見出し画像

神の島[久高島]で神の使いに出会った旅

JAS

沖縄県本島から船で20分程の久高島は、はるか昔、琉球の神が舞い降りたと言われ、古くから信仰の島となっております。
レンタサイクルを借りて、昔ながらの静かな街並みを散策してみたところ、これは神の使い?と思われる犬に遭遇しました。
神の使いか、はたまた観光協会の回し者かという不思議な犬の話です。

画像1

那覇から車で40分くらいの安座真港へ。
ここから久高島行きのフェリーで20分の乗船です。
この日は天気が悪かったのですが、晴天時はクルーズ感覚で気持ち良いです。

画像3

久高島に到着後、フェリー乗り場近くにあるレンタサイクルのお店で自転車を借ります。

画像3

この島は昔ながらの沖縄の街並みが残っていて、とても風情あるんですよね。島の人たちはすれ違う度に「こんにちは〜」と声をかけてくれます。


画像4

路地をサイクリング中、小さな可愛い犬に遭遇。


画像5

わん子はこちらの自転車の前を歩きながら、度々振り返るので、ついて行ってみることにしました。


画像6

何か民家のようなところに入っていきました。


画像7

するとなんと!久高殿と呼ばれる久高島で神聖な祭場でした。
もしかしてこのワン子は神の使いか、観光協会の職員?


画像8

「猫との遭遇」
なんと草むらに隠れて、猫が近づいたら一気に襲い掛かっていました。
やっぱり犬です…。


画像9

島の運動場に出ました。
次はどこに連れて行ってくれるんだろう。


画像10

細い路を小さな身体で、すたすた走って行きます。


画像11

あれあれ、密林に迷い込んでいきます。
大丈夫でしょうか…。


画像12

綺麗な海岸が見えてきました。


画像13

あとでマップを見たら「いしき浜」という海岸らしいです。


画像14

このワン子、不思議なことに私には一切じゃれることなく、少し離れたところで勝手に行動しています。


画像15

潮が引いた磯場で何か探しているようです。
魚でも取るんでしょうか?


画像16

海水が跳ねてもなんのその。
元気良く走り回ってます。


画像17

まだ、島を案内してくれているようですが、小さいワン子の足では、島の最北部まで行く時間がなくなるので、この辺で寂しいですがお別れ。

後を追って来るようでしたが、振り切って自転車を北の岬に急がせます。


画像18

島の北の岬「はびゃーん」に到着。琉球の祖神・アマミキヨが降り立った場所という、大変神聖な場所です。


画像19

来た道を振り返るとワン子が!!!
後を追って来てくれたんですね、うれしくて涙が出そうでした。


画像20

到着したとたん座り込んでしまいました。
こんな小さな身体で、恐らく3キロ以上はある道のりをがんばって走ってやってきたのです。それは疲れますね。


画像21

帰りも走らせるのは酷なので、荷物カゴに乗せて港の集落まで送ってあげあることにしました。


画像22

嫌がるどころか、名車ジャガーのエンブレムを思わせる堂々たる態度です。
この後、最初に出会った家辺りで下ろしてあげて、お別れしました〜。

案内ありがとうね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
JAS
とにかく一人旅が大好きな独身OLJ(おところんりーじゃーにー略) 飛行機や鉄道が大好きで、暇さえあればお得な運賃やツアーを探して、勝手気ままな一人旅を展開。口も悪いので、くだらない旅行雑誌を手に取った感覚でお読みいただければと。