センサーライトにした方が良い場所は?~照明計画のヒント!
見出し画像

センサーライトにした方が良い場所は?~照明計画のヒント!

こんにちは。

建築コンサルタントのtakumiです。

本日は、照明計画の時によく迷う、「センサーライト」をどこにつけようか、ということについてのお話をさせて頂きます。

センサーライトというのは「人感センサー」によって、人を感知し、自動で照明が点灯し、設定した時間(数秒~数分)が経つと自動で消灯する照明設備です。


短時間しか使わないスペースは、近くに寄ると点灯しますから安全性も高くなりますし、照明スイッチの操作をしなくて良いのでスムーズです。

そのため、「通るだけ」の通路スペースや、ほんの数分程度しか滞在しないようなスペースに向いています。

また、「消し忘れ」も防止できますから、省エネ効果もありますね。


■玄関ポーチ、玄関(◎)

暗くなってからの帰宅の際には、玄関ポーチ付近まで近づくと人感センサーですぐに明るくなると安心しますし、鍵を開けるにもスムーズです。

画像1

また、ポーチには段がある場合が多いので、段差で足を踏み外さないためにも、センサーは必要度が高いところです。

玄関も同じですね。

画像2

上がり框(かまち)の段差もありますし、「靴を脱いでシューズボックスへ入れる」または「靴をシューズボックスから出して履く」だけですから、短時間しか滞在しません。

玄関ポーチや玄関ホールは、人感センサー採用の定番の場所ですね。


■シューズクローク(○)

シューズクロークは、靴やコート、屋外で使う物の収納場所ですが、中で作業をしたり探し物をしない限りは、短時間で済む場所ですからセンサーライトがスムーズです。

画像3

■廊下(◎)

廊下も「通るだけ」の場所ですから、「点灯」と「消灯」のスイッチ操作がない方がスムーズです。

画像4

特に、寝室~トイレのある場所は、夜間のトイレの行き来がスムーズになります。

ただ、就寝時間には明るいと目が覚めてしまうので、フットライトの方が良いと言う方もおられます。


■トイレ(○)

トイレも普段は短い時間しか使わないので、センサーライトは便利ですが、長い時間座る方もおられますので、そういう方には「途中で切れてしまう」ことになるので、ちょっと不便ですね。

(動くとまた点灯しますが。)

トイレに採用する際には、「便利である」ことに加えて、「消し忘れ」を防止する効果が大きいと言えます。

トイレ


■ウォークインクローゼット(△)

ウォークインクローゼットは、中で服を選んだり、洗濯後の服を仕舞ったりしますから、人によっては少し長い時間、点灯している方が良い場合もあります。

画像6

ウォークインクローゼットに限らず、パントリーや納戸もそうですが、センサーライトの収納部屋への採用は、そんなに便利さを感じられないかもしれません。

ただ、ここでも「消し忘れ」を防止するために採用する方もおられます。

特に、常にドアを閉めている場合は、消し忘れても気が付きにくいので、「消し忘れ」が多い方は検討しても良いかもしれません。


■ちなみに

階段はセンサーライトにはしない方が良い、と考えます。

ダウンロード (1)

理由は、万が一、照明が消えると足を踏み外すことにもなりますから危険です。(あくまでも万が一ですが。)

◆プレゼントコーナー

建築士takumiが、「品質の高い」家づくりをしたいあなたへ

40歳からのはじめての家づくり~失敗回避のための家づくり本

『絶対に押えたい7つの重要ポイント』

建築士takumiの無料メルマガ講座にてプレゼント中!

クリックして今すぐ確認する↓↓↓

画像8





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
年間100件以上の間取りをチェック・改善する一級建築士・建築コンサルタント。安心安全の家づくりを徹底フォロー。失敗回避のための家づくり本【絶対に押えたい7つの重要ポイント】プレゼント中⇒https://taku-kenchiku.com/lp/takumimerumaga-n/