみは連鎖する → ×

          植え込みにプラスチック製のカップが捨てられています。最初の1個が捨てられると、残念ながら必ず2個目、3個目が同じ場所に捨てられてしまう傾向があります。 複数人でいるとき、ひとりがごみを捨てたら他の人もつられてしまうこともあるでしょう。最初の1個目を防ぐ方法、あるいは最初のひとりの行為を思いとどまらせる工夫が求められます。

          • 書かなくてよいものがある → ×

            「商品の上に重いものを乗せないでください」との注意書きがありました。重いものを乗せて中身の液体が漏れてしまったことがあり、苦情をメーカーや販売店に持ち込んだ人がいたのではと予想されます。 苦情に対する言い訳としては成り立ちそうですが、商品パッケージの表示スペースは有限であり、重要度がもっと高い内容があります。この注意書きが目立つようにデザインされているので、その上にあるアレルギー物質についての情報が埋没し、目に入りにくくなっています。これは優先順位としては逆ではないでしょう

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Culture Centered Design
            taz8 / 田附克巳
          • 美術館/博物館/文学館
            taz8 / 田附克巳
          • ヒマスタインタビュー annex
            taz8 / 田附克巳

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            外国語の読みがカタカナで書いてある → ◯

            「関係者以外立ち入り禁止」の注意書きが、英語、中国語、ベトナム語などで多国語展開されていました。 よく見ると、不思議なことに外国語の表記に添えてカタカナでの読みが書かれています。これは各外国語が読めない日本人(日本語話者)に対しての表記だと思われます。 立ち入り禁止の違反者を目撃した場合、工場や店舗など運営側のスタッフが口頭で違反者に注意する際に、このカタカナ読みを使うなどが想定されます。注意書きに少しでも実効性を与えるため、単純に視覚情報だけに終わらせない工夫として面白

            スキ
            6

            簡易型ホームドア → ◯

            JR横浜線の橋本駅にあった簡易型のホームドアです。このタイプは可動式でスマートホームドアと呼ばれるそうです。 簡易型の中でも昇降バー式というタイプよりは構造もしっかりしていますが、圧迫感も少なく感じられます。また、全面を覆うタイプよりもコスト面で安価なようですので、今後このタイプの設置がさらに増えてくるのではないでしょうか。

            交通標識が草に覆われて見えなくなる → ×

            まだ大丈夫ですが、「自転車を除く」の補助標識部分がこのまま雑草が生い茂ると読めなくなりそうです。 私道でなければ市区町村の管理下だと思われますので、該当の市区町村が雑草を刈ることも含めメンテナンスを行うことになるでしょう。 もしこのまま放置されて、草が伸び「自転車を除く」が完全に読めなくなった状態で、交通違反が発覚した場合には、相当揉めることが予想されますが、どのような結果になるのでしょう。道路管理者の責任が問われるのでしょうか。

            スキ
            1

            商品価格とその陳列場所が対応付けされていない → ×

            某コンビニの冷凍食品コーナーです。個食の時代にマッチした単身者向けのパッケージ商品が売上を伸ばしているとのことです。 この商品はよく見ると、価格が商品パッケージに書かれておらず、冷凍庫ケース上部に貼り付けたカードに書かれています。商品パッケージの商品名の下に書かれている数字は、紛らわしいのですが価格ではなくグラム数とカロリーのようです。 手に取った商品の値段を知りたい消費者は、カードに表示された価格と商品名を手がかりにいちいち照らし合わさなければなりません。 スーパーマー

            スキ
            1

            「開封注意」は最上部に書くことで効果がある → ◯

            無精なので気軽にハサミを入れてしまい、ついうっかり中身の書類の端を切ってしまうことが度々ありました。 「開封注意!」と書いてあっても気にしない人には効果がなさそうですが、封筒の最上部に書いてあることがポイントです。ハサミであれカッターナイフであれ、切る場所に目を向けることは間違いありませんので、「開封注意!」のメッセージは必ず目に入ります。 このメッセージ「開封注意!」は、表面にも裏面にも両方書いてあります。些細で細かい点ですが、よく人の心理や行動を分析されていると感じま

            スキ
            2

            視覚化するとよくわかる → ◯

            今年(2022年)になってかなり電気代が高くなったという感触はありましたが、その額がどれぐらいなのか体感的にはつかみきれていませんでした。 そんなとき、電力会社のウェブサービスで契約中の電気使用量と料金について、昨年同月と比較してくれるものがありましたので、自宅の詳細について表示確認をしてみました。 まずこちらが電気使用量のグラフです。大まかには今年の使用量も前年とほぼ同様です。 そして下記が同じ期間の電気料金のグラフです。明らかに今年が値上がりしています。 月によっ

            スキ
            4

            ニトリ家具組み立てパーツへの気遣い → ◯

            知人の@yusai00さんが先日下記のツイートをされており、大変共感しました。 組み立て式の家具には、必ずネジやボルトなどの組み立て用付属品が存在します。 これらは小さいものですが、パーツをなくしてしまうと家具本体が組み立てられなくなる大切な部品です。 ネジやボルト、ナット、ワッシャーの類は、似たような形状でもちょっとだけ異なるものがあったりします。バラバラの袋入りだと、全体として不足物があるのかどうか、わかりにくいことがありました。 こんなとき、1枚のシートに部品がまと

            スキ
            1

            ごみは最初の1個が捨てられると連鎖する → ×

            幹線道路沿いの歩道に空き缶が捨てられています。最初の1個が捨てられると、残念ながら必ず2個目が捨てられてしまう傾向があります。 最初の1個目を防ぐ方法、あるいは最初の1個目をすぐに撤去してしまう方法が求められます。

            スキ
            4

            合成された自動音声で違和感はない → ◯

            最近テレビのニュースなどでは、部分的にですが人間のアナウンサーによる声ではなくAI自動音声によるニュース原稿の読み上げが行われていることがあります。 10年前ごろは、まだ自動音声の合成技術が伴わず、日本語としての抑揚やイントネーションに違和感があったのですが、もう遜色ないレベルに達しているのではないでしょうか。 すべてが自動音声に置き換わるとは思いませんが、ニュース解説や相互のコミュニケーションを必要としない単純な事実の伝達は、AI自動音声に置き換えられていく可能性がある

            スキ
            1

            AI画像作成ツールは使いようで面白いものになる(その2) → ◯

            初期のブームというか盛り上がりは去ってしまったようですが、個人が私的に楽しむにはこの種のツールはまだまだ面白いのではないかと考えています。 今回は有名な楽曲のタイトルをキーワードとして入力すると、どんな絵が出力されるのかを試してみました。ツールはDisco Diffusionを使用しています。 当然ながら、自分自身の想像していた結果とある程度近いものと、全く違うものがあります。ツールがどのような蓄積データで学習しているのかによって結果が変わってくるのだと思いました。 いか

            Gmailの宛先が大きくなった → ◯

            PCブラウザ版Gmailの宛先To: やCc: などを入力する領域で、送信したことがあるメールアドレスを呼び出す場合、これまでより大きく表示されるようになっていました。 宛先メールアドレスは重要です。メールアドレスの一部をタイプすることにより、送信済みメールアドレスの選択肢から選ぶことができるのは大変便利ですが、あわてて選択して間違って送信してしまった方も数多くいるのではないでしょうか。 こんなとき、大きく表示されるのは大きな魅力です。大きければ良いという単純なものではあ

            スキ
            2

            L字部分の情報は読まれない → ×

            災害の危険が迫っていたり重大事件など国民に大きな影響を与えることが発生した場合、テレビでは画面上部や左部分のいわゆるL字型の領域を用いて、文字情報を流すことが行なわれています。 この方式はリアルタイムで重大なことが起きている際、テレビ放送においてそれを伝えるという点では、やむを得ないやり方だろうと思います。しかし表示直後を除いて、すぐに読まれなくなり、番組に集中したい人にとっては、大きなノイズとなってしまいます。 また、この画面例では地震の情報(震源は沖縄本島北西沖 深さ

            スキ
            2