見出し画像

狩屋咲ミカコの豊かな新生活

「──オエッ」

 凄まじい吐き気。頭がグラグラする。ここは……トイレの個室か。どうやら、便器を抱えたまま眠ってしまっていたらしい。

 コンディションは最悪。戦犯はどれだ。ビール、ワイン、ハイボール? ……いやたぶん日本酒だな。テキーラみたいな味したし。

「ォエッ……ェーッ……えほっ」

 ……だめだこれ、吐けそうで吐けないやつだ。

 肩で息をしながら、俺は便座に座り込み──

 同時に、トイレの扉がドカンと開いた。

「いやさ、正直ありえなくない今回のメンバー?」

「ドーカン。なにあのシロートくさい連中」

「でもでも、コウジくんはマトモじゃなかった?」

「えまじ? ミカあーゆーのがタイプ? あれ絶対ヤリチンだって」

 ──…………あれ?

 思わず、口を塞ぐ。

 姦しく喋りながら入ってきたのは、間違いなく女子。おそらくギャル。4人組。

 ──……ここ、女子トイレ?

 冷や汗が吹き出す。見つかったら社会的な死では? てゆーか香水キツいな。ドア越しでも──あ、やば、吐きそう。

「ん。ここ誰か入ってる?」

「──ォぇ……ッ!」

 ガタガタと個室ドアが揺れる。俺は極力音を出さぬよう全身全霊をかけて、込み上げてきた胃の中身を吐き出し続ける。そして信じてもいない神様に内心で祈り始めたとき──

「んー? ドア壊れてるだけかな?」

「まぁいいっしょ。さっさとやっちゃお」

 ──セーフ! ありがとう神様! 初詣はお賽銭多めに入れます!

 バタンと隣の個室が閉じられる音が聴こえる。それに続くように、バタバタと他の個室も閉じられてゆく。が──

「早くしてねー。ウチのも結構限界近いんだから」

 その声は、ミカと呼ばれていた女性のもの。彼女だけは外にいるらしい。個室が足りなかったか。

 ──脱出は不可能。彼女らが去るのを待つしかない……!

 俺がそう覚悟した、その時──

「待っててミカ。すぐ終わらせるからさ」

 グチャッ。ゴキンッ。

 隣の個室から聴こえてきたのは、まかり間違ってもトイレでは出ないような音だった。

(つづく/800字)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
桃之字(制作本舗ていたらく)

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

オレモー!
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!