tanec 01 特集=チェコのこと〈2刷販売開始しました〉
見出し画像

tanec 01 特集=チェコのこと〈2刷販売開始しました〉

たりん/映画・チェコ グッドムービークラブ

「踊りたくなるくらいに好きなもの」を紹介する雑誌『tanec』を創刊します。第一号の特集は「チェコのこと」と題して、チェコの(比較的新しい)カルチャーを扱います。

画像1

Concept

心や身体が踊るほどに、
踊りたくなるくらいに好きなもの

tanecは、チェコ語で「ダンス」のことです。
すばらしい!と思うものに出会った時に、
心臓が早く打つことや、
思わず立ち上がって拍手をしたくなること、
とにかく誰かに伝えたい!とソワソワすること、
頭はまとまらないけれど、この気持ちを残しておこうとペンを取ること、
そういうことの全てを、身体が、そして心が「踊っている」と表現できるのではないかと思ったことが、この名付けの由来です。

身体が踊るほどに、踊りたくなるくらいに好きなものや、魅力的なものを誰かに伝える場として、この小さな雑誌を発行します。

tanec 01 特集=チェコのこと

第一号では、「特集=チェコのこと」と題し、チェコのゲーム、映画、音楽、アート、コミック、絵本、人形劇など幅広いジャンルを扱い、チェコの現代のカルチャーを紹介しています。

この特集を設定したのは、日本で「チェコについて」といった時に取り上げられることの多い80年代以前の作品ではなくて、ビロード革命のあと、90年代以降の作品を扱った雑誌を読んでみたい、と思ったことが理由です。文学作品や映画は、なるべく日本語でアクセスしやすいものを選びました。同時に、映画祭や人形劇についてなど現地でしか味わいにくいという性格のものについても掲載しています。現地で活動する方へのインタビューを通じて、チェコのいまを感じていただけたら嬉しいです。

この雑誌で扱われているのは「チェコのこと」のほんの一部ではありますが、楽しんでいただけたら幸いです。

Index

画像2

01 はじめに 

06 チェコってどんな国? 

07 小さくて弱くて優しい主人公たちと―アマニタデザインのゲームを遊ぶ 
12 手仕事の映画−チェコの人形/アニメーション映画

15「おばちゃん」の普遍性―映画『チェコスワン』を観て

16『異端の鳥』の非情

20 映画祭から見えるチェコの市民運動の伝統―イェデン・スヴィエト人権映画祭ディレクター オンジェイ・カメニツキーさんインタビュー

24 チェコの音楽をちょっとだけ

26 チェコのアートシーン―Cena Jindřicha Chalupeckého /インジフ・ハルペツキー・アワード

32 チェコ・コミックの本棚から

34 ビジュアルから想像が広がるチェコ絵本―Baobabの魅力

36 日本で出版されているチェコの絵本 

37 チェコで友達を作るには?趣味のクラブを作るという提案 

40 チェコの慣用句から日本語を学ぶ

42 イジー・クラトフヴィル『約束』―「ナボコフの二手詰」すら包括する、「狂気」の連続体

44 ミハル・アイヴァス『もうひとつの街』――哲学とシュールが入り乱れたチェコの幻想文学―― 

46 Divadlo Líšeňの人形劇

48 観客の目を見つめて―人形劇作家ヴェンドゥラ・トムショヴァーさんインタビュー 

54 チェコのことをもっと知るには

A5変形・55ページ・中綴じ製本

Writers

あまのさくや
佐賀建
大久保りさ
富重聡子
遠藤徹
日原聖子
中野木波
イヴォ・プルセック
りさきゃん
高橋麻菜
三橋光太郎
はと
藤田琳

Staff

企画/編集:藤田琳
アートディレクション/デザイン:中山望
装画:香取亜美
印刷:藤原印刷株式会社
製本:有限会社中正紙工

購入はこちらから 定価1000円です。

tanec オンラインショップ *現在2刷販売中です!
 https://tanec.stores.jp/items/60642925d5e9c9064e66c155

取り扱い店(順不同 9/9更新)
・実店舗
タバネルブックス(東京・石川台)
甘夏書店(東京・押上)
コ本や(東京・要町)
ブックスルーエ(東京・吉祥寺)
SUNNY BOY BOOKS(東京・学芸大学)
coyama(東京・武蔵小杉、向河原)
Books&Cafe コトウ(福島)
のら珈琲(秋田)*sold out
乃帆書房(秋田)
BOOKSHOP 本と羊(福岡)

・オンライン
タバネルブックス(東京・石川台)
甘夏書店(東京・押上)
コ本や(東京・要町)
SUNNY BOY BOOKS(東京・学芸大学)*sold out
乃帆書房(秋田)

訂正

初版発売後にミスが判明しましたので、こちらにて訂正いたします。
ご指摘いただき、ありがとうございました。
*現在販売中の2刷では修正済みです。

p.14 3行目
誤:アーティストのフランティシェク・スカーラ(František Skála)
正:アーティストのフランティシェク・アントニーン・スカーラ(František Antonín Skála)

p.33 末尾

誤:p.14でも紹介した美術作家のフランティシェク・スカーラ
正:p.14でも紹介した美術作家のフランティシェク・アントニーン・スカーラの父、フランティシェク・スカーラ

画像3

画像4

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
たりん/映画・チェコ グッドムービークラブ

最後まで読んでくださってありがとうございます。 いただいたサポートは、映画鑑賞、本の購入など文化に対する出費に充てようと思っています。そしてまた新しい文章を書きます。

感謝!エドワード・ヤン『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』良いよ!
たりん/映画・チェコ グッドムービークラブ
●三鷹 Cafe Hammock @hammockmitakaで働いています●グッドムービークラブ@gdmovieclub として映画を楽しむ活動をしています ●翻訳・通訳・執筆|日本語-英語-チェコ語