見出し画像

じゃん負けレッドの下剋上

 今朝の俺は気合が入っている。

 なんたって、うちの戦隊に新入りがきた。アキという、気の弱い年下の少年だ。

 イエローもピンクもブルーも、俺のことを年下だからってナメてやがる。放っとけばアキまで雑に扱いかねない。“じゃん負け”でなったとはいえレッドはレッドだ。俺がしっかりせねば!

 ……と、思っていたのだが。

「えっうまッ! アキくんこれお店出せるよ!」

「やった!」

 イエローは、大好物(らしい。俺は知らなかった)の坦々麺であっさり陥落。

「アキ、台所の掃除は……ってすごいな。鏡みたいだ」

「ありがとうございます!」

 ブルーのパワハラを先回りするかのように飛び越えて、一目置かれ。

「ごめーん寝坊した! 燃えるゴミ……」

「あ、出しておきましたよ!」

「えマジ!? よくゴミの日てわかったねアッキー?」

「あ、っと……玄関に置いてたので、そうかなーって」

 完ペキなフォローでピンクにも気に入られ。

「アキ、少し良いか」「はい!」「アキくーん!」「今いきます!」「アッキー!」「おーいアキ!」「アキさーん!」

 他の連中も、寄ってたかってアキアキアキアキ。

 ほんの半日で、アキはすっかり“みんなの可愛い弟分”として受け入れられ、頼られている。俺よりも!

「……パトロール行ってくる」

 なんだか居た堪れなくなって、俺はスタジャンを片手に家を出た。

 見送りの声はなかった。

***

 歩いて歩いて、2時間ほど経った頃。

 裏路地に二つの人影を見つけたのは、全くの偶然だった。

「おや。君ははじめまして、かな」

 そう言ったのは、占い師風の汚いオッさん。そしてもう片方は。

「……アキ?」

「え、ハルさん!?」

「お前こんな所でなに──」

 その時。

 占い師がアキへと手を伸ばした。その掌に輝くは魔法陣──怪人の証!

「! アキ、危ねぇ!」

「わっ!?」

 無我夢中だった。アキに向かってダッシュし、突き飛ばす。占い師が嗤う。

 直後、俺は魔力の奔流に呑みこまれた。

***

 今朝の俺は気合が入っている。



(つづく/800字)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

🍑🍑🍑🍑
40
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!