フォロワーを増やしたいならプロフィールに「この3つ」を入れてみよう
見出し画像

フォロワーを増やしたいならプロフィールに「この3つ」を入れてみよう

竹村俊助/編集者

Twitterで「プロフィールのコンサルやります!」って言ったら予想以上に反響があって、みんなプロフィールに困ってるんだなあと思いました。自分のことって自分ではわかんないもんですよね。ぼくもそうです。

別にぼくのノウハウが正解ではないと思いますが、いちおう10年くらい編集者やってきて「こういうふうにするとフォローされるプロフィールになるよ」ってのが見えてきたので、今日はそれを書きます。

結論から言えば、SNSのプロフィールでは

①信頼性 ②コンテンツ ③愛嬌

を伝えることが大切、というのが持論です。

なぜこの3つなのか?

リアルではじめての人に会う場面を思い浮かべてください。

まず最初に「この人は悪い人じゃなさそうか」を見るはずです。服装とか髪型などの外見を見て、何をしている人なのかを聞くでしょう。そこで怪しくなければ「信頼性」の第一関門突破です。

そこからさらに付き合うかどうかは「この人は自分に利益をもたらしてくれる人どうか」によります。自分の知りたいことを知っているとか、自分がほしいものを持っているとか。一緒にいて安心するとか、話を聴いてくれる、というのも利益でしょう。大きく「コンテンツ」としましょう。

最後に「愛嬌」です。信頼できて、利益をもたらす人で、さらに「こんなにオチャメなところあるんだ」と思わされると、さらに距離は近づいていきます。このころには「フォロワー」というより「ファン」に近づいているかもしれません。

リアルであっても「信頼性・コンテンツ・愛嬌」の3つで距離を縮められる。よって、それをSNS上でも感じさせてあげようというのがぼくの考えです。

ぼくの場合だとこんな感じです。

①信頼性

「実名」かつ「会社名」を出すことで信頼性を担保しています。怪しい人ではないんだよということをここで示します。

②コンテンツ(専門性)

編集者なので、編集やライティングに関するコンテンツが得られるんだろうなということを示します。

③愛嬌

あざといですが、愛嬌を入れます。ぼくの場合は「ポテトサラダが好き」と入れました。ここはなるべく具体的なほうがいいです。「スナック菓子」と書くよりも「じゃがりこ」のほうが「かわいい」です。

プロフィールはSNSにおける「初対面」であり、フォローしてもらえるかどうかの「試金石」です。ぜひ試行錯誤しながら磨いてみてください!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!
竹村俊助/編集者
株式会社WORDS代表取締役。経営者の言語化・コンテンツ化をサポートする顧問編集者。『メモの魔力』(前田裕二)、『佐藤可士和の打ち合わせ』(佐藤可士和)、『福岡市を経営する』(高島宗一郎)など書籍の編集・執筆も。SNS時代の「伝わる文章」の探求をしています。ポテトサラダが好き。