一般社団法人タオ・アカデミージャパン公式note
樹を抱く氣功『抱樹とう』
見出し画像

樹を抱く氣功『抱樹とう』

一般社団法人タオ・アカデミージャパン公式note

道家氣功の功法のひとつに『抱樹とう』というのがあります。

木はこの屋久島の杉のように(写真は私が撮ったもの)長いものは何千年も生き続ける事ができます。

ちょっと「木」の漢字の成立ちを見てみましょう。これは象形文字で下の写真のような字になります。

この字の上部は天・陽の氣を導入する。下の部分は地・陰の氣を導入する。


樹木は空に拡げた枝葉から天の陽の氣を取り入れ、地中に張った根から陰の氣を取り入れています。そしてどっしりと大地に根を張り、風雪に耐えて何百年、何千年も生き続けています。

その姿を人間に当てはめて解釈した氣功がこの『抱樹とう』です。

この功法は頭頂の「百会」と額の「印堂」から天の陽の氣を、そして足の裏の「湧泉」から地の陰の氣を取り入れます。またこの功法は別名『宇宙とう』といいます。美しい星空を思い浮かべ宇宙に満ちている氣を取り入れます。

抱樹とうによって氣を取り入れ、宇宙、自然界からの氣のパワーの素晴らしさ、そして大いなる母の愛を感じ、からだの内側から満たされ心身が安らかになる…氣功の素晴らしさを実感する功法のひとつです。

タオ・アカデミージャパンがお伝えしている動功百齢(パイリン)太極拳はこの『抱樹とう』から始まります。

このパイリン太極拳の会が6月8日(水)総武線新小岩で13時からあります。参加費2500円。お問い合わせはこちらまで。(毎月1回定期開催予定)

taoacademyjapan1635@gmail.com

-古代から伝わる21世紀最高の氣功実践書
『道家氣功』絶賛発売中です。公式HPからお求めください。(抱樹とうも掲載されています)

http://tao-academy-japan.com/book-guide/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
一般社団法人タオ・アカデミージャパン公式note
道家氣功は古から大切に受け継がれてきた健康長寿の叡智の結集。氣功という堅い難しいイメージから、わかり易く楽しく伝統氣功をお伝えします。日常の中に気楽に気持ちよく氣功を取り入れた氣功ライフ。すでに多くの方が始めています。 http://tao-academy-japan.com