水曜日のメンタル#2『成果確認は、体験が薄れてしまう前のアツアツのタ イミングで振り返ろう』

こんにちはプロマラソンランナーの原田拓です。

今週のトレーニングは、暑さを考慮して距離アプローチから負荷を上げて(距離に拘らず)基礎を作っていく流れに切り替えていく、順応期間の3週目です。

今週のメイントレーニングは、7/19(日)の3000m(3:00ペース)です。

速いペースで走ることで強めの負荷をかける目的もありますが、今回はもう一つ目的があって、ここまでのトレーニングの成果確認も兼ねて「3:00ペースにどれくらい余裕があるのか?」のチェックです。

成果確認をするときは、疲労がある状態だと今の正確な走力を確認しにくいので、疲労を抜いて良い状態で行います。
16(木)?18(土)のメニューが軽めなのは、そういう意図があります。

結果は「イメージしていたよりも3:00ペースは余裕を持って走ることができた」「5000mのレースに出たら14:45くらいでは走れるところまでは戻っている」という確認をすることができました。

ここから大事なところいきます!!

成果確認はあまり間隔を開け過ぎないで、定期的に行う必要があります。

何でかというと、

今回の私の場合、成果確認をした結果イメージしていたよりもいい成果が出ました。

これによって、これからのトレーニングプランを少し上方修正してもいいかも?とトレーニングプランを見直すきっかけを作ることができます。(とは言えあまり欲張るのはよくないです)
悪い場合は、下方修正をするきっかけになります。

さらに「何が成果に結びついたのか?」を体験を忘れてしまう、体験が薄れてしまう前のアツアツのタイミングで、振り返ることができます。

体験を活かすためには、古くなった体験からよりも、鮮明に記憶に残っているアツアツのタイミングでの振り返りの方が精度が高くなります。

マラソン大会がないですが、成果確認は大会だけじゃなくてトレーニングでもすることができるので、定期的な成果確認をやりましょう(^^)


今週のトレーニング内容

7/16(木)
30分JOG(5:00ペース)

7/17(金)
10KmJOG(4:30ペース)

7/18(土)
10KmJOG(5:00ペース)

7/19(日)
3000m(3:00ペース)

7/20(月)
20KmJOG(4:18ペース)

7/21(火)
20KmJOG(4:59ペース)
10KmJOG(5:07ペース)

7/22(水)
20KmJOG(5:23ペース)
10KmJOG(5:04ペース)

プロマラソンランナー 原田 拓

DMMオンラインサロン「RUNSHARES」

Instagram オンラインショップ ランニングスクール YouTubeチャンネル

無料WEBメディア[ヨムラン]

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
神奈川県藤沢市出身。国士舘大学時代は箱根駅伝2度出場、実業団で走る。2013年1月独立し名古屋でランニングスクールFROGを創業。年間800レッスンをこなす代表コーチで現役のマラソンランナー。2020年7月DMMオンラインサロン「RUNSHARES」を主宰。