見出し画像

江戸の粋とサティ

画像1

今、我が家の玄関に飾ってある花は「アマランサス」。先日、来客のおひとりが、立ち止まりじーっと見つめていたっけ。

確かに、ずっと眺めていても飽きない。心を脱力へ導く。

画像2

アマランサスの小さな粒は、イネ科ではないけれど、ヒエやアワ同様に雑穀として扱われています。

紀元前6世紀頃より、古代アステカなどで主食としてきた植物で、日本へは観賞用として江戸時代に入ってきたそう。

江戸文化ってやっぱり興味深い!この栄養価の高いスーパーフード。食用ではなく、不思議な形状をした花を観賞用として楽しんだのだから。(粋だね)

今日の花のお供はサティに決定。だらんと、脱力しながら、花と音楽に身をまかせたい気分。

画像3



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
はなまるな一日を✨
東京・恵比寿で隠れ家サロンのフラワー教室。パリで学んだエスプリを花で表現することに命をかけている。子供の頃に見たアニメ「ラ・セーヌの星」と「ベルサイユのばら」に憧れてパリへ花を学び行った元祖オタクのフラワーアーティストhttps://tamaki-flower.com/