見出し画像

読み心地の良い文章を書くための5つのポイント

こんにちは、たんくです。

今回は、すぐに実践できる5つのポイントを紹介したい。
それでは、さっそくやっていこう。

1. 結論を先に

構成をあらかじめ練っておき、結論を先に書こう。当たり前と言われるかもしれないが、意外とできていないことが多い。

その文章で何が一番言いたいのかが本人も分かっていないパターンだ。これを防止するには、あらかじめ構成を練っておくとよい。
何が結論か、何が根拠か、整理しておこう。

2. 難しい表現を使わない

難しい表現をできるだけ避けよう。

読む側は知識を得ようとしているのだから、難しい専門用語は知らない。こちらが当たり前と思っていても、共通の知識ではないのだ。

中学生・高校生に説明するようなイメージで書いていこう。

3. 一文を短めに

一文を短めにし、伝えたいことは一つにしよう。

とにかく色々なことを伝えたいと一文を長々とし、点を何回も打っている文章を結構見る。
ちょっと短いかなと思うぐらいでちょうどいい。

4. 修飾語と被修飾語の位置を近くにする

当たり前のことだが、基本でありとても大事だ。
案外できていない文章を目にすることがある。

これを防ぐには、書き終わった後に読み直すことが重要だ。
なんとなく分かりにくいなって思ったときは大概これが原因だ。
少し注意してみよう。

5. 長い修飾語は先に、短い修飾語は後に

どうしても文章が長くなってしまうことはある。
そうしたときは、長い修飾語を頭にもってくるとよい。

これをするだけで文章は結構すっきりする。
語順で悩むとき、一番しっくりくる法則だと思っている。


最後に

今回は、読み心地の良い文章を書くための方法について書いた。

もし書く内容が思いつかない、、、というときはこちらの記事を読んでほしい。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!!





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
東大4年 受験情報(勉強法、塾選び、テキスト)、自分の研究、得た学び などを書いています。