見出し画像

地産地消チャレンジ〜大阪〜

作り手と食べ手の距離が近い方がいいのではないか。その形の一つがその土地で作られた食材を食べることなのでは?という考えから、1日3食#地産地消チャレンジをやってみようとなりました。

ルールは
・自分の住んでる都道府県産のものだけを食べて良い
・調味料は考えない
・飲みものも考える

近くにあるスーパーと八百屋で買い物をしました。家の近郊で育てられてるから地元の食料品店で地元産の食材が買えると思っていたら、大阪産は全然なく、結局購入できたのは水菜とキャベツのみ(涙)

一方で、京都、奈良、兵庫、滋賀産の食材はたくさん見かけた。野菜や果物から肉、魚、豆腐などまであった。

店員さんと話しをしたら、季節によっては大阪産の果物と野菜があと数種類入荷されると言ってた。

結果:

食材の産地を意識して買い物ができたことが良かった。地域の食材を発見できたり、近畿であればある程度食材が手に入れられるともわかった。

ただ大阪産の食材についてはほとんどなかった。地産地消と言うと、都道府県や、半径何キロメートル以内のものを食べるという目処を立てるけど、それはわかりやすい反面、それでいいのかと疑問も持った。京都寄りの大阪に住んでいるため、京都産を買ってもいいのではと思ったし、近畿のものを食べるのも地産地消になると思った。

でも、一旦「住んでいる場所の食材を食べる」と決めて、住んでいる都道府県で作られる食材を使って、もう一度やってみたいと思います〜!









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
玉木 春那

いただいたサポートは「食」を発信する活動に使わせていただきます^^

嬉しいです!ありがとうございます☺️
9
'99 | 食の日記と備忘録。 | 世界各地域の食|#食#ローカル#サステナブル#ライフスタイル##旅 | 構想中・妄想中のアイデアを言語化するためにも使います https://linktr.ee/haruna__tamaki