takumi
「子育て」と「柔軟性」を考えた家づくり
見出し画像

「子育て」と「柔軟性」を考えた家づくり

takumi

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。

本日は、ブログ記事を更新しましたのでそのお知らせです。
↓↓↓

子育てしやすい間取り・家づくりのポイントを解説!

子育てしやすい」をテーマに、5つのポイントについて解説しています。

ただ、考え方として「子育てしやすい」とは言いつつも、さらに先を見据えて「将来的にも使いやすい」という目線が必要だと思います。

子育て世代の家づくりでは、どうしても現在と近い未来のイメージで家づくりを進めてしまいがちですが、その先も何十年と使い続けます。

子供も成長していき、
「目が離せない時期」があって、
「コミュニケーションが多い時期」から、大きくなってくると「プライバシーが必要な時期」
も出てきますよね。

記事には書いていませんが、「リビング階段」と「玄関近くの階段」の、どちらが使いやすいのか、という課題もあります。

リビング階段は、「リビングの中に階段」または「リビングを通って奥に階段」というように、リビングを通ることでコミュニケーションがとれるようにという意図も大きな特徴になっています。

しかし、例えば子供が友達を連れて部屋へ行く際には、必ずリビングを通るということがネックになることがあります。

「リビングを綺麗に片付けておかなければ、、、」ということですね。

反して、玄関近くの階段は「リビングを通らず2階へ」という形態ですから、コミュニケーションを取らずに自分の部屋へ行く事ができます。

コミュニティープライバシーか、というところですね。

これは、どちらが正解というものもありませんし、そもそも1階リビングを想定した課題であって、2階リビングだと選択肢がないことがあります。

これらも、子育ての目線だけでなく、将来的にお子様が巣立ったあとのご夫婦中心の生活の目線でも、考えておく必要があるということですね。

それでは今日はこのへんで。

◆プレゼントコーナー

家づくりで不安があればすぐに読む本!

絶対に押さえたい7つの重要ポイント

一級建築士takumiが解説しています!

失敗しない家づくりのための、無料のメルマガ講座への登録でプレゼント中

こちらをクリックして今すぐ確認
↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
takumi
年間100件以上の間取りをチェック・改善する一級建築士・建築コンサルタント。 安心安全の家づくりを徹底フォロー。失敗回避のための家づくり本【絶対に押えたい7つの重要ポイント】プレゼント中⇒https://taku-kenchiku.com/lp/takumimerumaga-n/