見出し画像

タソガレ・デッド・バレット

「ししょー! そっち行きました!」

「その呼び方やーめーてー!」

 叫びながら放った銃弾は、マフィア3人の頭をまとめて撃ち抜いた。残心もそこそこに、アタシたちは再び走り出す。

「あと何分!?」

「じゅ、11分です!」

 彼女はレイナ。15歳。得物は刀。依頼人の“御老公”の孫娘で、今回のアタシの相棒だ。

 麻薬入りタピオカ製造工場の破壊と構成員の殲滅が今回の依頼。壊すだけの簡単なお仕事。

 と、思っていた。

 御老公が「孫娘の社会見学」を御所望されるまでは。

「! 伏せて!」

「わ!?」

 頭上を掠める銃弾の嵐。新手か。

「ったく時間がないってのに!」

 苛立ちを込めてヘッドショット。同時にレイナが、近場の雑魚を斬り捨てる。

「クリアです!」

「はいあと9分だよほら走る!」

 アタシたちはコア施設へと全力で駆ける。──と、進路上に麻薬栽培用の青色LEDが焚かれた"青部屋"。

「レイナ!」

「はい!」

 アタシが呼んだ時には、彼女はもうそこに飛び込んでいた。白刃が煌めき、周囲の青色LEDを斬り刻む。

「これでどうですか!?」

「おっけー!」

 アタシは暗くなった部屋を駆け抜ける。それに並走しながら、レイナがぽつりと零した。

「青色アレルギー、想像以上に不便ですね」

「まーね」

 アタシは素直に頷いた。

 青いものに触れると皮膚が爛れる。この体質のせいで、いちいち青色を壊したり敵の血で塗り潰したりせにゃならず、確かに不便だ。が──

「でもアンタよかマシよ」

「え?」

「月夜に動けないのは鉄砲玉として……って、話はあと。急ぐよ!」

 走る、走る。

 青部屋。レイナが破壊。また青部屋。隣もその隣も青。

「多いな、くそ!」

 あと5分で、月の出。"月光性喘息"のレイナの、活動限界。

 故に。

「……まとめて、斬ります!」

「え、あ、ちょ、」

 焦ったレイナを、止める間もなかった。

 渾身の居合が、数メートル先までLEDを破壊して。

「あれ? なんか手応えが」

 直後。

 天井から、真っ青なタピオカが降ってきた。

(つづく/800字)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

🍑🍑🍑🍑
25
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!

こちらでもピックアップされています

ていたらく出版
ていたらく出版
  • 178本

桃之字の書いた小説やそれにまつわるコンテンツのまとめ▼ 各作品の目次は【総合目次】を参照してください▼

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。