見出し画像

イラストレーターのための著作権譲渡契約書【ひな型/商用利用可能】【メールでご質問可能】

竹永 大 / 契約書のひな型と解説

イラストレーターの皆様こんにちは。プロとしてイラストを企業などに売るときに、契約書があったら便利ではないでしょうか? 購入する側としても安心ですし、著作権の帰属についても明確になります。記事のご購入者はメールでご質問いただけます。契約実務に不慣れな場合や、ご不明点のお問い合わせにご利用ください。


著作権ごと譲渡する場合

「著作権」は、譲渡せずに相手方に「利用許諾」する方法もあります。でも、買主側に「著作権もぜんぶ譲渡してほしい」といわれるケースは、多いと思います。

購入者は、なるべく自由に使える方が都合がよいため「買い取って」しまいたいと考えるものだからです。

こうして自由気ままに使われてしまう(場合によっては不本意な利用をされる)可能性があるので、著作権を「譲渡」してしまうのはイラストレーターに「不利」だという考え方もあると思います。

ただ一方で、イラストの具体的な用途やいただける対価によっても違いますし、イラストレーターが「譲渡に納得している」ことも多いはずです。つまり、譲渡だから不利、利用許諾だから有利という単純な話ではなく、結局はお互いの合意がどちらだったかが大事なわけです。だとすると、本当に問題なのは「譲渡なのかそうでなかったのかが曖昧になる」ことです。そこを事前にはっきりさせておくためには、やはり契約書が必要です。

そこで、あなたがプロとしてイラストを販売する際、相手方から「著作権も同時に買い取らせてください」(著作権を譲渡してください)といわれたときのために、イラストレーターのための著作権譲渡契約書のひな型をつくりましたのでご活用ください。


著作権を譲渡したくない場合

今回は「譲渡」を前提に話していますが、著作権を「譲渡したくない」場合も、もちろんあると思います。その場合は「利用許諾」といって、いわゆる「ライセンス契約」のかたちにします。以下の記事を参考にしてください。


「譲渡」の場合「著作者人格権」も明確にする

注意点として、著作権の一種である「著作者人格権」と呼ばれる権利は、法律上「譲渡できない権利」とされています。そこで当事者が合意することにより「著作者人格権を行使しない」という形で、ほぼ譲渡に等しい状態にするという手法が使われます。

もちろん、人格権の譲渡はイラストレーターが対価も含めて納得していることが前提であって、理論上は、人格権を譲渡しないという契約も可能です。ただ、ビジネスの実情からいえば著作権の譲渡をする場合「著作者人格権の不行使特約」は必須です。

そこで、このひな型では、著作権を購入者に「譲渡」し、著作者人格権は「行使しない」という内容になっています。ようするに買主側からみれば「完全な買取り」ができるバージョンです。

具体的には、このひな形には以下の条項が含まれています。

このひな形に含まれる条項
第1条(目的)
第2条(譲渡日等)
第3条(検品)
第4条(通知)
第5条(著作権の譲渡と著作者人格権の不行使)
第6条(譲渡対価)
第7条(紛争解決)
第8条(協議)

+Wordファイルでダウンロードできます。

さらに補足解説として以下を説明しています

・収入印紙を貼るかどうかについて
・電子契約で契約する場合の修正方法
・ポートフォリオ(実績)として作品を表示する際の追加条文例
その他、ご不明点は専用のフォームからメールでご質問いただけます。

著作権譲渡契約書のひな型

イラストレーターのための著作権譲渡書のひな型です。すぐに編集に取り掛かれるように、末尾でWordファイルもダウンロードできます。

 
         イラスト等著作権譲渡契約書

株式会社〇〇〇〇(以下、「甲」といいます。)と、〇〇〇〇(屋号・フリーランス名・法人名等)(以下、「乙」といいます。)とは、乙の保有する作品の譲渡に関し、本日以下のとおり契約を締結します。

第1条 (目的)
 乙は、甲に対し、乙の保有する以下のイラスト作品/デザイン等(以下「本件著作物」といいます。)を譲渡するものとし、甲はこれを譲受します。

                 記
(1)作品名:(タイトル、〇〇のイメージ、○○のテーマ、簡単な作品の特徴等)
(2)サイズや形態等の仕様:(データ形式、ファイル名、画像の枚数、画像のサイズ等)
(3)その他:(参考資料、指示書、仕様書、その他の定義がもしあれば)

第2条 (譲渡日等)
 乙は甲に対し、本件著作物を、以下の形式によって、令和〇年〇月〇日までに、甲に対して譲渡するものとします。
                  記
(ai、ait、PDF、jpg、psdデータ等)にて、甲が指定するオンラインストレージ上にアップロードする(甲が指定するメールアドレス宛に本件著作物のファイルを添付してメール送信する/本件著作物のファイルを記憶媒体に保存して持参し受け渡す、等)方法

第3条(検品)
甲は、前項の譲渡を受けた後、直ちに本件著作物を検査して、譲渡された本件著作物に間違い、数量過不足、あらかじめ合意した仕様に合致しない等の齟齬がある場合には、その旨直ちに乙に対して通知するものとします。


この続きをみるには

この続き: 2,193文字 / ファイル1個

イラストレーターのための著作権譲渡契約書【ひな型/商用利用可能】【メールでご質問可能】

竹永 大 / 契約書のひな型と解説

5,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
竹永 大 / 契約書のひな型と解説

もしこの記事が少しでも「役に立ったな」「有益だな」と思っていただけましたら、サポートをご検討いただけますと大変嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

竹永 大 / 契約書のひな型と解説
1973年東京生まれ。平成15年から契約書専門の行政書士。著書2冊「わかる!使える!契約書の基本」(PHPビジネス新書)「契約書の読み方・作り方」(日本能率協会マネジメントセンター)。ホームページ https://www.thebestagreement.com/