見出し画像

バットー・バトル! #第一回きつねマンドラゴラ小説賞

本作は、カクヨムにて開催された自主企画「第1回きつねマンドラゴラ小説章」の応募作品です。

 福岡県立・行橋独尊学園。
 桜舞う、夕暮れ時のグラウンド。そこに3人の生徒がいた。

 ひとりは、身長180センチほどもある、筋骨隆々の学生だ。名を鬼塚タカミチという。トレードマークの金髪リーゼントと長ランが春風に揺れる。その背中では、雄々しい鷹が羽を広げていた。

 もうひとりは、身長170センチほどのメガネをかけた男子学生だ。こちらは天ヶ瀬ミノル。制服をきっちり着込んでいる。

 数メートルの距離を以て向かい合うタカミチとミノル。二人は、その両腰に日本刀のようなものを提げている。通常の日本刀と比べてその鞘はかなり太く、交通標識の支柱ほどもある。

 一触即発の緊張感が漂う両者、その中間地点にて、ひとりの女生徒が佇んでいた。街を歩けば10人が10人振り返るほどの美女だ。名は天ヶ瀬ルカ。ミノルの姉であり、行橋独尊学園バトルマンドラゴラ部所属の2年生であり、そしてこの“決闘”の立会人 兼 審判だ。
 ルカは二人に視線を走らせ、口を開いた。

「じゃあ、ルールを確認ね。対峙式バトルマンドラゴラルール、3ラウンド制。1ラウンドは60秒。ダウン後、10秒以内に立ち上がらなければKOとします。時間切れの際は私基準で判定。オーケー?」
「はーい! ルカさん見とってくださいね! こんなしゃしゃり野郎、ちゃっちゃ捌いちゃりますけん!」
 タカミチは腕まくりして、ルカの言葉に応える。そんなタカミチを睨みつけたまま、対するミノルは静かに口を開いた。
「……姉さん、ひとつ提案だ。ハンデをつけよう」
「ハンデ?」
「ああ。相手はバトルマンドラゴラの未経験者。対する僕は全中3位のマンドラゴラーだ。いくらなんでもフェアじゃないだろう?」
「てめっ……ナメんじゃねーぞコラァッ!」
 吠えるタカミチをスルーして、ミノルは口を開いた。
「僕は最初の20秒、攻撃株を抜かない。それと……僕は一撃でも貰ったら負けで良い」
「ミノル……」
「上等だテメー! 後悔すんじゃねーぞ!」
 ──……どうして、こんなことになったのか。
 事の発端は、数時間前に遡る。


バットー・バトル!

第1話『抜け、マンドラゴラ!』

 数時間前。グラウンドの片隅、マンドラゴラ畑。
 そこでは、ルカが3人の不良に取り囲まれていた。
「ここは女ゴラの畑よ! ポイ捨てしないで!」
「はー? いいだろ別に? 肥料だよ肥料!」
「つかキミ可愛いね? 何年生?」
「きゃっ……離しなさいよ!」
 不良たちの足下には多数の吸い殻。これを先ほどルカが注意したのだ。
「へっへへへ。“きゃっ”だってよ! 威勢が良かったのは最初だけかァ?」
「いーいじゃねーかよ。遊ぼうぜェ?」
「そーそ。優しくすっからよー。ウシシシシ──」
 不良①が下卑た笑みを浮かべた、その時。
「おいこらァッ!」
 野太い叫び声がして。
「シシシ──カバブッッ!?」
 不良①の顔に、拳がめり込んだ。
「ケンちゃーん!?」
「俺っちのアイドルにィッ!」
 吹っ飛んだ仲間を目で追った不良②に、声の主は容赦なく追撃の拳を繰り出した。
「手ェ出してんじゃねぇぇっ!」
「へぶゥッ!?」
 ヤンキーだ。ルカは一瞬で確信した。
 身長180センチの逞しいガタイを持つそいつは、金髪、リーゼント、長ランの男子学生だった。その背中には雄々しい鷹の刺繍が施されている。
「なっ……!? お、お前ッ! 西中の鬼塚ッ……“鬼神”タカミチィッ!?」
 不良③が悲鳴をあげる。ヤンキー(タカミチというらしい)はグアッとそちらに振り返ると、その胸ぐらを掴んで持ち上げた。
「おいこのボケコラカスウンコ!」
「はひぃっ!?」
「そこの二人連れてさっさと消えろや! ぶちくらすぞ!」
「いや!? え!? なんで鬼塚が!? なんで!?」
「オイ聞いとんかちゃこのタコ! 俺っちのアイドル置いて消えろっち言いよんじゃ!」
 ぽかんとしたままのルカの視線の先で、タカミチは怒鳴りながら不良③をガクガクと揺さぶる。不良③はたまらず声をあげた。
「いやいやアイドルってなんなん!? お前も今日入学式やないと!? この子知り合い!?」
「んにゃ、初対面!」
「はぁっ!? なんねそれ!?」
「う〜〜〜〜るっせーな! 一目惚れっちゃ! 文句あるか!」
「はぁっ!?」
「いいからさっさ消えろっちゃ!」
「はいいぃぃぃっ!」
 タカミチの剣幕に押され、不良③は仲間を引きずって逃げていった。
「ったく……おとといきやがれボケナス!」
 逃げてゆく不良たちに怒鳴り、タカミチはルカへと振り返った。
「え、えーっと! ……あれ、なんやったっけ、そう、こういう時は……えーっと、あれだ」
「……?」
「だだ、だ、大丈夫かぃお嬢さん!」
「あ……えっと……」
 ひっくり返った声で言うタカミチに気圧されて、ルカはおずおずと頷いた。
「はい、大丈夫、です」
「いやぁっ! 元気そうでよかった! はっはっは!」
「喧嘩、お強いんですね……えーっと」
「おっ……鬼塚タカミチっス! 1年デス!」
「い、1年生なんですね……」
 デカすぎてそう見えなかった、という言葉を飲み込んで、ルカは口を開いた。
「えっ……と、私は天ヶ瀬ルカ。2年生」
「る、るるルカさんっっ! 可憐なお名前ですね!」
 そこまで言って、タカミチは話題を失ったらしい。しばし視線を彷徨わせた後、彼は肩を落とした。
「……そ……そ、そんじゃ、俺っちはこれで!」
 タカミチはそうして、そそくさと畑から立ち去ろうとした。が──

「おい、そこでなにをしている!」

 堂々とした声が、畑に響いた。
 振り返ったルカとタカミチの瞳に写ったのは、メガネをかけた男子生徒だった。天ヶ瀬ミノルだ。
 両腰に提げた刀のような物──鞘入りマンドラゴラが、彼の歩調に合わせてゆらゆらと揺れている。
「あん……? ンだテメェ?」
「ん……? ミノル!?」
 ルカがその名を呼ぶ。タカミチとミノルは共に目を見開いた。
「み、みみ、“ミノル”とな!? 呼び捨て!? るるるるルカさんこのメガネ野郎は一体!?」
「ああああ!? 姉さん!? そこでなにを!?」
 ミノルはタカミチを指さしながらズカズカと歩み出すと、腰の鞘入りマンドラゴラに手をかけた。
「そこのヤンキー! 貴様、今すぐ仕置きしてやる!」
 その瞳がギラリと輝く。射抜くようなミノルの視線を受け、古典的ヤンキー・タカミチは怒鳴り返した。
「ハァ!? お前なんかちゃこのメガネ──」
「ち、違うのミノル! この人は──」

 次の瞬間。
 ミコトが、抜刀した。

 pgieeeeeee!!!!!!!!
「カッ……」
 鞘型植木鉢から引き抜かれたマンドラゴラの悲鳴が、タカミチの脳を揺らして。
「あっちゃー……」
 彼はそのまま、畑に倒れ伏した。


***

 3時間後。学園の保健室にて。
「う……っ……」
「あ、鬼塚くん。目覚めた?」
 タカミチが目覚めた声がして、ルカはベットを覗き込んだ。頭痛がするのか、なにやら頭を抑えていた彼は、ルカの顔を見て飛び起きた。
「ひょあっ!? ルカさん!?」
「調子は……悪くなさそうだね? よかったよかった」
「お、おお俺っちは一体……確か、なんかメガネ野郎が喧嘩吹っ掛けてきて……」
 タカミチの言葉に、ルカは申し訳なさそうに微笑んだ。
「ごめんなさいね、ミノルの勘違いで……」
「ミノル……そういやあのメガネ、ルカさんの弟さんですか?」
「うん。君と同じ1年生だよ」
 頷いたルカに、タカミチは引き続き問いかける。
「なんか刀みてーなもん持ってましたけど……アイツがあれ抜いた瞬間、意識が飛んじまって。なんなんすかあれ?」
「バトルマンドラゴラ用のマンドラゴラよ。あの畑で育ててるのと同じやつ」
「バトル……マンドラゴラ? あの大根で喧嘩すんですか?」
 タチミチがそう言った、その時。保健室の扉が開いた。
「大根とは失礼だな。マンドラゴラを愚弄するな」
「あっ! てめぇ!」
 入ってきたミノルは、両手に水のペットボトルを持っていた。
「ありがとミノル」
「ん」
 ミノルはぶっきらぼうに頷くと、ルカに水を手渡す。そしてもう片方のペットボトルを開け、そちらは自分で飲んだ。
 そんなミノルに、タカミチは言葉を投げつけた。
「おいメガネ野郎! “すんません”くらい言えんのかっちゃ! 勘違いで人を気絶させといてよぉ!」
「ふん。勘違いされるような見た目をしている奴が悪い」
「ンだとォ!?」
「なんだ。やるのか? また昏倒させるぞ?」
 男二人はゼロ距離でガンを飛ばし合う。そんな様子を見て、ルカは慌てて間に割って入った。
「け、喧嘩はダメ! 大会、出場停止になっちゃうでしょ!」
「ア? 大会? バトルマンドラゴラに大会があるとね?」
「当然だろうリーゼント。バトルという言葉の意味を知らんのか貴様」
「ンだとこのメガネ!!? あー畜生、あったまきた!」
 サイドテーブルをバンと叩き、タカミチはミノルを指をさし、叫んだ。
「おいメガネ! そのバトルマンドラゴラで俺と勝負しろちゃ!」
「……は?」
「え!?」
 ぽかんとした姉妹を見回し、タカミチは不適に笑ってみせる。
「喧嘩がダメならてめーの土俵で戦ってやるっちゅーとんよ、メガネ野郎! 俺っちが勝ったらおめーは謝れ!」
「……。良いだろう。身の程を教えてやる。あと……こちらからも条件だ」
 ミノルはタカミチを睨み返し、メガネを直して言い放った。
「僕が勝ったら、姉さんにまとわりつくのをやめろ」


***

 ──と、いう経緯で、この決闘に至るわけだ。
 ルカはため息をもうひとつついて、口を開く。
「はぁ……では両者、スピーカーの電源を入れてバッテリーを確認してください」
「電源、電源……っと。これか?」
 タカミチは鞘についた電源ボタンを押し込んだ。《マンドラゴラバトル──スタート》と発声音が響き、スピーカーONを知らせる。

 バトルマンドラゴラにおける武具は、マンドラゴラ本体と鞘型植木鉢、そしてそれに内蔵されたマイクと、ボディスーツに仕込まれたスピーカーによって構成されている。
 マンドラゴラの悲鳴を鞘のマイクが拾い、ボディスーツの前面についた指向性スピーカーから発射する。指向性スピーカーのおかげで、マンドラゴラの声は周囲を巻き込むことなく、「相手のみ」に叩きつけられるのだ。

「オッケーみたいね。じゃ鬼塚くん、最後に確認ね。マンドラゴラの柄にスイッチがあるのはわかる?」
「はい! わかります!」

 バトルマンドラゴラのためのマンドラゴラは、刀の柄のように加工されており、手元にレバー状のスイッチがついている。
 右に倒せば攻撃用マンドラゴラ、左に倒せば防御用マンドラゴラとして、マイクが拾った悲鳴が編集されるのだ。防御用マンドラゴラは攻撃の音波をかき消すことができる。

「それを切り替えて攻撃と防御をするのよ! 右が攻撃だから、忘れないでね!」
「おっけーっス!」
「あと、マンドラゴラは鞘に収めれば再使用ができるわ! 土に触れればある程度は勝手に潜ってくれるから、とりあえず鞘に当てることだけ考えて! チャージ時間は10秒よ」
「まっかせてください!」
「よし。こんなとこかな。それじゃ、はじめましょ。両者、構えて」

 ルカは戦士たちを交互に一瞥する。
 タカミチは拳を握り、開き、握る。
 ミノルは静かに腰を落とし、居合の構えをとる。

 そしてルカは、厳かに宣言した。
「マンドラゴラバトル──はじめッ!」
「っしゃァッ!」
 pgiiiiiiiieeeeeeeeeeee!!
 開始1秒。タカミチが右のマンドラゴラを抜刀した。指向性スピーカーからマンドラゴラの声が発射され、グラウンドの砂を舞い上げながらミノルへと迫る。
「……ふん」
 対するミノルは眉ひとつ動かさず、防御用マンドラゴラを発動させた。
 pgyaaaaaaaaaaaa!!
 二つの音波は互いに打ち消し合い、対消滅!
「不意打ちのつもりか?」
「オラもう一丁ォッ!」
 pgiiiiiiiieeeeeeeeeeee!!
 タカミチは、今度は左のマンドラゴラを抜刀する。再度迫る攻撃を見て、ミノルは防御用マンドラゴラを再度──発動、しない!
「全中3位をナメてもらっちゃ困るんだよ」
 ミノルはそれを鼻で笑うと、流れるようなステップで指向性スピーカーの射線から外れてみせた。
「なっ……!? 紙一重でかわしやがった!?」
「どうしたリーゼント? 鞘に戻さないと再チャージはされないぞ?」
「ッ、う、うるせぇっ! 今やるとこっちゃ!」
 試合開始から8秒。タカミチがマンドラゴラを慌てて鞘に戻す。
 ここから10秒の間、タカミチはマンドラゴラすることができない。
「くそっ……!」
「やはり素人だな。バトルマンドラゴラはフィジカルだけの競技ではない。頭脳も必要なんだよ」
 ミノルのメガネがギラリと光る。あまりにもわかりやすい挑発。だが、タカミチの沸点は工業用アルコールより低かった。
「こーのーやーろーーーー!」
 タカミチは雄叫びを上げながら地を蹴る。その速度を見て、ルカとミノルは目を見開いた。
「え、速っ!?」
「……!」

 開始13秒。タカミチは瞬時に間合いを詰め、ミノルの死角へと滑り込む。慌てて振り返るミノルだが、その動きに合わせてタカミチもまた移動し、死角を維持する。
「へへっ! フツーの喧嘩ならテメーはこれで死んでるぜ!?」
「……残念ながらこれは、バトルマンドラゴラの試合だ。マンドラゴラされない限りは負けではない」
 ミノルは冷静にメガネを直した。そうして開始16秒、17秒──18秒。タカミチの右マンドラゴラが再使用可能となる。
「強がりもそこまでやぞメガネぇっ!」
 pgiiiiiiiieeeeeeeeeeee!!
 タカミチの右マンドラゴラが火を吹く。ほぼ密着状態、それもスピーカーのない背面での抜刀!
 ──その時。
「甘い」
 ミノルはその場で、液体の如く沈み、地に伏せてのけた。
「なっ……!?」
「この程度の攻撃、中学生でもできるぞ」

 試合開始、20秒。
 ミノルはタカミチの足下で即座に仰向けになり、抜刀する。
「まずその右腕、もらうぞ」
 pgyaaaaaaaaaaaa!!
 刹那、タカミチの右腕がマンドラゴラの音波に包まれる。同時に、タカミチの腕に激痛が走った。
「ぐあっ……!?」
 タカミチの右マンドラゴラが吹っ飛ばされ、宙を舞う。右腕の激痛に、タカミチは思わず距離を取る。が──
「……甘い」
 ミノルは即座に、左マンドラゴラを抜刀した。
 pgyaaaaaaaaaaaa!!
 爆音波がタカミチに襲いかかる! タカミチは必死に、左マンドラゴラのスイッチを切り替えた。
「ぼ、防御──ッッッ……!!?」
 pgiiiiieeeeeeeee!!!
 タイミングが遅れ、攻撃音波の一部がタカミチの脳を揺らす!
 あまりの激痛に、タカミチは左マンドラゴラを取り落とし、膝をついてしまった。

 開始30秒。彼らの向こう、先ほど宙を待っていた右マンドラゴラが地面に突き刺さり、もぞもぞと大地に潜った。
「……瞬殺ね」
 その光景を見て、ルカがポツリと呟いた。開始30秒にして、すでにKO目前だ。
「ッ……か、かすっただけでこれかよ……!?」
「これがバトルマンドラゴラだ。わかったかチンピラ」

 開始33秒。ミノルは油断なく納刀。柄に手が添えられたままだ。このラウンドで早くもキメるつもりだろう。 
「さぁどうする。貴様のマンドラゴラはもう尽きた。僕は10秒後に抜刀し、君をマンドラゴラするだけ。詰みだ」
「ッ……くそっ……!」
「もう一度聞くぞ。どうする? 降参すればこれ以上の攻撃は加えずにおいてやるが」

 開始37秒、38秒、39秒──

「……まだだ」
「なに?」
「まだ、終わってねぇ!」

 開始40秒、タカミチが地を蹴った。10秒前、地面に刺さったマンドラゴラに飛びつく!

「ハッ! 根性は認めよう! だが無駄だ!」
「ダメよ鬼塚くん! 鞘と違い、天然土に埋もれたマンドラゴラはすぐには抜けない! 間に合わないわ!」

 開始41秒。ミノルの嘲笑とルカの声を聞き流し、タカミチはありったけの力を込めてマンドラゴラを引っ張る。
「ぬぐっ……んんんんぬおおおお!!!!」

 開始42秒。マンドラゴラが、少しだけ動いた!
「なっ……!?」

 開始43秒。ミノルの右マンドラゴラがチャージ完了の音を鳴らす!

「だがここまでだ! 防御すらできず死ねリーゼントォッ!」
「せからしかッ! てめーなんざに、負けてたまるかよクソメガネェェッ!」
 先にマンドラゴラを引き抜いたのは──ミノル!
 pgyaaaaaaaaaaaa!!
 渾身の爆音波はグラウンドの土を噴き上げながら、過たずタカミチに突き刺さる。まるで爆発でも生じたかのごとく、タカミチを中心に土埃が吹き上がる!
「鬼塚くん!」
「どうだ! 僕のマンドラゴリック居合に、負けはない!」
 確かな手応えに、ミノルが声をあげる。
 もうもうと立ち込める土埃が晴れていく。そこには──鬼塚タカミチが、なにかを高々と掲げていた。
「っっ……がっ……い、痛ってぇやんけェ……痛ってぇ……痛っっっ」
「なっ……!? あれを喰らってまだ意識が──なッ!?」
 その時、ミノルとルカは信じられないものを見た。
 タカミチが振り上げたそれは──掲げた手の先にあるのは、土の塊であった。その手元、柄の部分はバトル用マンドラゴラのそれである!
「こ、こいつまさか周囲の土ごと……!?」
 然り。それは、土がたくさんついたままのマンドラゴラである!
「痛っっってーなぁぁくそおおおあああああ!」

 開始52秒。あまりの事態に、ミノルの反応が遅れた。
「ぶちくらすぞクソボケぇぇ!!!!」
 タカミチが土塊を、マンドラゴラを、地面に叩きつける!
 bgiiiieeeeee!!!
「しまっ──!?!?!?」
 爆音波は即座に、ミノルを飲み込んだ。

 開始54秒。吹っ飛ばされたミノルは、そのままグラウンドに叩きつけられ、動かなくなった。
「なっ……つ、土ごと抜いて、マンドラゴラするタイミングをずらしたの……!? そんなのアリ!?」
 驚愕に目を見開き、ルカは言葉を続ける。
「それだけじゃない。抜いた土を盾にして、頭や身体をマンドラゴラされるのを防いだのか……って、ミノル!? 大丈夫!? ああっ! 鬼塚くんも!」
 気力を使い果たして倒れ込むタカミチ。ルカは大慌てで、二人の救護に回るのだった。


***

 試合後。
「俺っちが、部活ぅ?」
「そ。私が推薦するからさ。どう?」
「どう? って言われても……俺っち、ヤンキーだし?」
 バトルマンドラゴラ部の部室でスポーツドリンクを飲みながら、タカミチたちが話していた。
「逃げるのかリーゼント?」
「あァ!? つかお前負けたろ! 約束どーり謝れっちゃこのメガネ!」
「はいはい謝りますよー。すみませんでしたー」
「反省の色がねーんちゃ! レンズに指紋つけるぞオラァッ!」
「なっ……それはダメだろう! お前の眼球に指を突っ込むぞ!?」
 ギャンギャン騒ぐ男子ふたりを微笑ましく眺めながら、ルカは口を挟んだ。
「で、どう、鬼塚くん? やってみない? バトルマンドラゴラ」
「あー……えー……?」
 眉をしかめるタカミチ。それを見おろして、ミノルが口を開く。
「リーゼント、いいことを教えてやろう」
「あん? いいこと?」
 ミノルはメガネをただし、不敵な笑みと共に言ってのけた。

「姉さんは、“私より強い人が好み”だそうだぞ」

「ちょっ!? ミノル!?」
「俺っち入部しまーす!」
「鬼塚くん!?」

 こうして、行橋独尊学園バトルマンドラゴラ部に新たな仲間が加わった。
 ──これはやがて語り継がれる、インターハイ無敗伝説の、ほんの始まりにすぎないのだった。

(完)

あとがき

 よくきたな🍑
 ここまでお読みいただきまして、ありがとうございます!

 本作は、狐さん主催の「第一回きつねマンドラゴラ小説賞」への応募作品です。

 最近、鈴木信也先生の『Mr.FULLSWING』と本田真吾先生の「卓球DASH!!」を立て続けに読みまして。どちらも、「筋肉バカの不良生徒が好きな女の子のためにスポーツをはじめてのし上がる話」で、結構楽しく読んでました。結構こういうの好き。

 で、せっかくなのでそれを自分なりにアウトプットしてみようと思った結果が本作でした。マンドラゴラには必ず「抜く」という行為が含まれるので、「じゃあ植木鉢持って回ればバトルできるじゃん」「あ、品種改良でゴボウ型にしたら居合みたいなのイケるな?」「ここでいうパワー型ってなんだ?」「ドップラー効果で特殊効果とかやれそう」とかとかなどなど云々楽しくなってきて、こんな作品になりました。

 本当はダブルスとか市街戦とかマンドラゴラ野球とか色々考えたものがあるんだけど、まぁ第1話だし、1万文字だしってんで、今回はわかりやすいタイマンバトルで書き上げました。とはいえ、なんか書いてるうちに普通の武道バトルものになっちゃって、あんまし胡乱な展開とかパワーワードを織り込めなかったのは反省点ですね……。

 そういえば、行橋独尊学園という学園はありません(『卓球dash!!』の牛久無頼学園へのリスペクトです。主人公のビジュアルも春来くんオマージュです)
 なお行橋という土地はあります。僕の祖母の家がある福岡県行橋市。今回は舞台をその行橋にしました。

 なんだかんだと書き上げるのに時間がかかって、「28日の23:59まで」のコンテストに、「28日な23:57」に投稿するハメになりました。ギリギリセーフです。危なかった。

 頭がぷすぷすしてるので、あとがきはここまでで。後日、例のごとく制作日記をアップしますのでおたのしみに。

 ではでは良い年末を! ちゃお!

▼制作日記アップしました▼


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

🍑いただいたドネートはたぶん日本酒に化けます 🍑感想等はお気軽に質問箱にどうぞ!   https://peing.net/ja/tate_ala_arc 🍑なお現物支給も受け付けています。   http://amzn.asia/f1QZoXz

オレモー!
14
日曜朝のヒーローものが好きな主が描く、「特撮小説」の数々。名付けて【ていたらくヒーロータイム】で僕らと握手!