見出し画像

サイト制作で "WordPress" と "WiX" どちらを選ぶ?

こんにちは、みなさん。
アローサル・テクノロジーの佐藤です。

今回は、IT企業っぽいことを書きます。とはいっても、基本中の基本です。

最近独立した方から、
「サイトを作ろうと思うんだけど、何をつかったらいいかな?」
という相談を受けました。

今どきは、HTMLやCSSで1からサイトを作ることは減りました。

WordPressなどのオープンソースやWiXなどのホームページビルダーをベースに作成したほうが良いこと、それぞれの特徴を話して大変喜んで頂いたので、私の中では当たり前のことでも、意外と知らない人も多いのかな?ということに気づきました。

今回は、自社サイトを作成する際に、WordPressとWiXでどちらで作成したほうがいいの?ということを記事化しました。

それでは、どうぞ!

1.選び方

はい!結論!
結論からお伝えすると、どちらも良し悪しがあるため、目的運用方法などの判断軸を基に選びます。

■サイト制作における判断軸
 ・目的は?
 ・ITリテラシーが高い人はいる?
 ・予算は?(他社に頼む場合)

くらいですかね。基本的に、これを抑えておけばいいと思います。

・目的は?

メディアなどの記事投稿が多いような動的サイトを作成する場合は、
 ⇛WordPress

更新頻度の低いコーポレートサイトのようなサイトを作成する場合は、
 ⇛WiX

記事ゴリゴリのコーポレートサイトもあると思いますので、そちらの場合は、WordPressを使用すると良いと思います。
各ページのデザインを調整したり、更新したい場合にはWiXのほうが勝手がいいです。

補足ですが、1枚ペラのランディングページであれば、ペライチが良いのではないでしょうか?

・ITリテラシーが高い人はいる?

最近は、ノンコーディングと言われる開発に必要なコーディングを使わずしてサービスを開発する手法が増えてきています。上記で述べたペライチWiX自体は、一般の人でも制作できるように考えられています。

WordPressは、サーバーを用意して、WordPressをインストールする必要があります。その後、好きなテーマをあてる当てる作業があり、SEO対策用のプラグインをインストールするなど、少しITリテラシーが必要です。
ネット上に設定作業等の記事はたくさんでているので、そちらを見ながら作業できるのであれば問題ないです。

ITが苦手な人は、WiX。
ITリテラシーがある人、もしくはネットを見ながら作業できる人は、WordPress。

という判断基準です。

・予算は?

外部に委託する場合の予算ですが、カスタマイズのない一般的なサイトであれば、どちらも30万円程度で制作可能です。

クラウドワークスなどのアウトソーシングサイトであれば、もう少し安く作ることができるでしょうし、デザインにこだわりたい、会員登録機能がほしいなどのカスタマイズがあるのであれば、100万円を超えることも全然ありえます。

WiXは、無料で使えるのですが、広告を外して独自ドメインを利用する場合は、年間1.5万円ほどかかってきます。
WordPress自体は無料ですが、サーバー代金と、テーマの代金を考えると、WiXとさほど差がないです。

自社サイトは、ぜひ社内で作成してほしいですね。
プレスリリースや、ニュース、記事等々を作成するのは社内の人だと思いますので、自社で運用できるようになっていたほしいと思います。


ちなみにですが、弊社のコーポレートサイトは、WIXで作成されています。

自社のオウンドメディアは、WordPressで作成されています。

どちらも実際に社内で活用しているので、使い勝手は良く知っています。

2.WordPressの特徴は?

画像1

WordPressとは、サイトの作成やブログの作成などができるCMS(コンテンツ管理システム)の1つで、無料のソフトウェアです。Web関連技術が無い人でもサイト管理や記事投稿ができるため、世界中のサイトのおよそ4分の1はWordPressで構築されていると言われています。

全世界で最も使われているCMSが、WordPressです。

利用したい方は、下記からどうぞ!

WiXに比べて、キレイなデザインテーマが多いです。
また、ECサイトや、メディア、コーポレートサイトなど、利用用途に応じたテーマが多く取り揃えられています。

他にもプラグインと呼ばれる、機能を追加できる仕組みがあるため、自社好みにカスタマイズできます。また、WordPressのコアソフトウェアの大部分はPHPで書かれているため、プラグイン以上にカスタマイズしたい場合にも対応できます。

その他、基本機能やメリット・デメリットは、下記の記事を拝見ください。


3.WiXの特徴は?

画像2

Wix.com(ウィックス)は、世界で1億人以上が利用するドラッグ&ドロップのホームページ作成ツールです。無料版と有料版サービスを展開。

有料版は独自ドメインの設定や広告非表示の選択ができ、プレミアムサポートが受けられます。インターネットを通じて個人やビジネスが創造、貢献、成長できるソリューションを提供することを理念としているようです。

利用したい方は、下記からどうぞ!

WiXは、WordPressほどカスタマイズ性はありませんが、こちらも用途に応じたテーマが用意されています。
WordPressでデザインをカスタマイズするには、HTMLやCSSの知識が必要ですが、ブラウザ上でデザインをカスタマイズすることができます。

他にもWiX内には、専用のアプリがあり、問合せフォームや、チャット機能など、WordPressほどではないですが、用意された機能を追加することが可能です。

本サービスは、イスラエル製です。AIにも力を入れているサービスなので、今後は自動でサイトを制作できるようになるかもしれませんね。

基本機能やメリット・デメリットは、下記の記事を拝見ください。

4.さいごに

いかがだったでしょうか?
今回は自社サイトを作成する際のツールの選び方を記事化させていただきました。

ネット上には、情報が溢れているため、自社にとって何を選ぶのが最適なのか?というのは、中々難しいかもしれません。

私の記事では、そういった情報を選択する基準などをお伝えしていけれればと思います。ぜひ、ITリテラシーをあげていいましょう!

それでは、また!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ!焼きっておいしいですよね。
20
アローサル・テクノロジー株式会社 代表取締役 「テクノロジー×エンターテイメント」をコンセプトに、WEBシステム/アプリケーション開発に従事。現在はバングラデシュへ進出し、人工知能(AI)技術研究、プロダクト開発を推進。 https://www.arousal-tech.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。