Living Scape Takayama 群馬県高山村*移住と暮らし

群馬県高山村の暮らしまつわるお話し。 村民ライターか綴る、食・農・DIY・移住 htt…

Living Scape Takayama 群馬県高山村*移住と暮らし

群馬県高山村の暮らしまつわるお話し。 村民ライターか綴る、食・農・DIY・移住 https://takayamalivingscap.wixsite.com/site

マガジン

最近の記事

掘り出し物たくさん! 高山村のマルシェ「ちょっ蔵市」を堪能してきました【移住と暮らしReport#1】

村内&村外から多種多様な出店者さん35組が集結 実行委員会によると、今回の出店者さんの内訳は村内から半分、村外から半分だったそう。キッチンカーや衣類やアクセサリー販売などフリーマーケットには定番のお店はもちろん、お面の絵付けやダーニング体験など珍しいワークショップも開催されます。 開催時間の10時半になるとさっそくお客さんで賑わいはじめました。 出店者として生地を販売してみた 5月のお出かけ日和ということで、人口約3,000人の小さな高山村にたくさんの人が遊びに来てくれま

    • イギリスから一家で移住。高山村だからこそ乗り越えられる言葉・学校・仕事の壁|先輩移住者file.12

      先輩移住者ドキュメントfile.12 クラウチ家(ジョシュさん、美好さん、イサムくん) 生まれ:夫のジョシュさん、息子のイサムくんはイギリス出身。妻の美好さんは東京都出身 移住タイプ:Iターン 以前の住まい:イギリス・シュロップシャー 移住時期:2022年12月(現在2年目) 家族構成:3人(夫、妻、息子)プラス、愛犬1匹 仕事:ジョシュさんはイギリスのレストラン経営をリモートでサポートしつつ、村内の有機農家でも勤務。美好さんは村内の給食センター勤務 イギリスの

      • オーストラリアから移住。高山村の「幸せな食環境」を味わい自然とつながるカフェを準備中|先輩移住者file.11

        先輩移住者ドキュメントfile.11 太田めぐみさん 生まれ:群馬県沼田市 移住タイプ:Jターン 以前の住まい:オーストラリア 移住時期:2021年5月(現在3年目) 家族構成:2人(夫と二人暮らし)。 仕事:珈琲店にてケーキの製造に従事 世界中をバックパッカー旅行し、コロナを機に帰国 高校の時にアメリカへ留学して、現地の学校を卒業しました。帰国してからもっと英語を磨きたいと思って、地元で働いてお金を貯め始めました。結局、ホテルマネジメントを学べるオーストラリア

        • カフェの立ち上げを経てキッチンカー起業。高山村の野菜で、のけぞるくらい美味しい料理を届けたい|先輩移住者file.10

          先輩移住者ドキュメントfile.10 城智子さん 生まれ:千葉県千葉市 移住タイプ:Iターン 以前の住まい:千葉県千葉市 移住時期:2021年10月(現在3年目) 家族構成:2人(夫と二人暮らし)。 仕事:キッチンカー「3kakufoodstand(サンカクフードスタンド)」運営 「移住するなら絶対長野」と決めていたはずが、通りすがりに立ち寄った高山村に移住  山が好きな夫と自然豊かなところに移住しようと決めてから、場所を探し始めました。夫は「移住するなら絶対長

        掘り出し物たくさん! 高山村のマルシェ「ちょっ蔵市」を堪能してきました【移住と暮らしReport#1】

        マガジン

        • 先輩移住者ドキュメント
          12本
        • 移住STORY
          15本
        • 新規就農インタビュー
          5本

        記事

          主婦からセルフリノベのshop&ギャラリー「カエルトープ」のオーナーへ。これまでの十年とこれから|先輩移住者file.9

          先輩移住者ドキュメントfile.9 飯塚和子さん 生まれ:群馬県前橋市 移住タイプ:Iターン(夫のUターンがきっかけ) 以前の住まい:群馬県前橋市 移住時期:2015年4月(現在8年目) 家族構成:4人(夫、子供2人)。子供は2人とも独立。 仕事:shop&ギャラリー「カエルトープ」オーナー 主婦からハンドメイド作家へ 高山村に移住する前は前橋市の団地に住む普通の主婦でした。子供二人を育てながらパート勤めをして、手が空いた時にちょこちょこと自分の小物や子供用のバ

          主婦からセルフリノベのshop&ギャラリー「カエルトープ」のオーナーへ。これまでの十年とこれから|先輩移住者file.9

          ワインとは無縁の高山村に移住。ブドウの栽培から醸造までを行うワイナリーオープンの夢を追う|先輩移住者file.8

          先輩移住者ドキュメントfile.8 西角麻美子さん 生まれ:東京都立川市 移住タイプ:Iターン 以前の住まい:埼玉県さいたま市 移住時期:2021年12月(現在3年目) 家族構成:4人(夫、子供2人)。子供は2人とも独立。 仕事:地域おこし協力隊制度を利用し、群馬県高山村でワイナリーオープンに向け準備中。 子育てが終わり、ワイナリーオープンの夢を抱く 都会に住み結婚し、子供二人が生まれてから、毎日忙しく過ごしていました。夫は会社員、私は看護師として働いており、仕

          ワインとは無縁の高山村に移住。ブドウの栽培から醸造までを行うワイナリーオープンの夢を追う|先輩移住者file.8

          移住からのカフェ起業。失敗と葛藤の連続も、「人々の五感回復」のため歩み続ける|先輩移住者file.7

          先輩移住者ドキュメントfile.7 渡辺志保さん 生まれ:1986年群馬県藤岡市 移住タイプ:Iターン 以前の住まい:群馬県高崎市 移住時期:2019年6月(現在4年目) 家族構成:3人(夫、2歳の長男) 仕事:カフェ「キッチンファーマシィ(Kitchen pharmacy†゜)」運営 女3人のシェアハウスで、高山村暮らしがスタート 30歳前後にある大きな出来事があって、自分の存在意義を見失いかけてしまいました。高崎の企業で働きながら、九州や沖縄を旅したり、色ん

          移住からのカフェ起業。失敗と葛藤の連続も、「人々の五感回復」のため歩み続ける|先輩移住者file.7

          マイホームの夢実現のため夫の田舎へ移住。手放したキャリアが意外な方向に発展中|先輩移住者file.6

          先輩移住者ドキュメントfile.6 都筑さん 生まれ:1986年新潟県魚沼市 移住タイプ:夫のUターンに相乗り 以前の住まい:神奈川県藤沢市 移住時期:2019年春(現在4年目) 家族構成:4人(夫、7歳の長女、2歳の次女) 仕事:道の駅のカフェでアルバイト、リモートワークで販促物の制作・デザインなども請け負う 「いやです。」と断り続けていた夫の田舎への移住 神奈川県に住んで、東京の人材系スタートアップ企業でずーっと働いていました。2013年に結婚した夫は群馬県

          マイホームの夢実現のため夫の田舎へ移住。手放したキャリアが意外な方向に発展中|先輩移住者file.6

          60代でまさかの移住。リノベーションした古民家で心の診療所を開業|先輩移住者file.5

          先輩移住者ドキュメントfile.5 田村毅 生まれ:1957年東京大田区 移住タイプ:Iターン(※父親の実家がお隣の四万温泉のため、二世代で繋げると北群馬へのUターンとなる。) 以前の住まい:東京都大田区 移住時期:2019年(現在4年目) 家族構成:妻と子ども3人。子ども3人は既に自立し、それぞれ九州、東京に暮らしている。 仕事:精神科医。高山村の「田村毅こころの診療所」を拠点とし、実家の大田区大森にも「田村毅こころの相談室」を設置。週3日、渋川市の病院にも勤務

          60代でまさかの移住。リノベーションした古民家で心の診療所を開業|先輩移住者file.5

          有機農家11年目。まったく売れなかったビーツのヒットでブランド確立。大病を経て、これから進む道は?|先輩移住者file.4

          先輩移住者ドキュメントfile.3 平形清人 生まれ:1981年群馬県高山村 移住タイプ:Uターン 以前の住まい:カナダ・サスカチュワン州 移住時期:2009年(現在14年目) 家族構成:5人(妻、息子9歳、8歳、娘4歳) 仕事:有機農園「Kimidori farm&kitchen」運営 カナダ留学。家族経営の有機農家で働きながら、地域づくりのボランティアを楽しむ 25歳の時、ワーキングホリデーの制度を利用してカナダで働き始めました。もともと大学は国際学部で、環

          有機農家11年目。まったく売れなかったビーツのヒットでブランド確立。大病を経て、これから進む道は?|先輩移住者file.4

          地域おこし協力隊として活動しながら5つの事業を起業。任期後に定住できた理由|先輩移住者file.3

          先輩移住者ドキュメントfile.3 野口賢人 生まれ:1994年群馬県渋川市 移住タイプ:Jターン 以前の住まい:東京都北区 移住時期:2018年(現在6年目) 家族構成:独身 仕事:自営業(民泊運営、ICT教育補助、食品の製造・販売…etc) システムエンジニアから地域おこし協力隊に転身 大学卒業後に東京のIT企業に就職し、数年間システムエンジニアの仕事をしていました。いずれは群馬に戻って起業するという希望があり、実現方法を模索している時に、群馬県の地域おこし

          地域おこし協力隊として活動しながら5つの事業を起業。任期後に定住できた理由|先輩移住者file.3

          移住者(地域の部外者)だった僕が獅子舞を踊ってから、人々の見る目が変わり始めた|先輩移住者file.2

          先輩移住者ドキュメントfile.2 中山工房 生まれ:1972年群馬県高崎市 移住タイプ:Iターン 以前の住まい:群馬県中之条町 移住時期:2011年(現在12年目) 家族構成:5人(11歳14歳16歳の子ども、妻) 仕事:自営業(レザークラフト工房を営む傍ら、単発で林業の仕事も請け負っている) 北に谷川、東に上州武尊や尾瀬、西に草津。森で遊ぶには最高の立地。 以前の職場は森林組合で森林整備に携わっていました。職場への通勤の関係で中之条町に住んでいた時に、マイホ

          移住者(地域の部外者)だった僕が獅子舞を踊ってから、人々の見る目が変わり始めた|先輩移住者file.2

          隣保班、文化部、若妻会……昔ながらの地域の中で人間関係を自分で作る|先輩移住者file.1

          先輩移住者ドキュメントfile.1 石坂元美 生まれ:1980年栃木県 移住タイプ:Iターン(夫の実家に嫁入り) 以前の住まい:栃木佐野市 移住時期:2009年(現在14年目) 家族構成:11人(子ども6人、夫、義理の父・母・祖父) 仕事:看護師&高山村地域コーディネーター 夫の田舎に嫁入り 結婚前にはじめて高山村に訪れた時は、峠を車で登りながらドキドキしました。「おおお、一体どこまで登るんだ……」って。そのうち雪も出てきて驚きました。移住前に何度も夫の実家に滞

          隣保班、文化部、若妻会……昔ながらの地域の中で人間関係を自分で作る|先輩移住者file.1

          移住したい人みんなに伝えたい、”住める” 空き家がない問題// 移住STORY15【最終回】

          日本中にどんどん増えている「空き家」。特に、田舎は少子高齢化のスピードが早く、わんさか空き家があるーー。そんな社会問題を耳にしていたので、私は移住前にこう軽く考えていました。 「数百万くらいの空き家を買って、ちゃちゃっと自分で修繕して住もう」なんて。しかし、現実にはそんなこと無理無理無理。 移住にあたって色々な物件を内覧したのですが、空き家の現実は甘くなかったです。 数百万で売りに出ている空き家は確かにあったのですが、そのほとんどは、以下のような課題がありました。 ・サイズ

          移住したい人みんなに伝えたい、”住める” 空き家がない問題// 移住STORY15【最終回】

          【移住と起業】里山の"利点"を活かしてビジネスをする。// 移住STORY14

          田舎で起業はいかが?最近の移住のトレンドは「転職なき移住」とのこと。都会に住んでいる人が、仕事を辞めずに移住を実現するーー。移住先としては、都会から比較的近い田舎。つまり、静岡県や千葉、それと、我が群馬県の高崎や吉岡町なども人気だそう。私が移住の際に情報収集でお世話になった「ふるさと回帰支援センター」のスタッフさんによると、仕事や暮らしぶりを変えないで移住したいと相談する人が多い、と。 でも、私個人としては、せっかく移住するなら、今までのライフスタイルを変えて、地方暮らしを楽

          【移住と起業】里山の"利点"を活かしてビジネスをする。// 移住STORY14

          【里山移住の真実:極寒の冬】辛いこと・楽しいこと・必要なこと全部// 移住STORY13

          東京から移住する時に一番心配だったこと。それは、冬の寒さ。ここ群馬県高山村は、気候的には「寒冷地」に属するため、冬は厳しい寒さに包まれます。どれだけ寒いのかと恐れおののきながらの移住となりましたが、ひと冬をなんとか越して、今年は2回目の冬。今日は、冬の寒さにまつわる里山移住の真実を語ろうと思います。 寒いけど、寒くない。その理由は……1月現在の高山村。今日も日中の最高気温は1度でした。冬の寒さは厳しく、日中0度に届かない日もあるというありさまです。朝晩はもちろん、マイナスに

          【里山移住の真実:極寒の冬】辛いこと・楽しいこと・必要なこと全部// 移住STORY13