見出し画像

僕がSNSマーケターに #副業 を勧める3つの理由

皆さんこんにちは、株式会社NAVICUS 代表取締役の武内です。

一カ月前、SNSマーケター × 副業 マッチングの新プラットフォーム「NAVICUS Plus」をリリースしました。

この事業の核となる「SNSマーケター × 副業」のポテンシャルの話と、折角なので株式会社NAVICUSの事もお話させてください。

NAVICUSってどんな会社か

画像6

NAVICUSは、コミュニティ・マネージメントやSNSマーケティングを国内に広く浸透させるべく、2018年7月に設立した会社です。

コミュニティ・マネージメントのコンサルティング、SNS運用、キャンペーン企画や効果分析等を生業にしており、ゲームを中心としたアプリサービス、メーカー、Webメディア、NPOなど多様な領域に携わっているのが一つの特徴です。

所属するメンバーは、DeNAやLINEなどIT系事業会社でのコミュニティ・マネージメント業務、SNS運用業務の経験があるメンバーが多く、代表の僕自身いわゆる「SNS中の人」として業務してきた経歴があります。

・・・あ、もしお仕事のご相談あればこちらから是非!↓

コミュニティ界隈はノウハウ・人材の流動性が低い

前段が長くなりましたが、SNSマーケター×副業の話です。

私自身、前職時代はとある事業のマーケ責任者をやりつつ、副業としてテレビ系の公式Twitterのライティングを担当していました。その中で感じたのが「コミュニティ界隈はノウハウ・人材の流動性が低い」という点です。

理由は様々あると思うんですが、特に感じている点は…

画像3

図にするとこんな感じ。ただ、これだけだと良く分からないと思うので、経験則踏まえつつ「SNSマーケターに副業を勧める理由」という軸でお話します。


副業を勧める理由1:転職せず汎用的なスキルが獲得できる

コミュニティ・マネージメントやSNSマーケティングは、まだまだ国内で際立った事例が少ない為、流通している情報から学ぶより実地で経験値を積む方が効率的です。その為、様々なコミュニティに触れ視野を広げる事が非常に重要、なのですが、、「転職」に関しては積極的じゃないSNSマーケターが非常に多いです。

理由として、「自社の事業やサービスに愛着が強く、離れたくない」という点が大きく挙げられます。

画像4

自社のコミュニティと真摯に向き合う優秀なコミュニティ担当者・SNSマーケターほど、自社の事業やサービスへの「愛着」が非常に強いです。その為、自身のスキルアップの為と割り切ってのキャリアチェンジが難しい側面があります。

その為、「経験値を積みたい、でも今の会社の事業にも関わり続けたい」というSNSマーケターにとって、一つの建設的な選択肢が「副業」ではないかと思ってます。


副業を勧める理由2:自身の市場価値が分かる

僕は十年来のSNSマーケターですが、初転職の時感じたのが「自分のスキルがガラパゴス化している」事でした。

新卒で所属していた株式会社オウケイウェイヴはコミュニティサービスの先駆けとも言える会社で、SNS運用業務などを通じコミュニティ・マネージメントの基礎を学ぶ機会を頂きました。ただ、限られた事業・サービスでの経験値に偏っていた為、悪く言うと「オウケイウェイヴ屋さん」に熟成し過ぎていたように思います。

画像4

転職先の株式会社ディー・エヌ・エーではスマートフォンゲーム事業におけるSNSチームの立ち上げ等に関わらせてもらいましたが、自分のウリだと思っていた経験知識が通用しない場面に多々遭遇し、コミュニティ施策の「マニュアル」化の難しさを痛感しました。

これは副業の場合でも結局難しいです(笑)ただ色々な業界に関わる事で、ノウハウの転用が利く業界・職種を見つける事は出来ると思います。


また、SNSマーケター仲間から「自分の水準で市場価値があるのか分からない(転職しても活躍できるか心配)」という声も良く聞きます。

画像5

これは、各社内でコミュニティ・SNS業務の評価軸が様々(多くの場合不明瞭)な事が要因に挙がります。その為、「仮に転職したとして、自分のスキルセットで戦えるのか」を不安に思うケースが多いようです。

これも、実際に副業に取り組む事で、自身の業務に幾らの依頼額が付くかを知る事が一つの試金石になるかと思います。


副業を勧める理由3:収入が(結構!)増やせる

これはSNSマーケターに限った話ではないですが、やはりすごくインパクト大きいです。

仮に月20万円の案件を受け持ったとして、年額だと240万円!普通に年収を240万円増やすのって生半可な事じゃないですが、副業だとそこまでハードルが高い話では無かったりします。


NAVICUS Plusって何だ

画像1

で、事業の話・・・と思ったのですが、NAVICUS Plusのご紹介はサイトの方に詳しく掲載しているので、是非そちらをご覧ください!↓

営業活動はNAVICUSが代行、また初めての副業で手続き面等で不安がある場合、部分的にサポートさせていただく事も可能です。

我々NAVICUSとしては、NAVICUS Plusを通じてコミュニティ・SNS人材の流動性が高まり、多くの企業においてコミュニティ・マネージメントやSNS活用が浸透していくと嬉しいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポート頂けましたら、都内ラーメン探訪に充てさせていただきます!(&記事化します)

25
株式会社NAVICUS 代表取締役社長 / アディッシュ株式会社 ソーシャルメディア・マーケティングフェロー / ONNE パートナー / 真面目っぽいって言われがちですが、割と頭ユルいです。 https://www.navicus.info/

コメント1件

コミュニティ施策はコミュ力が必要だから、専門家にまかせつつ、社内にノウハウは蓄積していきたいなぁ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。