30代のための社会文芸誌『たたみかた』

30代のための社会文芸誌『たたみかた』編集部の公式noteです。逗子にある夫婦出版社『アタシ社』から2017年4月15日に創刊。正しさと正しさがぶつかり合う世界を、超えていくために、「私」を考える。

私と、理虔さん。

小松理虔×三根かよこのトークイベントがあります 2018年9月14日(金)19時、青山ブックセンターにて。 理虔さんの新著『新復興論』(ゲンロン叢書) 刊行記念のトークイベ…

05✒︎『たたみかた』僕らの読後感/記者・瀬木広哉さん

僕は「たたみかた」を神棚に飾らないようにしたい。そういう態度が、この異色の社会文芸誌への最良の好意の示し方のような気がしている。  「たたみかた」は「私」を起点…

  • たたみかた 創刊号 (福島特集)

    三根 かよこ,神保 賢志,小松 理虔,石戸 諭,藤田 一照,桑子敏雄,永井陽右,ミネシンゴ

04✒︎『たたみかた』僕らの読後感/灯台もと暮らし編集長・伊佐知美さん

◆たたみかたを読んでみて 言ってしまえば、世の中のすべては私にとって「文章を降らせる刺激」であって、ふわりふらり、その『たたみかた』も私に大きくインスピレーショ…

03✒︎『たたみかた』僕らの読後感/OZmagazine編集長・古川誠さん

今日は、OZmagazine編集長にいただいた『たたみかた』の感想を書き残しておこうと思います。 ▪️読んでみての雑感  出来上がったものに対して意見を言うことも、異論を…

【編集長のひとりごと#3】偶然の宿命。「私」の拡張。共感(empathy)と寛容。その①

先日、いわきでトークショーしてきました。 来てくださったみなさま、ありがとうございました。 自分自身、改めてなぜ『たたみかた』を作ることになったのか? その背…

【編集長のひとりごと#2】長野の栞日と、あそびなおしてきました。

今朝の朝ごはんは、松本で買ってきたChez Momoさんのコンフィチュールとスコーンでした。今まで食べたスコーンやコンフィチュールの中で、1番おいしかったように思います。…